Checking teeth of Maltese dog in vet clinic

動物病院の薬剤師求人は激レア!募集の見つけ方と採用される方法

動物病院でも薬剤師を置くところが少しずつ増えています。動物好きな方は、非常にやりがいを持って働くことが可能でしょう。

この記事に書かれている事まとめ
  • 個人経営など小規模な動物病院では、薬の処方を専門に行うスタッフとして薬剤師が常駐している。
  • 獣医師資格保有者に求められるような知識もある程度は必要になるが、特別な資格はいらない
  • 求人の絶対数が少ないため、転職支援サービス求人の中から非公開求人を提供してもらう必要がある。

薬剤師も動物病院で働ける!

個人経営など小規模な動物病院では、獣医自らが薬剤の処方を行っていますが、獣医を育成する獣医師科のある大学には附属の動物病院があり、そのようなところでは、薬の処方を専門に行うスタッフとして薬剤師が常駐しています。
また、複数の医師がいるような大規模な動物病院では、獣医師は治療に専念し、薬の処方は薬剤師に任せて仕事の効率化を図るケースも見られるようになりました。

動物相手の調剤は専門性が必要

患者が人間ではなく動物ということで、薬の種類や量が異なります。そのため、動物がかかる病気やその治療に使用される動物用医薬品の種類と量、そしてその副作用など、獣医師資格保有者に求められるような知識もある程度は必要になります。
患者のペットも飼い主にとっては家族の一員ですから、獣医の先生に聞けなかったことは、調剤の専門家である薬剤師に質問することが予想されます。薬の効果や使用する期間、および休薬期間についてはもちろん、治療に関係するペットフードや動物用の食品に関しても勉強しておくと役に立ちます

動物病院の薬剤師求人は希少

動物病院で薬剤師を募集しているところはまだ少なく、求人の絶対数が少ないのが現状です。ですから、求人が見つかったとしても、薬剤師免許を持っているというだけではなかなか採用されないと思った方がよいでしょう。
例えば、動物病院と言ってもペットを相手とするとは限らず、家畜を主に治療する病院もあります。その場合、抗生物質や、農薬、資料添加物などについての知識も必要になるかもしれません。また、外国人の多い地域であれば、英語スキルが採用の決め手となる可能性もあります。数少ない求人を採用につなげるためには、薬剤師の資格以外にアピールできる+αが必要になるのです。

動物病院に薬剤師が転職するために

求人の絶対数が少ないと言っても、動物病院で薬剤師を置こうという動きが見られるのは事実です。そこで、この希少な求人情報を見落とすことなくキャッチするためには、転職支援サービス求人の中から非公開求人を提供してもらうのがおすすめです。限られた技能を持った人に対する求人は一般の求人サイトに掲載されないことが多いので、薬剤師に特化した求人サイトに登録して、希望条件をあらかじめ伝えておくのが大事です。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら