ママ薬剤師

保健所薬剤師の仕事内容 保健所で働くメリット、やりがいとは?

保健所で働く薬剤師がいるということをご存知でしょうか? 薬剤師といえども安定が約束されない今、将来に不安を感じている方も多いはず。

ここでは、保健所薬剤師として働くことのメリット、仕事内容、気になる年収のことなどについて詳しく説明します。 公務員として働くことに関心のある薬剤師の方は、ぜひ参考にしてください。

1.保健所薬剤師のなぜ安定?

薬剤師と言えば、薬局や病院、製薬会社で働く姿をイメージするでしょう。
保健所薬剤師は、市町村の保健所で勤務する、薬剤師資格を持った公務員のことを指します。では、あえて民間企業ではなく公共施設で働くメリットはどこにあるのでしょうか。

生涯安定と充実の福利厚生

保健所薬剤師として働くことのメリットと言えば、やはり地方公務員という立場で働けることが一番でしょう。保健所勤務のためには地方公務員試験を受け、合格しなければなりませんが、その分将来的に安定した職場環境を手に入れることができます
保健所勤務は、週休二日制であることが多く、衛生管理を中心とした仕事のため、体力的な負担は少なく残業も少なめです。地方公務員であるため、社会保険や退職金は完備されていますし、転勤は定期的にあるものの、自治体の規模が小さければ大きな異動になる心配はありません。保険所薬剤師は地方公務員ですので、給料もまた地方公務員に準じています。
家庭との両立のしやすさも踏まえて、保険所での仕事を希望する女性薬剤師は多いと言えます。

2.給料は低い?保健所薬剤師の年収事情

保健所薬剤師の初任給は、民間の病院と比べ低いというのが実情です。保健所薬剤師の給与は国の人事院によって決定され、人事院勧告を参照すると、6年制課程を卒業した薬剤師の初任給は約200,800円となっています。一方、民間勤務の薬剤師の初任給の平均は約264,000円となっており、初任給に限ってみればかなりの差があると言えるでしょう。しかし、公務員の月給は勤務年数を重ねることで確実に伸びていきます。一般的に30代までには民間企業より低いものの、40代以降に徐々に民間企業の平均月収を上回るとされています。定年まで勤めれば、民間企業との生涯年収の差は300万円以上になることも。

3.保健所で働く薬剤師の仕事内容、専門知識について

では具体的に、保健所薬剤師になるため必要なこと、その仕事内容を紹介します。

保健所薬剤師になる方法

保健所で薬剤師が働くためには、まず必要なのが公務員試験に合格することなのですが、この試験は受験をするには年齢制限があります。公務員試験は28歳までしか受けられないのです。6年制の薬学部を卒業すると、ストレートで卒業できても24歳からですから、迷っていてチャンスを逃すよりは、地方公務員になっておいた方がよいかもしれません。

保健所薬剤師の仕事とは?

保健所で働く薬剤師の仕事内容は、配属先によって異なり、保健所が管轄する地域の薬事衛生を初め、公衆浴場、クリーニング店、理髪店などの業務に関わる管理指導や開設許可、監視指導も担当します。また、飲食店や食品メーカーの食品衛生にかかわる指導や、試験検査、水道の衛生検査など、調査や検査、指導を中心に幅広い分野に渡ります

4.年齢制限有?保健所薬剤師になる方法と仕事内容について

保健所で働く場合、調剤薬局や病院での業務とは仕事内容が全く異なるため、調剤業務の経験はほぼ役に立たず、一から覚えなければならない仕事が多いと言えます。また、転勤で麻薬取締官としての任務に就くようなケースもあり、別の職場に移った場合には、初心者扱いされることも少なくありません。そのため、これまでの経験があまり強みにならない点で苦労するかもしれません。
しかし、地域の衛生管理を担っているという誇りを持てればやりがいのある仕事です。新しいことを吸収しようと努力し、我慢強く対応できる人には向いている仕事と言えるでしょう。

保健所薬剤師のような、公務員薬剤師として働くことを検討する前に。。

公務員薬剤師として働くのは、以下のようなメリットがあります。

  • 比較的安定な薬剤師の職場の中でも、特に安定性が高い。
  • 生涯年収が高い&年金、退職金もばっちり出る。

ただ、一方でデメリットもあります。

  • 国家Ⅰ種(国Ⅰ)・国家Ⅱ種(国Ⅱ)の国家試験に合格する必要がある。
  • 3年周期で異動を課せられてしまうパターンが多い。
  • 病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師と比べて、医療現場での経験が積みにくい。

公務員薬剤師として働きたいという方は、上記の点をしっかり考慮したうえで検討することをおすすめします。

5.薬剤師が保健所で働くとしたら何が必要?

保健所薬剤師として働くためのもっとも確実な方法とは、ずばり薬剤師専門の転職サイトに登録することです。なぜなら保健所薬剤師の求人は非常にレアなため、自力で探すことが困難だからです。HOPでは特に、薬ナビをおススメしています。薬ナビの他にも大手の転職サイトはありますが、特に薬ナビは保健所薬剤師などのレア求人を数多く取り扱っています。「安定して高収入を得たいけど、異動はしたくない!」というワガママな条件の求人でさえ、薬ナビのコンサルタントに相談すれば紹介してくれる可能性があります。