Dollarphotoclub_50877078 (1)

薬剤師のチーム医療 糖尿病治療に欠かせない薬剤師

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

なぜ糖尿病治療にはチーム医療が必須?

チーム医療とは、医師や看護師だけでなく、薬剤師、管理栄養士、理学療法士など、それぞれ専門知識を持つプロの医療スタッフが、それぞれの専門性を活かし、一体となって治療に当たるものです。ですから、様々な方面からのアプローチが必要な病気の治療には、このチーム医療が有効と考えられるのです。
糖尿病もチーム医療での治療が有効とされる病気なのですが、その理由は糖尿病患者の約9割が生活習慣を原因とする2型の糖尿病であることに関係しています。2型の糖尿病は、インスリンを自分で分泌できるにも関わらず、その量が足りなかったり、分泌のタイミングが合わなかったり、働きが鈍ったりしているために血糖地をうまくコントロールできない状態です。そのため、薬剤療法、食事療法、運動療法をバランスよく行う必要があるのです。

薬剤師として地域医療連携の中で働くミッションとは

糖尿病は、外来で診察を受け、自己注射でインスリンを投与し、血糖値をコントロールしている、在宅療養患者の多い病気です。そのため、糖尿病に詳しい薬剤師が病棟に在籍しているだけでは足りないのです。予備軍や軽度のうちに糖尿病を治療するためには、薬剤師が地域医療の中で医師や看護師、栄養士など、他の医療従事者と連携を図って治療に参加していく必要があります。
地域医療の中でその役割を果たせるのが調剤薬局に勤める薬剤師です。現在は、ほとんど入院すること無くいきなり自宅療養となるケースも増え、GLP-1受容体作動薬が登場したことにより、それまで注射剤を使ったことの無い患者が調剤の場で注射手技の説明を受けることも少なくありません。また、新しい治療薬であるインクレチン製剤をSU剤と併用することにより低血糖を起こす事例も頻発しているため、薬剤師の糖尿病に対する知識も重視される時代になっています。

薬剤師で糖尿病の専門家になる方法

10年ほど前までは、糖尿病薬と言えば飲み薬と注射薬それぞれ1~2種類ほどしかありませんでした。しかし、現在はその種類も増え、使用方法がそれぞれ異なる上、飲み合わせや副作用など、細かい情報が必要になってきています。ですから、糖尿病の専門家として薬剤師が働く方法としては、病棟勤務だけでなく調剤薬局に勤めるという選択も可能です。
ただし、糖尿病の専門家と言うためには、日本糖尿病療養指導士の認定を受けたり、専門薬剤師、認定薬剤師の資格を取ったりして、糖尿病の専門家であることを周囲にアピールできるポイントを増やす必要はあるでしょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら