薬事業務担当の薬剤師

薬事業務への転職はできる?薬事業務の幅広い求人情報を探す方法

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師として働くキャリアの1つに「薬事業務」という仕事があります。

調剤薬局、病院、ドラッグストアなど一般的な薬剤師の職種とは一線を画した働き先ですが、医薬品を扱う企業以外にもその業務内容上、幅広い求人情報が存在するのをご存知でしょうか。

キャリアアップを目指した薬事への転職は厳しい?

薬事業務は一般的に、製薬会社における職業の1つで、主な仕事内容は製薬会社が開発した新薬を承認する際に必要な申請書を作成する仕事になります。

薬事業務は基本的に企業が行うため、年収や待遇が病院や調剤薬局と比べて高いのはもちろん、希少な技術を取得できるため確かなスキルを身に着けたい方にはおすすめの転職先になります。

製薬会社への転職が厳しいとお考えの方でも、実は薬事としてなら製薬会社以外の転職先として数々の企業があるのをご存知でしょうか。
薬事として働きたい!そんなあなたにオススメの求人はこちら

医療機器メーカー、化粧品メーカーやヘルスケアなど幅広い求人情報

転職求人を多く取り扱うエージェントサービスで「薬事」と検索をかけると、50件ほどの求人情報がヒットします。

細かく求人情報を見てみると、開発関係のマネージャーや大手外資系製薬会社があるのは当然として、中には東京や大阪の医療機器メーカーなど製薬会社とは異なる医療系の求人も多数存在します。

また、化粧品やヘルスケアなどの美容、健康関連のメーカーも少数ではありますが存在し、年収800万円や実労働時間8時間、土日休み、勤務地も首都圏が多いなど待遇面でも優れています。

薬事業務は基本的に経験や学歴が求められるため、調剤薬局や病院からの転職先としてのはごくごく限られたものしかありませんが、これらの求人情報は大抵募集人数が非常に限られているため、ほとんどは一般には非公開のものになっています。

医療業界に精通したエージェントサービス経由でないと薬事業務の求人にエントリーすらできませんので、まずは登録して相談してみる必要があるでしょう。

大手のエージェントサービスは企業とのコネクションも強く、転職時の条件交渉も行ってくれるので、薬事業務への転身を全力でサポートしてくれるでしょう。

薬事に強い「薬キャリ」の求人情報を見てみる

薬事業務の具体的な業務内容

薬事業務の職務内容は主に、医療用医薬品やその他医療部外製品の品質管理や品質向上を目的とした安全管理、また厚生労働省への申請資料作成などがあります。

また、申請メインの業務先に配属されると海外との共通フォーマットを利用した治験薬概要書などを英語で作成する必要があるので、英語力も一定以上求められたり、薬事法管理者資格があるなどやはり一定以上の専門性は必要になるでしょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら