薬剤師

薬剤師の時給相場っていくら?職場別、勤務形態別に徹底調査

薬剤師は正社員(職員)、パート、派遣など様々な雇用形態で働くことができます。 家庭の状況や自分の希望でそれを選び、無理のない働き方がしやすい職種といえるでしょう。

しかし、一方で気になるのが「収入面」です。 子育て中のママにとってはパート・派遣で働くとどれくらいの収入が得られるのかは知っておきたいですよね。

たとえばパートという働き方は、どれくらいの時給で、どれくらいの収入を得ることができるのでしょうか?
このページでは、パート薬剤師の時給をはじめ、リアルな収入額について紹介していきます。

パート求人サイト
時給
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.薬剤師の時給相場しってますか?薬剤師が高時給な4つの理由

結局、パート薬剤師の時給は一体どれくらいなのでしょうか?地域や職種での違いを含めても2,300円ほどと考えておけばよいでしょう。

それを踏まえ、パート薬剤師は月に一体どれくらいの収入を得られるのかをシミュレーションしてみましょう。あるパート薬剤師が時短勤務で9時~13時、週4日勤務(月16日)で働いていたとしましょう。

    時給2,300円×1日4時間×16日間(週4日勤務)=147,200円/月

いかがでしょうか。1日4時間、週4日勤務という余裕のある働き方で、月に15万円弱の収入を得ることが可能なのです。一般的なパートの収入の倍以上の収入です。

さらに、年収で考えれば147,200円×12ヶ月=1,766,400円。
家庭との両立も十分可能ですし、パートでこれだけの収入を得られるのはまさに薬剤師の特権といえるでしょう。


時給3,000円超えも?高時給求人が豊富なお仕事紹介サイトを見てみる

薬剤師の時給が高い4つの理由

薬剤師が高時給な理由としては、以下の4つです。

  • 国家資格が必要
  • 薬学教育が6年制に変更されたタイミングで供給がなくなった
  • 調剤薬局の数が急増している
  • (派遣の場合)正社員よりも安く雇用でき、派遣切りが可能で使いやすい

時給が高いとなると、「なにか裏があるのでは?」と疑ってしまいますが、薬剤師の求人に関しては単純な人手不足が理由です。

高時給な薬剤師求人には特徴がある

高時給な求人はやはり「人手不足」の可能性が高くあります。

薬剤師不足な職場は、主に以下の2つです。

  • 24時間営業の薬局
  • 地方・僻地の職場

夜勤があったり、残業が多くなる職場は時給が高くなるようです。

最近では24時間営業の薬局も増えてきましたが、そういった職場では夜勤や残業が多いという理由で時給があがります。

またエリアでも時給は大きく変わります。

薬剤師が足りている都市部でも時給1,700円~2,000円の求人は多いですが、薬剤師が不足している地方では時給3,800円~4,000円の求人が見つけやすくなっています

例えばこちら。
img20170419_tihou
img20170419_hakodate
車の支給や家具付き住居など、至れり尽くせりな求人案件となっています。
薬剤師不足の深刻さが垣間見えるようですね…。

高時給薬剤師の業務内容は?

時給が高くとも特別業務内容が変わるということは多くはありません。

ただ、人手不足の職場で働くということは、場合によっては薬剤師以外も足りていないこともあるため、事務的な業務や接客業務なども行う必要が出てきます。

基本的には特別な業務内容があるというよりも、業務量が多くなります。

2.都内より地方が狙い目!全都道府県別・薬剤師平均時給

ご存知の通り、薬剤師は国家資格です。
大学で6年間学び、難関といわれる薬剤師国家試験をパスしてようやくつかみ取れる資格ですから、一般のパートよりも時給が高いのは当然といえるでしょう。

その一方で、同じパート薬剤師でも時給に大きな差があるのも事実です。

なぜ同じ薬剤師なのに時給に差が生まれるのでしょうか?

まず挙げられるのが「地域」による要因です。
具体的に言いますと、薬剤師の数が多くて飽和状態の東京・神奈川・埼玉・千葉や名古屋・大阪・福岡などの大都市圏では2,000円ほど。

逆に薬剤師が不足している北海道や中国、四国地方では3000円を超えることもあるのです。
地方の薬局では、薬剤師はのどから手が出るほどほしい存在なのです。
そんな現状を考えると、この時給もうなずけますね。

【都道府県別 薬剤師平均時給TOP3】

  • 1位 福岡県……時給3,206円
  • 2位 秋田県……時給2,900円
  • 3位 群馬県……時給2,587円

上記は正社員などの雇用形態も含めた平均時給ですが、やはり地方にいくと時給は高くなります。

【都道府県別 薬剤師平均時給一覧】
順位 都道府県名 平均時給
45 北海道 2038円
12 青森 2506円
26 岩手 2331円
6 宮城 2500円
2 秋田 2900円
32 山形 2238円
21 福島 2344円
20 茨城 2381円
9 栃木 2581円
3 群馬 2588円
16 埼玉 2488円
14 千葉 2425円
25 東京 2250円
17 神奈川 2319円
37 新潟 2100円
7 富山 2194円
46 石川 1956円
24 福井 2263円
10 山梨 2500円
18 長野 2269円
30 岐阜 2275円
22 静岡 2338円
40 愛知 2044円
23 三重 2306円
42 滋賀 2025円
41 京都 2144円
34 大阪 2206円
38 兵庫 2119円
36 奈良 2213円
44 和歌山 2031円
5 鳥取 2425円
4 島根 2675円
28 岡山 2050円
29 広島 2181円
33 山口 2138円
39 徳島 2069円
15 香川 2575円
27 愛媛 2319円
8 高知 2569円
1 福岡 3206円
43 佐賀 2169円
31 長崎 2338円
11 熊本 2500円
13 大分 2500円
47 宮崎 1806円
35 鹿児島 2350円
19 沖縄 2475円

全国平均

2388円

大都市圏の薬剤師が高時給で働くには?

東京など大都市圏で働く薬剤師にも、時給をアップする方法はあります。
OTCのみを扱うようなドラッグストアでは、曜日や時間帯によっては時給が高く設定される傾向があります。

また、派遣会社に登録して派遣として働くと、3,000円を超える高収入の求人は当たり前になってきます。
そのため、働き方によっては正社員よりも高収入になることもあるのです。

このように、薬剤師の時給は地域によって大きく変わります。

しかし、時給額を左右する要素はそれだけではありません。
薬局、ドラッグストアなどの「職場」によっても大きく変わってくるのです。
次の項目で詳しくみていきましょう。

地方薬局は高時給だけじゃない?都内じゃありえない高待遇な地方求人を見てみる

3.同じ薬剤師でも職場の時給差1200円。薬剤師の時給を決める3要素

薬剤師が働く主な職場といえばドラックストア、病院、調剤薬局などです。
これらのうち「どこで働くか」によっても薬剤師の時給は大きく変わります。

調剤薬局なら平均すると2,000円超と考えておけばいいでしょう。薬剤師が多い地域なら1,500円、少ない地域なら4,000円という例もありますが、これはレアケースと考えてください。

ドラッグストアはさらに高い傾向にあり、大都市圏でも3,000円を超える求人が多く存在します。職場別の時給を以下の表にまとめました。参考にしてください。

パート 派遣
ドラッグストア 2,500~3,000 2,500~3,000円
調剤薬局 2,000~2,200円 2,600~3,000
病院 1,800~2,200円 2,500~3,000

このように、薬剤師の時給を決める要素は「地域」と「職場」と「勤務形態」の3点です。これを踏まえて、自分がどれくらいの収入を得られるか考える必要があります。

⇒パート・派遣の高時給求人を探すならこちら

次の項目では、パート薬剤師が月にどれくらいの収入を得られるのかをシミュレーションしてみます。

4.同じ働き方でもパート薬剤師は時給1,000円以上の損?雇用別給料

同じ時給勤務でも、派遣社員、アルバイト、パートでは、時給は変わってきます。

薬剤師のなかで最も時給が高いのは、「派遣社員」です。

では、実際どのくらい給料は変わってくるのでしょうか?

【薬剤師の派遣・アルバイト・パート別給料比較表】

時給 月給

(8時間20日勤務)

年収
アルバイト 2,500円 400,000円 4,800,000円
パート 2,300円 368,000円 4,416,000円
派遣 3,500円 560,000円 6,720,000円
準社員 2,000円 320,000円 3,840,000円
正社員 460,000円 5,500,000円

派遣ではパート・アルバイトよりも1,000円以上時給が高く、年収で計算すると200万円近く差が出ます。

薬剤師なら、アルバイトやパートでも世間一般よりも多くの給料がもらえますが、派遣薬剤師だと下手な正社員を稼げてしまいます。

5.あきらめちゃダメ。未経験薬剤師でも都心で高時給が狙えるんです

実際に薬剤師専門の求人サイト、「薬キャリ」を見てみると、一般公開されている範囲でも、時給3,000円以上の求人が数多く存在します。その一例を紹介すると…

薬剤師求人の時給キャプチャ

新宿区の調剤薬局の時給3000円超え高額派遣求人。

薬剤師求人の時給キャプチャ

都内の調剤薬局パート求人。最大時給2,200円まで可能。

これ以外にも、大都市圏で2,500円程度のパート、3000円以上の派遣がたくさんあります。

また、時給5,000円を超える派遣求人もこんなにあります。

時給5,000円の薬剤師求人キャプチャ

薬剤師専門の求人サイトでは、一般公開されている求人でさえ、これだけ高時給の求人があるのです。一般には見られない非公開求人はどれだけの「お宝求人」があるのでしょうか?ぜひ、サイトに登録して、ご自身の目で確かめてみてください。

⇒自宅近くのパート・派遣求人を探すならこちら

未経験薬剤師でも高時給求人は狙える?

薬剤師の時給は経験ありと未経験でも異なってくるのでしょうか?

先ほどの時給5,000円求人を見てみると、「未経験・ブランク」のタグが付いていますね。

時給5,000円の未経験薬剤師求人キャプチャ

実際に採用されるかはわかりませんが、未経験薬剤師でも時給5,000円の求人はあります。

やはり、経験者向けの高時給薬剤師の求人は圧倒的に多いですが、未経験でも高時給薬剤師は目指せます。

【すぐには転職を考えていない薬剤師さんへ】

「今すぐ転職するわけじゃないけど、求人見てみようかな」

「夏のボーナス後に転職しようかな」

このように考えている薬剤師は多いのでは?5,6月は、大手薬局,ドラッグストアが「3月末に退職した薬剤師のポストが埋まらなかった」「新卒が定着しなかった」等の理由で、条件の良いレア求人を出しやすい時期です。今のうちに、転職サイトを見てみて自分にぴったりの職場をゆっくり吟味するのもおススメですよ。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら