imasia_12887950_M

学校薬剤師の求人はない?仕事内容、年収、転職する方法

薬剤師は学校でも働くことができるということをご存知でしたか?
学校薬剤師は子供たちの健康を守ることができるという大きなやりがいがある仕事ですが、転職サイトなどに登録しても求人を見つけることはできません。

では、どうすれば学校で薬剤師として働くことができるのでしょうか。
このページでは学校薬剤師の仕事内容や年収から、学校薬剤師になるための具体的な方法を解説しています。

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.学校薬剤師の仕事内容とは

皆さんがこれまで通われてきた学校の中にも、薬剤師の職場があるとご存知ですか?

学校保健法(学校保健安全法)に基づき、幼稚園や小学校、中学校・高等学校はもちろん、養護学校や聾学校など……大学を除く国立・公立・私立の学校すべてに委任委嘱される学校薬剤師という仕事があります。

学校薬剤師は、薬剤師資格を持つ人が務める仕事の一つです。快適な教育環境の整備や学校給食室の衛生を保全、セルフメディケーションなど、幅広い業務が求められます。学校側は、薬剤師の資格を有する者の中から任命あるいは委嘱し、学校薬剤師として主に学校保健(保険管理)の業務に当たらせます。

そしてその活動内容ですが、学校環境を清潔にし、子どもたち・生徒たちが学校生活を存分に楽しめるよう衛生環境をしっかりと整備することが求められます。

具体的には以下のような内容です。

1.飲料水、教室環境の衛生管理

子どもたちが飲めるように飲料水を美化したり、教室の二酸化炭素濃度などを確認する仕事です。

2.保健室の医薬品管理

保健室に適切な医薬品が常備されているかどうかをチェックします。

3.プールの衛生管理

夏場にプールの水質が基準を満たしているか、衛生的に問題がないかなどを測定します。

4.保健教育の推進

子どもの健康増進のために、学習指導要項を作成して、実際に授業を実施します。薬物乱用防止教育を担当することもあります。薬剤師とはいえ教育者としての仕事が要求されると考えるといいでしょう。

学校現場に携わる以上、学校職員であるとの自覚を持つことが大切なのです。

学校薬剤師の職場

2.学校薬剤師にはどうやってなるのか

基本的に、他の薬剤師の仕事と違い、転職サイトには求人は掲載されていません。

学校現場の環境衛生を整え、生徒の保険管理にも携わる仕事なのでビジネス的な求人を掲載するのは難しいのです。それに、学校から任命されてはじめて学校薬剤師は就ける仕事なので、転職サイトには掲載されないのです。

そのため、地域のドラッグストアや薬局、病院で勤務しながらの副業というかたちで兼務している薬剤師が多いです

一方で、現在、学校薬剤師は人員不足の課題を抱えている状況があります。原因は、職務内容に対する報酬が低いためです。子どもに直接くすり教育を行う学校教師が少なければ、くすりの使い方を間違ってしまった、痛ましい事件や事故を未然に防ぐことができません。学校薬剤師が増え、正しい情報が提供される範囲が広がることで、誤った使用方法をなくせます。

公立学校の学校薬剤師になるには

学校薬剤師に欠員が生じた場合、任命権者(教育委員会)が地域の薬剤師会に相談し、薬剤師会が学校薬剤師を推薦します。そのため、学校薬剤師になるためには

  1. 日本薬剤師会
  2. 都道府県薬剤師会
  3. 地区薬剤師会

と3つの薬剤師会に入会する必要があります。

これは全国変わらないことで、例えば大阪と東京で大きな違いがあるわけではありません。管理薬剤師の経験があろうと、製薬企業で勤務経験があろうとそのプロセスは変わらないので注意が必要です。

3.学校薬剤師の年収は?

学校薬剤師の年収は地域の条例によって異なりますが、基本的には年間5万円〜10万円程度です。非常勤という形態になるので、学校薬剤師のみで生計を立てることは不可能と言っていいでしょう。
しかし学校薬剤師として働くことは地域社会への貢献を実感することができます。収入が目当てではなく、あくまでボランティアのような感覚でやっている人が多いようです。

4.学校の保険教育を引き受ける覚悟を持つ

保健管理、子どもたちの健康教育・衛生管理を引き受ける覚悟をもって仕事に臨むことが必要になる学校薬剤師。

他の薬剤師の仕事と違って、年収は決して高くありません。雇用主は社長ではなく学校所有者であったり国立学校であったり、患者ではなく児童生徒が相手であったりと一般的な薬剤師の職場とは様々な要素が違う仕事、それが学校薬剤師です。

薬剤師会だけでなく教育委員会ともかかわりを持つでしょうし、実際の教室で薬物乱用防止のための保健指導をする機会もあるかもしれません。

薬品管理の業務で薬剤師の専門性が問われるのはもちろんのことながら、教育に対する情熱が求められる仕事と言えますね。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら