imasia_12829438_M

薬剤師がライターになれる!?
「メディカルライター」はこんな仕事

薬剤師の仕事は調剤だけではありません。その薬剤にかんする知識や知見、そして経験を文章にする「メディカルライター」という仕事もあるのです。薬剤師が就く仕事としてはかなり珍しい仕事なので、具体的にどのような仕事なのか、年収はどれくらいなのか、そもそもどこで働くのかさえ知らない薬剤師は多いでしょう。 そこで、このページではメディカルライターについて徹底的に紹介していきます。文章を書くのが好きな方、制作系の仕事に興味がある方にはおすすめの仕事ですよ。

この記事に書かれている事まとめ
  • 製薬企業や医療系広告代理店からのメディカルライターの需要は非常に高い
  • 経験者の先輩が指導するOJT体制があるため、未経験でも安心
  • メディカルライターなら、企業と強いパイプを持つ薬キャリマイナビ薬剤師ファルマスタッフがおすすめ
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.メディカルライターってどんな仕事?

・職場は主に製薬会社と広告代理店、業務内容の違いは?

製薬会社でのメディカルライター業務の概要は、医薬品や医療機器の計画・開発・承認に必要な各種書類や報告書の作成が主な仕事。新薬開発に伴う治験に必要な申請書類、論文・症例報告書、薬事承認取得のための申請書類などの作成も担当します。治験に必要となる各種申請書類や薬事承認の申請書類を作成する仕事もあります。

代理店にはメディカルライター業務は存在せず、メディカルコピーライターという仕事になります。メディカルコピーライターとは、医薬品や医療機器の販売促進のためのキャッチコピーや広告、文章などに携わる仕事です。具体例としては製薬会社からの依頼で新薬の広告を作成して薬剤師専門の雑誌に掲載する、MRの配布物に入れる文言の提案をする、新薬の添付文書やインタビューフォームを作成する、といったものがあげられます。特に、薬の添付書類やインタビューフォームの作成はメディカルコピーライターの仕事の中でも重要度が高いものとされ、心身の負担が大きなものとされています。これは、薬に関する膨大な資料から、重要かつ必要な部分を見極めて抜き出す作業があるためです。

・医薬・医療全般にかんする知識はどれくらい必要?

製薬会社の場合、薬事法や新薬の開発、申請、特許などに関わる知識が必要です。
代理店の場合、最悪知識がなくても出きます。広告での薬事の表記は出稿代理店の力関係によっても自由にコントロール出来ます。もし仮に大事になった時のために、顧問弁護士などを置いているところも多いので無知識でも出来るのです。そのため調剤経験がなくても問題ないです。

・フリーランス、パート、正社員など様々な働き方がある

製薬会社のメディカルライターとして働く場合、多くが正社員として企業に勤めその仕事を担当します。最近は外注するケースも多いですが、圧倒的にライター数が少なく、機密文書に関わることも多いので自社の社員で行うのがほとんどです。もし外注する場合、機密保持契約などを交わします。メディカルライター業務として求人が上ることはほとんどないため、業務内容から想像することになります。

代理店でメディカルコピーライター職として働く場合も、最初は正社員として仕事をして経験を積みます。極端に言うとコピーライターの医療関係版のような仕事ですから、どのように文章で訴求するのかコツなどを学ぶ必要があります。ある程度結果が出せるようになるとフリーランスで様々な企業と仕事をすることも可能です。

フリーランスとは、個人事業主のことで会社に雇われることなく自分の仕事は自分で獲得します。仕事の探し方は、前職の会社から流してもらったり、これまでのつながりや紹介を中心に獲得します。クラウドソーシングでも獲得できますがそもそもそのような仕事自体が少ないので、上手く見つからない事もよくあります

2.メディカルライターのメリット・デメリット

・メディカルライターのメリット

製薬会社、代理店に共通するメリット
・自分の知識を活かして、自分にしか出来ない仕事が出来る
・キャリアアップにつながる
・自分のペースで仕事をすることが出来る

製薬会社のメディカルライターのメリット
・事務作業が多いため、プライベートを充実させやすい

代理店のメディカルコピーライターのメリット
・やればやるだけ自分の実力を伸ばす事が出来る
・仕事をする場所を選ばない

・メディカルライターのデメリット

製薬会社、代理店に共通するデメリット
・細かな制限が多く、実際面倒
・慣れるまでは専門性が高すぎて難しい

製薬会社のメディカルライターのデメリット
・単調な作業であり、調剤業務をしないためブランクなどに不安がある

代理店のメディカルコピーライターのデメリット
・正解がない
・結果が即出るとは限らない
・ある程度クライアントの意見を尊重する必要がある

3.メディカルライターの年収

・未経験の場合の年収は?

  • 製薬会社→年収300~500万
  • 代理店→年収400~600万

・フリーランスやパートの場合は?

フリーランス→単価5000円~50000円位が相場です。

・正社員として企業で働くなら?

製薬会社→年収400~500万(他業務を兼任すると考える)
代理店→年収500万(他業務を兼任すると考える)

4.メディカルライターの求人はあまり見ない「レア求人」?

・メディカルライターの求人は少ない? 多い?

メディカルライターの求人は少ないのが現実です。その理由は、専任でこの業務に人を雇うことにメリットがないからです。製薬会社のメディカルライター業務は、開発職や研究職の人ができ、代理店の場合のメディカルコピーライター業務は、ライターが出来る業務だからです。いざとなれば外注すれば良いという理由もあります。

5.メディカルライターの求人を見つけるには?

・転職サイトに登録すれば非公開求人も見つかる

そのような中で、メディカルライターの求人を探している方は、転職サイトの仕事内容に着目しましょう。製薬会社、代理店どちらに行くかにもよりますが、医療関係で書類作成が多そうだと感じる業務、代理店ならライターやHPの作成広告運用などを行う業務を中心に応募し、業務を通して経験を積み、将来的にメディカルライターのような仕事をもらえるように交渉する方がよいでしょう。
また医療系ポータルサイトで出筆する方に直接連絡を取る(コメントやメッセージが送れる場合もあります)ことやそのサイトの運営会社に直接問い合わせる方法もあります。

・エージェントを味方につければこんなメリットも!

エージェントに「メディカルライターの仕事ないですか?」と聞いても、多くの場合持っていません。しかしそれに関連する業務、付随する業務にどんなものがあるかのアドバイスはもらえるでしょう。初めてメディカルライターに触れる方には、大まかな仕事内容も良く分からないでしょうからそのような面で情報としては教えてもらえると思います。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら