imasia_10398169_M

専門薬剤師として働くことにより年収が上がる!

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

薬剤師の中のプロ、専門薬剤師

昨今の医学、薬学の進歩に伴い、医療現場ではより高い知識やスキルが必要とされるようになりました。それは、医師や看護師だけでなく、薬剤師にも同じことが言えます。そこで、チーム医療などに専門性の高い分野でも薬剤師が活躍できるよう誕生したのが、専門薬剤師や認定薬剤師を認定する制度です。
専門薬剤師は日本病院薬剤師会の認定する資格で、がん専門薬剤師、感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、HIV感染症専門薬剤師の5種類があります。
一方、認定薬剤師にはがん薬物療法認定薬剤師や、研修や実習を受けることで取得できる研修認定薬剤師など様々な種類があり、認定機関も資格によって異なります。
いずれにせよ、これらの資格を持った薬剤師は、プロ中のプロとして、職場ではより高い専門性を発揮することが期待されます。

専門薬剤師になると年収は大幅UP!?

専門薬剤師は一般薬剤師と比較すると責任が重い分、給料も高くなって当然と考えられますが、医療機関によって異なるのが現状です。一般薬剤師の平均年収が500万円と言われていますが、これはドラッグストアや調剤薬局に勤務する薬剤師が中心となった平均年収ですから、企業などで専門性を活かし、新薬の開発などにその知識を活かせれば700万円以上、管理責任者などになれば1000万円を超えることもあります。また、病院勤務の場合は、手当などが付いて650万円程度にはなることは見込まれます。

キャリアアップとしての専門薬剤師

スキルアップ、キャリアアップを目的として専門薬剤師の認定を受けるケースがよく見られます。医療チームの一員として、患者さんだけでなく他の医療スタッフからの質問にも的確に答えられるようになりたい、職場での需要が高く質問されることの多い内容から、その道のスペシャリストになりたいなどの目的で専門薬剤師を目指す人が多いようです。ですから、職場でのやりがいを求める人にはおすすめの資格と言えそうです。

専門薬剤師の求人をみてみる

専門薬剤師は、一般薬剤と比較すると、専門性が高く実務経験も必要なことから、まだまだ全体の人数が少ないというのが現状です。そのため、その専門性に見合った収入が得られていない場合は、収入アップやスキルアップを目指して転職を希望する人が多いようです。転職先をきちんと選べば、かなりの収入アップが見込めますから、きちんと計画をして転職活動を始めるようにします。効率的に転職活動を行うには、薬剤師求人に特化した転職サイトを利用するとよいでしょう。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら