日本調剤

日本調剤の薬剤師のやりがいって?

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

日本調剤の薬剤師はやりがい充分!

医薬分業が進む現代において、医薬分業のリーディングカンパニーとして急成長している日本調剤。
薬剤師としての教育制度も十二分に用意されており、「薬剤師として成長したい」と考えている人にはピッタリです。社員に対しての業界トップクラスの研修制度が整えられていて、患者とのコミュニケーション能力や店舗の管理能力などを身に付けられます。
現在の薬剤師職には従来の薬局勤務だけでなく、老健施設や在宅医療の分野でもニーズがあります。そのような場面で活躍できる人材を日本調剤で社員研修を通じて育てています。患者に寄り添う薬剤師になることを目指す企業風土の中で、接客スキルを高めるといった取り組みも行っています。

日本調剤の薬剤師の年収は平均以上!

薬剤師の平均年収は約450-490万円の間と言われていますが、日本調剤の平均年収はそれを大幅に超え、30代で490~577万円です。役職に就けば年収900万円以上となり、調剤薬局業界の中において、大企業と呼ばれる大手どころの調剤薬局と比較しても引けを取らない年収ですね。
また、中途採用となる場合は経験がモノを言うことはもちろん、中途入社前の報酬面の交渉がカギを握るようです。

日本調剤では理想の雇用形態で働ける

多様化する薬剤師の働き方ニーズに伴い、日本調剤においては薬剤師に合わせた多様な働き方を用意しています。
ワークライフバランスが重要視できるように福利厚生も充実しており、育児などがあっても自分のペースで仕事ができる環境です。

やりがいある環境に転職するために

薬剤師としてのやりがいもあり、働きを支える制度も充実している日本調剤株式会社。
日本調剤のような調剤薬局に転職するためには、転職サイトを使用するのが有効です。転職サイトには様々な会社の情報、求人内容も記載されています。登録すると募集している数々の求人情報から日本調剤を始めとして、マッチする薬剤師求人を紹介してもらえる可能性が高く、満足度が高い転職が実現するかもしれませんね。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

エムスリーの3つの特長

  • 通勤30分以内の職場求人を全て紹介
  • ブランクのある薬剤師向けの求人を10000件以上掲載
  • 老健、クリニックなどのレア求人も約30件掲載

2位マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の3つの特長

  • 現場で働いている薬剤師の生の声が聞ける!
  • 人間関係、残業、キャリアアップに悩む方必見!
  • 職場復帰したい方も安心な転職相談サポート付き

3位ファルマスタッフ

ファルマスタッフの3つの特長

  • 年収700万円以上、時給3000円以上の求人がどこよりも豊富
  • 面接同行サービスで年収交渉も安心
  • 日本調剤監修の独自教育プログラムを受けられる
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら