薬剤師の夜勤求人

薬剤師が数少ない高収入の夜勤求人を見つける「秘策」とは?

薬剤師が働く時間は昼間だけではなく、職場によっては夜勤も存在します。今回は薬剤師が夜勤で働く際のポイントと、収入アップを成功させるためのコツを紹介します。

この記事に書かれている事まとめ
  • 薬剤師が夜勤のみで働くメリットは「高収入」と「夜間で働けること
  • 夜勤のみ求人は「24時間勤務のドラッグストア」と「病院」の二つ
  • 薬剤師の夜勤のみ求人はレアなので、一人で探すのは難しい
  • 数ある転職サイトの中でも、ドラッグストアとのパイプが強いエムスリー(薬キャリ)マイナビ薬剤師がおすすめ。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1.夜勤で働きたい理由をはっきりさせる

一般的には敬遠されがちな夜勤ですが、昼間に他の仕事をしたい方やライフスタイルの違いなどにより、夜勤を希望する薬剤師は珍しくありません。

しかし、薬剤師は夜勤の求人数が少なく、希望者は自分の条件にあった求人を探すのに苦労しているようです。特に、せっかく夜勤をするのですから給与にはこだわりたいところですよね。少しでも給与をアップさせ、勤務時間なども自分にぴったりの求人を探すにはどうすればいいのでしょうか?

1.夜勤で働きたい理由をはっきりさせる

まずは、「なぜ夜勤で働く必要があるのか」を考えてみましょう。その理由が明確でなく、「なんとなく」であれば、夜勤で働き続けるのは難しいでしょう。

せっかく働くのですから妥協の結果としてではなく、夜勤のメリットを生かして、やりがいを持って仕事をしたいですよね。そのためにも理由はっきりさせ、それを実現する求人を見つけましょう。

HOPの調査によると、薬剤師が夜勤で働きたい理由として挙がったのは以下の通りでした。

  1. 夜勤手当てで収入をアップさせたい
  2. 昼間の収入に加え、夜はパートとして薬剤師の資格をいかして収入をアップさせたい
  3. 昼間は、勉強など別のことに費やす必要がある
  4. 家庭の事情などから、夜しか働けない

これらを見てみると、ポイントは二つ。「高収入を得るため」と「時間的な問題から」という理由です。おそらくあなたが夜勤に興味を持った理由も、このどちらかではないでしょうか。そうではないとしても、その理由は理想の求人を見つけるうえで大きな柱になりますから、明確にしておく必要があります。
→【年末年始限定!】薬剤師の高収入な夜勤求人を見てみる

それを踏まえた上で、実際に薬剤師が夜勤で働ける職場を紹介していきます。

2.薬剤師が夜勤で働ける職場は?

夜勤の薬剤師が必要とされる職場は、主に「24時間勤務のドラッグストア」と「病院」の二つです。

それぞれの特徴を、メリットデメリットの両面からみていきましょう。
■ドラッグストアの夜勤

  • ◯深夜手当てがつく
  • ◯ある程度希望勤務時間に融通がきく
  • ◯ゆったりと仕事ができる
  • ×医薬品より日用品を買い求める客の方が多い
  • ■病院の夜勤(当直)

    • ◯当直手当てがある
    • ◯緊急時のみの対応なので仮眠を取れる
    • ◯職員が少ないので人間関係のトラブルが起こりにくい
    • ×医療事務など、仕事の幅が広い

    ドラッグストアは、勤務時間の融通がきくので自分のライフスタイルに合わせた勤務ができそうです。一方で日用品を買いに来るお客さんも多く、薬剤師ならではの仕事という意味においては少々希薄になってしまう可能性があります。しかし、それも考えようです。薬の説明をする必要などが減るわけですからメリットということもできるでしょう。

    病院は、仮眠が取れたり人間関係の煩わしさがない、というメリットがあります。一方で、夜勤は人が少ないこともあり、それをカバーするために仕事の幅が若干広がるかもしれません。とはいえ、そこまで専門的なことをまかされることはないでしょう。事前に業務内容をしっかり確認してください。

    また、ドラッグストア、病院ともに共通しているメリットとして「昼間の勤務ほどコミュニケーション能力の有無が問われない」ということです。夜間はスタッフが少ないので、自分のペースで仕事ができ、仕事に集中できるでしょう。そういう意味では、コミュニケーションに自信がないという方にお勧めできる働き方と言えそうです。
    →夜勤の薬剤師求人なら薬剤師専門求人の「薬キャリ」がオススメ

    3.夜勤薬剤師は募集が少ない?

    冒頭でも伝えた通り、薬剤師の夜勤求人は多くありません

    特に地方では見つけるのが難しく、「レア求人」と言い切れるほどです。理由としては24時間営業のドラッグストア自体があまり存在しない、救急病院などの数がそもそも少ないという点が挙げられます。

    都市部でも、昼間の仕事にくらべれば探すのに苦労するはずです。もし見つかったとしても高収入で自分の希望にぴったり、というケースはまれと言ってよいでしょう。
    激レア!夜勤のための高収入求人はこちら

    4.好条件の夜勤求人を「効率良く」見つける奥の手とは?

    上述の通り、薬剤師が夜勤の仕事を探すのは苦労がともないます。しかし、方法がないわけではありません。それは仕事探しのプロにお任せするという方法です。

    薬キャリ」は、膨大な数の求人を扱っており、そこで活躍する転職エージェントは仕事探しのプロで、しかも「薬剤師」という特定領域に特化した強みがあります。当然、夜勤希望の案件を扱った経験も豊富です。

    このページを読んで「条件に合った夜勤が見つかるか不安…」と悩んでいる方は、ぜひ気軽に薬剤師専門の転職サイトに登録してみてください。転職のプロがあなたの希望にじっくり耳を傾け、ぴったりの求人を探してくれるでしょう。

    1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

    転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

    ①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

    ②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

    という2つのメリットがあるのです!

    これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

    1位エムスリー(薬キャリ)

    『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

    こんな薬剤師が利用しています
    • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
    • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
    • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

    2位マイナビ薬剤師

    『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

    こんな薬剤師が利用しています
    • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
    • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
    • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

    3位ファルマスタッフ

    『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

    こんな薬剤師が利用しています
    • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
    • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
    • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
    →希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら