global business image on white background

薬剤師過剰時代で生き残る薬剤師は英語スキル持ち

国際化社会の時代、薬剤師にとって英語は必須の労働条件ではありませんが、どんな職に就いていても、英語を話せることが無駄になるわけありません。薬剤師もそうです。海外から観光目的や移住目的で日本国内の外国人が増加するなか、日本在住の外国人の健康的な生活を守り、観光で来られた外国人の急な傷病に対応できる英語スキルを持つ薬局、薬剤師であることは立派な国際交流の1つであると言えます。
転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 薬キャリ
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,「英語が読めて、話せる」は、薬剤師にとって必要なコミュニケーションスキル!

「英語が話せたらどんなにいいか」

薬剤師でそう思っている人もいることでしょう。しかし、現状、行動に起こさない薬剤師のほうが何倍も多い筈です。

その停滞した気持ちを破って前に進むことができたらどんなにいいのでしょうか。

しかし、実際は日進月歩で進んでいく医学や薬学の勉強を忙しい調剤業務の中でやっているのに、その上、英語まではとてもじゃないと……。

それでも、英語を扱える薬剤師は人手不足で需要が高いので、進路選択の幅が広がることは間違いなしです。

調剤薬局やドラッグストアに、英語を話せる常勤薬剤師がいると助かります。一番いいのが、英語スキルの高い管理薬剤師が常勤していることです。たとえそうでなくても勤務先に英語スキルが高い、英語が大好きという薬剤師がいれば、英語薬剤師としてさらに、英語スキルを高めてもらうのもいいかもしれません。

2,在日外国人の健康も「お任せください」

東京はもちろんのこと、外国人がよく訪れる観光地のドラッグストアには、英語スキルの高い薬剤師が一人、二人はいることでしょう。

そして、日本の大都会だけでなく、働くために来日した外国人は、日本の各地に散らばって在住しています。彼らは母国語と英語を話します。このように日本にいる外国人はどこの国であろうと、英語はそれなりに話せます。

従って、大都会で仕事をする薬剤師だけでなく、地方で働く薬剤師も英語スキルを持つことは、地域社会へとても貢献していると言えます。

外国人患者さんに英語で服薬指導を行い、処方箋を渡すサポートをできる薬局になれたら、こんな素敵なことはないと思います。

また、出産や育児を終えた女性労働者に、英語を学ぶことをオススメします。最近の英語は、実務的能力ではなく、TOEICやTOEFLのような資格検定で判断されます。子育て中に勉強しておくことで、調剤業務のブランクの影響を英語スキルでカバーできます。

大都会には外資系の製薬企業が多く集まっています。おそらく、英語能力があれば採用率もアップし、給与も上がるはずです。こちらでは一般英語だけでなく、薬学英語のスキルもあるとなおいいです。自分の得意な英語を活かせる職場はどこにあるかなどの詳細は薬剤師転職サイトや薬剤師専門のコンサルタントに問い合わせてみましょう。

たとえば全国の幅広い求人を網羅する「薬キャリ」では英語を生かせる高年収求人が無料で約60件ほど掲載されています。興味がある方は求人情報を探してみてはいかがですか?

3,学生時代、英語が得意だったのなら外資系の「CRO」

日本には30数社のCRO(受託臨床試験機関)があります。製薬会社からの受託で治験業務の支援を行っているのですが、現在、この業務を行えるものが非常に不足しているようです。

そのため、医薬品の臨床開発の経験はなくても、医療関連語学や医学、専門薬学がわかる調剤薬剤師、病院薬剤師、MRなどを募集しています。

これからは病院、調剤薬局とは違った分野のこの職場へのキャリア戦略を持つ薬剤師も増えると考えられます。そして、外資系のCROであれば、当然、英語能力があるほうが有利です。
このような職場まで自分のフィールドを広げるにはやはり、英語能力が必須です。

これから薬剤師過剰時代が訪れ就職難になると、厚生労働省も予測しています。英語能力はそんな時代がやってきても、しっかりとしたビジョンを持ち、自分で進路を切り開く薬剤師になるための重要なスキルと言えます。
→英語力を生かした転職なら薬剤師求人専門サイトの「薬キャリ」がオススメ

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら