imasia_15731845_M

日本薬剤師研修センターの各種認定制度って?

日本薬剤師研修センターが行う各種認定制度には、研修認定薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師制度、認定実務実習指導薬剤師などがあります。その中でも多くの人が目指しているのが研修認定薬剤師で、一定期間内に集合研修やe-ラーニング、gcp研修会などを受講して研修シールを集め、単位申請して研修認定薬剤師として認められると認定者名簿に掲載されます。薬剤師研修支援システムを使用すると研修会の受講申込や受講履歴の管理などができるので便利です。なお、日本薬剤師会が行うjpalsとは別の制度です。

おすすめ転職サイト
ここがオススメ
求人を探す
1位 薬キャリ
資格が活かせる求人が豊富

詳細

2位 マイナビ薬剤師 耳寄りな非公開求人が豊富

詳細

3位 ファルマスタッフ コンサルタントの対応が丁寧!

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1,認定薬剤師とは

医学の世界は日々進化していて薬剤師に求められる業務もより高度になっていますね。薬剤師免許を取得しただけでは十分に対応できない可能性もあり、常に新しい知識を学んでいくことが必要になっています。
近年は研修会など薬剤師が学ぶ場が多く作られていますが、その継続して学んだ実績の示す方法として認定薬剤師制度があります。

薬剤師認定制度認証機構が認めた多くの団体が認定証を授与しており、その取得方法や難易度はさまざまです。認定薬剤師になると時代に即したスキルをもつ薬剤師と示すことができますし、医療従事者や患者さんからの信頼も高まり、キャリアアップにもつながるでしょう。

2,日本薬剤師研修センターで行っている制度は

先に述べたように認定薬剤師にはにいろいろな種類がありますが、ここでは日本薬剤師研修センターが行う4つの認定制度を紹介しましょう。

日本薬剤師研修センターは薬剤師が生涯を通じて新しい知識や技能の取得することの推進を目的とした公益財団法人で、いろいろな場所で各種研修会を開催したり、認定薬剤師の認定などを行っています。
研修認定薬剤師制度、一定期間内に定められた単位の研修を受講している薬剤師の実績の保証する制度です。

漢方薬・生薬認定薬剤師制度

漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得した能力のある薬剤師であることを認定する制度です。

小児薬物療法認定薬剤師制度

小児科領域において専門的な能力と適性を備える薬剤師を養成し、認定する制度です。

認定実務実習指導薬剤師制度

6年制薬学生の長期実務実習の指導薬剤師を養成し、認定する制度です。

3,研修認定薬剤師制度について

 先に紹介した認定制度の中でも認定者数が最も多く、比較的取得しやすいのが研修認定薬剤師制度です。一定期間内に認定の対象となる研修から受講した研修成果を記録して申請を行い、認定証を受ける仕組みになっています。

 認定の対象になる研修は日本薬剤師会が主催する研修会だけでなく、日本病院薬剤師会や日本薬剤師会及びその支部研修会など、集合・実習研修会実施機関として登録されている団体が行う研修会も含みます。ビデオ・インターネット研修、自己研修などもありますが、研修で取得できる認定単位数はそれぞれ規定されています。

 同センターの「薬剤師研修支援システム」を使用すると、インターネットを介して研修会の申込みや研修修了報告、修了証や受講単位シールの発行などの管理ができるので便利ですよ。

 認定方法ですが、研修に出席したら「薬剤師研修手帳」に研修受講シールを貼って研修内容を記録します。最初の申請では4年以内に40単位以上(毎年5単位以上)を取得して、認定申請料(認定(証)のみの場合10,286円)と研修手帳、研修認定薬剤師新規申請書を都道府県薬剤師研修協議会に提出して、認めれれれば研修認定薬剤師として登録されます。認定期間は3年で、認定更新するには3年間では30単位以上(毎年5単位以上)の取得して更新申請する必要があります。

 最近は研修認定薬剤師の取得を積極的に支援をしている調剤薬局も増えています。このような職場では勤務をしながらでも研修に出席する理解も得やすく、認定薬剤師を目指しやすいでしょう。研修認定薬剤師を目指したいあなたは薬剤師転職サイトを利用して、勉強を続けやすい環境を探してみるのもよいでしょう。

『転職サイトから優先的に求人を紹介してもらう裏技』

転職希望時期を聞かれた際は「3カ月以内」と答えましょう。

なぜかというと、転職サイトへの登録時や電話での本人確認の際、転職希望日を必ず聞かれるからです。

転職サイトは転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、自分が応募しようとした求人がすでに別の方に決まってしまった、ということはよく起きます。

その為、いつ転職しようか迷っている方は出来るだけ早い時期、 目安として3カ月以内、最低でも6カ月以内と伝えることをお勧めします。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

『薬キャリ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら