imasia_13093902_M

薬剤師届出票の提出を忘れたらヤバい!忘れないようにするためには?

薬剤師は2年に1度、氏名、住所その他厚生労働省令で定める事項を保健所などに届出することが義務付けられています。もし忘れた場合や遅延した時は届出違反となり50万円以下の罰則が課せられていることになっていますので、忘れないように気を付けましょう。

転職サイト
時給
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3500~
3000

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給3000~
2500円

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給3000~
2000円

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

1,薬剤師の届出とは

薬剤師免許証は一度申請すれば更新する必要はありませんが、2年に1度、届出をしなければなりません。

日本に住所がある医師・歯科医師・薬剤師は、2年に1度、12月31日における住所地や従業地、従事している業務の種別等、医師法、歯科医師法、薬剤師法で規定されている事項について届け出ることが義務付けられています。

その他の医療関係職、看護師、保健師、助産師、准看護師、歯科衛生士、歯科技工士も2年に1度のが届出の義務があります。

次回は平成28年が該当しますので、翌年の平成29年1月15日までに所定の薬剤師届出票を記入して、住所地または勤務地の保健所、保健福祉センターに直接または郵送で提出しましょう。

届出用紙は保健所や電子政府の総合窓口e-Gov(イーガブ)ホームページなどよりダウンロードできます。

届出は薬剤師の仕事をしていてもしていなくても必要で、届出の内容は従事施設など薬剤師調査の資料として使用されます。12月31日の時点で海外出張をしていても、日本国内に住所地があり日本国の薬剤師名簿に登録されている薬剤師は届ける必要がありますよ。
 
【年末年始限定!】高収入を目指すあなたのための求人はこちらをクリック

2,薬剤師の届出を忘れたらどうなるの

ところで、この2年に1度の届出を忘れてしまったらどうなるのでしょうか。

隔年なのでつい忘れてしまいそうになりますが、届出を怠ると罰則があるのです。届出違反には50万円以下の罰金が課せられることとなっています。届出期日を過ぎる前に速やかに届出書を提出すると手続きを行いましょう。
止むを得ない状況で届出が出来ない場合は、住所地の都道府県知事を経由して厚生労働大臣に申し出ると罰則の対象にならないのかもしれません。

届出を忘れないようにするには

薬剤師の届出年は偶数年(平成26年、28年、、、、)の12月31日時点の状況を翌年1月15日までに届出をしなくてはいけません。奇数年の年始には届出をすると覚えておきましょう。

また、働いていると従事先の保険薬局などを通じて提出すること多いのですが、退職したり産前産後休暇中の時は自分で手続きを行わなければならず、特に忘れてしまいがちなので注意してくださいね。
 

3,HOP!おすすめの転職サイト

1位圧倒的求人数のエムスリー薬キャリ

エムスリーの特長

  • 公開求人40,000件以上
  • 非公開求人8,000件以上

【緊急】3月を超えると求人数が激減するの?

3月が年度末の企業を中心に採用計画の充足に向けた動きが強まるため、中途の正社員採用が強化されます。逆に3月を逃してしまうと、求人数は減り転職難易度が大幅に上がる傾向にあるのです。まずは求人を見てみたい、転職を考えている、という薬剤師は3月に行動することをおすすめします。

薬剤師の転職・求人サイトを有効活用する方法を知っていますか?

転職希望日を6ヶ月以内にするのがおすすめです。 転職エージェントは、転職希望日が早い人から優先的に好条件の求人を紹介するので、いつ転職しようか迷っている方は極力「6ヶ月以内」と回答すると後回しにされることはありません。

1位薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリー)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師②

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位高年収・高時給求人ならファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師さんが利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら