surgical life

これからは薬剤師もスキルを持っていざ、手術室へGO!

転職サイト名
高収入
求人を探す
1位 m3.com(薬キャリ)
時給3,000
年収800万円
以上

詳細

2位 マイナビ薬剤師 時給2,500円
年収780万円
以上

詳細

3位 ファルマスタッフ 時給2,000円
年収730万円
以上

詳細

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。

病院薬剤師の人気が急上昇中! 薬剤師の職種の中で、病院薬剤師は元々、人気が高い職種でしたが、さらに病院薬剤師を希望する薬剤師が増えています。
薬剤師が病院の薬剤部という狭い環境を飛び出し、病棟にいる患者さんに直接服薬指導に出向いたり、チーム医療に参入したりという地道な活動が高く評価され、調剤報酬の改定にまでつなげていくことが出来ました。
このような病院薬剤師の姿が薬学生や他の薬剤師からも憧れの存在として目に映るようです。

病院薬剤師は、高度なスキルをどんどん身につけてプロフェッショナルに!

何と言っても、病院薬剤師の魅力は高度なスキルを身に着けられることでしょうか。調剤薬局では取り扱わないような薬品も有ります。
日本薬剤師研修センター認定薬剤師から専門薬剤師の資格を取得し、チーム医療に参入したり、手術室内での医薬品の管理に携ったりと、医療現場の臨場感を直に感じることができます
また、手術患者さんに使用する麻酔薬等の品質管理や副作用等を他スタッフに知らせる情報提供も病院薬剤師の重要な役目です。
このように病院薬剤師の需要は高まっているわけですが、その分、医薬品情報の収集をはじめとする関連知識の勉強も大切な仕事の1つです。

これからの薬剤師は手術室へ進出! 周術期の薬剤管理は薬剤師のひざ元で

病院薬剤師が、手術室でも薬剤師の職能が発揮される仕事をする機会が与えられるようになりました。麻薬、向精神薬は手術室において非常に使用頻度が高い薬剤です。これらの薬剤は、薬事法などの法律に基づいて厳しく管理されなければいけません。にも拘らず、手術室内の麻薬等の管理は今まで、薬剤師が関わっていなかった病院がほとんどという報告がされています。手術室内の薬剤の管理、適正使用の監視は薬剤師の専門分野であることから、これらは薬剤師の役割と位置付けられたため、手術室内に薬剤師も入って業務を行うべきということになりました。これらについては日本病院薬剤師会、公益社団法人日本麻酔学会も推奨しています。

周術期医療に参入する薬剤師の活躍現場を覗いてみよう!広島大学麻酔科

周術期:患者さんの術中だけでなく、術前から術後までの期間

広島大学病院が周術期管理チームに専任薬剤師を配置したのは2006年4月です。当病院の麻酔科医から術中に使用するハイリスク薬、麻薬等の適正使用に関わってほしいという要請がきっかけのようです。

手術室内での薬剤師業務の内容

○医薬品管理
以前、医薬品管理は医師と看護師の管轄になっていましたが、医薬品管理の全てを薬剤師に移行させて行っています。
薬剤師が一括して管理することで薬剤や注射薬の在庫数量を正確に把握できるようになり、薬剤紛失事故も未然に防げるようになりました。また、手術室等での薬剤使用状況を薬剤師が把握することで、診療報酬の請求漏れの防止につながっています。

○注射薬のミキシング
麻酔科医が術中に行っていたPCA(持続点滴療法)用輸液の調整を、薬剤師常駐時にできたクリーンペンチ内で薬剤師が調整をするようになりました。そのため、
衛生的な管理
ができるようになりました。また、注射薬の配合変化の情報提供として、作成した配合変化表を麻酔医が見られるように全手術室内の麻酔器に貼付しています。

○薬剤の適正使用の推進
周術期の間、他のチーム医療スタッフの専門知識と薬学、薬理学的な知識を重ね合わせ、患者さんの薬剤適正使用をサポートできるよう努力しています。

病院薬剤師になりたい!調剤薬局薬剤師でもなれる?

勿論なれます。勤務先が病院だからといって、特別な薬剤師の資格がいるわけではありません。同じ薬剤師の資格で十分です。
ただ、病院は主に新卒採用が多く、中途採用は少ないと言われています。本当になりたいと考えているのであれば、薬剤師転職サイトで相談するのが一番の近道かもしれません。あなたの資質にあった病院を薬剤師転職専門のコンサルタントに相談してみましょう。

1月は自分の条件にあった求人と出会える可能性大!

冬のボーナス受給後の1月は、転職活動を始める方が増えます。。その結果、1月~2月中旬は各企業が退職者の空きを補うために待遇の良い条件「高額求人、土日休み、駅チカ、転勤なし」などの求人が多く出てきます。

転職サイトは基本的に早く登録した人から優先的に紹介をしてもらえるので、他の人よりも一歩先に登録をしておくと良い求人を紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

今すぐ転職したいわけではない方も転職サイトに登録だけでもしておくと、2月後半~3月後半に転職を希望する薬剤師と比較すると『抱えている求人情報の量』という面で圧倒的な差をつけることが可能です。

1つの転職サイトだけに登録して転職活動に挑もうとしているあなた!

転職サイトへの登録は1つでは足りませんよ!複数のサイトに登録をすると

①閲覧できる求人数がぐんと増え、よりよい求人を見つけやすくなる。

②異なるキャリアコンサルタントの中から自分に合う人を選んで転職活動を進められる。

という2つのメリットがあるのです!

これから転職を考えている人にはぜひ以下のサイトへの”複数登録”をおすすめします。

1位エムスリー(薬キャリ)

『薬キャリ(エムスリー)』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 1日3時間,週2日勤務で子育てをしながら働きたいママ薬剤師
  • 時給3,500円以上の派遣薬剤師として働きたい薬剤師
  • 高年収かつ転勤なしの調剤薬局に転職したい薬剤師

2位マイナビ薬剤師

『マイナビ薬剤師』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 初めての転職活動で不安を感じている薬剤師
  • 薬剤師資格を活かせる一般企業に転職したい薬剤師
  • 残業なし・土日休みのドラッグストアに転職したい薬剤師

3位ファルマスタッフ

『ファルマスタッフ』利用者の3つの特長

こんな薬剤師が利用しています
  • 年収700万円以上や時給3,000円以上の職場で働きたい薬剤師
  • 日本調剤監修の教育プログラムを受けたい薬剤師
  • 転職コンサルタントに直接会って相談したい薬剤師
→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら