メディカルアロマセラピストとは?3つの認定資格を比較、求人情報も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リラクゼーション効果や自然治癒力を高める効果などで、代替医療として近年注目を集めている『メディカルアロマセラピー(医療アロマテラピー)』。

調べてみると、沢山の団体やスクールがあり、「メディカルアロマセラピストになるにはどうしたらいいの?」「どこの資格を取ればいいの?」と疑問に感じている人も多いはずです。

ここでは、メディカルアロマセラピー関連の多様な資格やアロマセラピストの仕事内容、年収や将来性、求人情報について説明します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.メディカルアロマセラピストの仕事内容と活用場面

メディカルアロマセラピストとは、医療現場やサロンにおいて精油を用いた処置を行う有資格者を指しています。

ヨーロッパでは、ハーブや精油をリラックスや治療の目的で使用することが、特別なことではなく生活の一部となっています。

イギリスでは主にリラクゼーション効果を得るためにアロマを使用しますが、フランスなどでは植物由来の精油を人に元々備わっている自然治癒力を高めたり、化学療法ではなく代替医療として使用したりすることが一般的となっています。

メディカルアロマセラピストになるには、各協会が認定するアロマセラピスト資格を保有することが必須です。

医療国家資格は必須ではありませんが、両方の資格をもつことで医療現場で活躍するアロマセラピストを目指すことができます。

メディカルアロマセラピストはこんな職場で働いてる

薬品投与などのように劇的な治療効果ではなく、患者の体にストレスを与えず穏やかに作用するアロマケア。適用できる範囲も広く、医療福祉関連の多くの場所で活かされています

例えば、心療内科や精神科ではうつ症状の改善や不安解消に、歯科などでは麻酔の補助的な役割として活かされています。

他にも、産科や婦人科では月経前緊張症や更年期障害、出産時や出産後の痛みの緩和目的で、耳鼻科では鼻炎症状の改善など、皮膚科ではアトピー性皮膚炎の改善など、緩和ケアでは痛みと不安の減少に幅広く活用することができるのです。

もちろん医療現場以外でもメディカルアロマセラピストは活躍しています。リラクゼーションサロンでアロマテラピーマッサージを施術したり、公的機関や市民講座などでアロマを用いた自然療法やマッサージ技術を指導したりすることもあります。

2.メディカルアロマセラピストに必要な資格の取得方法3パターン

メディカルアロマセラピストの資格は、国際資格や認定資格など多数の種類があります。主な資格はこちらの3つ。

  • IFPA国際アロマセラピスト
  • メディカルアロマセラピスト
  • 認定2級メディカルアロマテラピスト

ここからは、これら3種類の資格取得方法、受験資格について詳しく説明します。

IFPA国際アロマセラピスト

イギリスに拠点を置く国際的なメディカルアロマテラピー協会、『IFPA(国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟)』。

このIFPAが認定する『IFPA国際プロフェッショナルアロマセラピスト』の資格は、IFPA認定校でのみ取得することができます。

授業は解剖生理学や病理学といった医療系のものから、関連法規やビジネス、ボランティアなどについての講義や英国式アロマテラピーの実践までと多岐にわたっています。

いずれのIFPA認定校で講習を受ける場合にも特に資格は必要ありませんが、100万円前後の講習費用と6カ月~2年ほどの受講期間が必要です。

メディカルアロマセラピスト

日本アロマセラピー統合医学協会が認定する資格が『メディカルアロマセラピスト』です。

日本アロマセラピー統合医学協会が指定するスクールで、6カ月程度の講義と実習を修了すると資格を取得することができます。講習費用はスクールによって差がありますが、40万円~50万円が一般的です。

受験資格は特にありませんが、医療系資格を持っていると免除される科目があることもあります。

認定2級メディカルアロマテラピスト

日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)が認定する資格が『認定2級メディカルアロマテラピスト』と上位資格の『認定1級メディカルアロマテラピスト』です。

同協会が実施・認定している資格は多く、アロマテラピーの講師の資格や調合師、カウンセラーなどの資格も取得できます。

『認定2級メディカルアロマテラピスト』も『認定1級メディカルアロマテラピスト』も、JMAA本部や支部、提携スクールで受講することもできますが、通信教育によっても学ぶことが可能です

いずれの場合も教育課程を修了後、認定試験を受ける必要があります。通信教育と受験費用を合計すると、2級の資格には5万円1級の資格には8万円ほどかかります。

なお、受験資格は特に決まっておりませんが、1級資格テストは2級に合格した人のみ受験することができます。

3.メディカルアロマセラピストの資格は転職に有利?将来性は?

医療にアロマテラピーを活用することは徐々に浸透していると言うものの、日本では保険適用がありませんので、まだまだ普及しているとは言い難いのが現状です。

メディカルアロマセラピーサロンを開業するか、メディカルアロマを実践しているサロンで勤務することが多くなりますが、年収は300万円~350万円と、一般的な薬剤師の年収よりは低水準です。

しかし、前述のように近年自然医療は注目を集めており、今後メディカルアロマセラピストの活躍の場はどんどん広がっていくでしょう。

4.薬剤師の方にオススメ、資格取得を支援してくれる職場の紹介

薬剤師の方がメディカルアロマの資格を取得する際におすすめなのが、資格取得支援制度のある職場で働くことです。

資格取得支援制度のある職場では、通信教育費や研修参加費などを会社が全額負担してくれたり、 福利厚生の一環として資格を取得することができます。

近年は、メディカルアロマの取扱いをしている企業も増えつつあるので、職場にとっても取得してもらえると嬉しい資格の一種でしょう。

メディカルアロマセラピストの資格を取るなら、実は薬キャリで求人情報を探すのが近道

求人情報数NO.1の薬キャリにて公開求人を検索をしてみると、「アロマセラピー研修あり」の求人情報がごくごく限られた数ですが存在します。

他にも薬キャリはWeb上には公開していない数多くの非公開求人を保有しているため、下記のように登録フォーム上のコメントにて相談すれば、あなたの身の回りにある隠れた「アロマセラピー研修あり」求人を見つけられるかもしれません。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

漢方薬剤師は無資格でOK!?仕事内容、年収、求人情報を調べてみた

「漢方薬剤師ってどんな仕事をするの?」「漢方薬剤師になるにはどうすればいいの?」 東洋医学の理論に基づき、患者に適した漢方薬を提供する漢方薬剤…

薬剤師に英語力が求められる時代!英語が苦手な薬剤師が生き残るには

外国人が増え続けている日本。「外国人患者が薬局に来て、とまどってしまった…」という薬剤師もいるのでは? そんな経験はないという薬剤師も他人ごとではありません。薬剤師にも英…

取得すべき認定薬剤師資格20種類!薬局、病院など勤務先別に完全網羅

薬剤師のあなたは最近、認定薬剤師が人気であることをご存知でしょうか? 認定薬剤師の資格は、薬剤師が専門性の高い業務を質を保って行うために、専門分野の医療知識を有している…

薬剤師がアメリカで働くには?資格の取り方と日本との違いを徹底解説

日本で薬剤師免許を取得した人が、アメリカで働くことを希望する場合、どのような手続きを踏む必要があるでしょうか。また、アメリカで薬剤師免許取得後に、どのように現地で仕事場を見つけることができるでしょ…

薬事申請とは?業務内容や年収、求められるスキル、転職方法まとめ

医薬品や医療機器の販売・製造を行う場合には、厚生労働大臣や管轄の都道府県知事に『薬事申請』を行い、承認を受ける必要があります。薬事申請業務の具体的な…