薬キャリ取材①エムスリーキャリア(m3)へ行ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、HOP!管理人のキュースケです。今回HOP!では薬剤師の転職支援サイト「薬キャリ」や薬剤師向け転職支援サービス「ファーマ人材バンク」を運営しているエムスリーキャリア株式会社様に訪問取材してきました!

「m3.com(エムスリー)」と聞けばピンとくる方も多いと思いますが、「m3.com」は薬剤師含めた医療関係者25万人が登録している超有名サイト。エムスリーキャリア株式会社さんはこのm3.comを運営しているエムスリー株式会社のグループ企業ですので、医療関連に関する知識・信頼度はお墨付きです。

本日はエムスリーキャリアさんで実際にキャリアコンサルタントをされている長井さん、太田さんに取材をさせていただきました。

キ:「本日はお忙しい中、お時間いただき誠にありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します。」

長井さん・大田さん「よろしくお願いいたします。」

薬剤師2つの転職市場

キ:「一般的な転職市場では、人材紹介会社のビジネスモデルとしては、とにかく大手の企業さんを捕まえて、転職希望者をどんどん紹介していくという仕事の仕方が主流だと思います。求職者も大手で働くことを臨む人が多いですし、中小企業の1~2社の求人情報を細かく集めて紹介するより、中途採用をいつでもやっている大手企業に紹介する方が工数が少なく済むということがあると思います。本当の所、薬剤師さんの転職市場でも同じことは言えるのでしょうか?」

長:「いえ、薬剤師の転職市場はまったくと言っていいほど状況が違います。どんな薬剤師さんでもとりあえず大手の調剤薬局チェーンやドラッグストアチェーンに紹介すればそれでイイなんてことはありません。」

「理由のひとつめには、チェーン展開している企業は大手でもシェアがそれほど高くないことが挙げられます。」

「調剤薬局の業界では上位10社のシェアの合計がようやく10%程度。6兆円以上の市場の7割が個人経営のいわゆるパパママ薬局になっています。中小の調剤薬局やドラッグストアがものすごい数ありますので、こちらの求人情報を網羅していかないと薬剤師さんに適切な就職先をご紹介することはおそらく不可能なんです。」

「ふたつめの理由として、実は薬剤師さん側が就職先として大手さんを嫌がるケースが多いということも挙げられます。」

薬剤師人材紹介会社コンサルタント

薬剤師は大手への就職を嫌がる傾向

キ:「えっ?薬剤師さんが大手への転職を嫌がるんですか?大手の方が安定していて福利厚生もしっかりしていて、人気があるというイメージがあるのですが・・・」

大:「薬剤師さん以外の転職市場ではそうかもしれません。ここも薬剤師さんの転職・再就職の特殊性じゃないでしょうか。」

「全国展開している大手調剤薬局やドラッグストアチェーンでは、やはり出張や引越を伴う転勤の可能性があるため、そのような働き方を望まない薬剤師さんが多いのが現状です。」

キ:「確かに、子育てをしながら働かれるママ薬剤師さんが多いイメージがあります。薬剤師の有資格者の性別割合も6:4で女性の方が多いですもんね。」

長:「実際には薬剤師資格を持ちながら製薬企業や病院で働かれる方は男性がずっと多くなっています。研究職もそうですね。このため、実際に職探し・再就職などの転職市場で主立った就職先となる調剤薬局やドラッグストアで男女比を取ると、おそらく7:3かそれ以上の割合で女性が多いと言っていいと思います。」

キ:「引越を伴う転勤なし」の求人情報に人気があること、通勤時間がとにかく重要であることなども、この辺りから納得がいきます。

次へ

エムスリーキャリア(m3)薬剤師転職サイト「薬キャリ」取材体験記一覧

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬キャリ取材②女性ならではの就業ニーズを満たせるのは中小の調剤薬局

この記事の目次実は薬局の福利厚生は大手よりも中小の方が・・・?女性ならではの就業ニーズに、中小企業が柔軟に対応していくという形ゆったり勤務で時間はきっちり・・・それでも年収を高く取りたい場合には? 実 ...

薬キャリ取材③薬剤師の派遣事業に力を入れる理由とは

キ:御社では、競合他社と比べて薬剤師さんの派遣事業にも力を入れられていますよね。まずそもそも、薬剤師の「紹介事業」を行う会社はかなりの数に上るにも関わらず、「派遣事業」に力を入れる会社が少ない理由はど ...

薬キャリ取材④派遣薬剤師の時給は3,500円超?(1)

この記事の目次派遣薬剤師の時給、3,500円以上にもなることがあるのはなぜ?派遣薬剤師さんのニーズは地方に集中? 派遣薬剤師の時給、3,500円以上にもなることがあるのはなぜ? キ:御社に掲載されてい ...

薬キャリ取材⑤派遣薬剤師の時給は3,500円超?(2)

キ:結局、ホワイトカラーの派遣さんと違い、薬剤師はどこに行っても足りない状態ですし職を失う心配は基本的にないんでしょうね。 長:薬剤師は今のところは「売り手市場」であると言われていますので、他の業界と ...

薬キャリ取材⑥求人情報がなければ作る!「薬剤師さんがお客様」理念…

この記事の目次エムスリーキャリア(m3)9つの強みで薬剤師の希望の転職をサポートエムスリーキャリア様訪問取材を終えたキュースケの感想 キ:薬剤師という資格が非常に強い武器だということがわかってきました ...