ドラッグストア薬剤師の仕事内容、福利厚生とメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ドラッグストアで働く薬剤師の業務内容って?」

「年収はどれくらい?」

超高齢社会において重要な役割を果たすドラッグストアは、薬剤師の就職先として近年注目を集めています。この記事では、ドラッグストアの年収や仕事内容、忙しさの実態を始め、ドラッグストアに転職するためのコツをお届けします。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

1.ドラッグストア勤務の薬剤師の年収はとにかく高い

比較してわかる!ドラッグストア薬剤師の年収の高さ

まずはドラッグストア勤務の薬剤師の年収を見ていきましょう。

下記の表は、職場別の薬剤師の平均年収をまとめたものです。すべての職場に当てはまるわけではありませんが、ドラッグストア勤務の薬剤師の年収は比較的高いことがわかります。

病院 400~700万
調剤薬局 450~750万
ドラッグストア 450~850万
企業(製薬など) 700~1000万

薬剤師として生計を立てるなら、慎重に職場を選びたいもの。薬剤師としての経験をある程度積んでからの転職の場合は、年収をさらに上げられる可能性もあります。

まずはあなたが希望する年収はいくらなのか、考えることが大切です。

ドラッグストア薬剤師の年収が高いのはなぜ?

なぜドラッグストア薬剤師の年収は、ほかの職場より高いのでしょうか。

一番大きな理由は、民間企業としての大きな資本を持っているからです。

病院や調剤薬局も立派な企業と言えますが、国公立病院や県立病院機構などは、法人の種別によっては診療報酬、保険点数などの国からの収入で成り立っている部分が大きく、スタッフの報酬を自由に決めるわけにはいかないのです。

その点、ドラッグストアは完全に民間企業の運営です。社員のモチベーションをあげたり、優秀な人材を獲得したりするために、業界より高い給与水準を設定できるのです。

ドラッグストアで扱う商品は、日用品からサプリメントまで多岐に渡ります。最近ではOTCなど利益率の高い医薬品を販売するよう勧奨し、売上目標金額を達成したら報奨金を用意するところも増えています。

シフトでの交代勤務となるため、土日祝に休みたい方には不向きですが、残業や休日出勤手当、代休があるため、「年収をアップしたい」「自分の時間をもっと確保したい」といった理由で転職を考えている方には魅力的な職場でしょう。

調剤薬局が併設されていないドラッグストアは、調剤業務など薬剤師にしかできない仕事が少ないのが特徴です。薬剤師としてのスキルアップを望む方は、物足りなく感じるかもしれません。

ドラッグストアに転職希望の方が気を付けたいのは、入社後の年収です。

ドラッグストアのなかには、昇給や昇進の条件として、個別の売上目標を設定しているところもあるようです。調剤薬局や病院薬剤師などの流通業界以外から入社した場合、目標に苦しめられ、退職してしまうケースもあるといいます。

初年度の年収が高く設定されている場合は、入社後なかなか昇給しない可能性もあります。

昇給を諦め、再び転職を検討する方もいるので、転職を考える際は、自分が希望する将来設計や生涯年収のボーダーラインを考えておくとよいでしょう。

2.ドラッグストア勤務の薬剤師の仕事内容

ドラッグストアの仕事内容は、簡単なことから専門的なことまで多岐に渡ります。ここでは、おもな仕事内容を紹介していきます。

基本的にドラッグストアの仕事は、調剤業務以外が主流です。おもな業務は、医薬品の販売、お客様のニーズに合わせた商品のアドバイス、処方箋の調剤業務、レジ業務、品出し、受発注業務などです。

調剤薬局が併設されている場合は、処方箋の調剤業務以外にも、おくすり手帳を見て薬やサプリメントとの飲み合わせをチェックしたり、お薬に関するカウンセリングなども行います。

病院勤務の薬剤師よりも、お客様と接する仕事が多いので、接客が好きな方はやりがいを感じるでしょう。

さまざまなお客様が来店するため、対応力もつきますし、土地によっては外国人のお客様が多く訪れることも。英語や韓国語など、語学が役立つ機会もあります。

職場での役職や職位が上がれば、部下のマネジメントや複数の店舗統括などスーパーバイザー的な仕事を担うケースもあります。

「薬剤師としての業務以外の仕事はない」と事前に面接で聞いていたとしても、いざ現場に配属され、周囲が忙しそうに働くなか、何も手伝わないという選択ができるでしょうか。

組織の一員として働くのであれば、忙しいときや手が足りてないときなどは臨機応変に手伝う姿勢を見せたほうが、周囲との関係はうまく行くでしょう。

薬剤師として採用されたのだから、薬剤師にしかできない仕事だけしたい」という言動は、あまり歓迎されないのが実態です。

どうしても調剤業務以外の業務を避けたい方は、調剤薬局併設のドラッグストアを探すのがオススメです。

3.ドラッグストア薬剤師のメリット・デメリット

ドラッグストア薬剤師の4つのメリット

ここからは年収面以外で、薬剤師がドラッグストアで働くメリットを紹介します。

1.好待遇で働ける

よい人材を得るために、手当や休日、福利厚生を充実させるドラッグストアが増えてます。勤務体制もシフト制のため、比較的残業が少なく、プライベートを満喫したい方にはぴったりです。

2.仕事の幅が広がる

薬剤師といえど、ドラッグストアによっては品出しや商品陳列、ポップ制作など店舗運営業務に携わることもあります。店舗の売上が上がる方法を考え、仮説を立て実行し、効果測定を繰り返し、結果を出すことを求められます。

一見難しそうに見えますが、このようなPDCAスキルは転職の際に企業からとても重宝されます。自己成長も期待できるでしょう。

3.求人数が多い

薬剤師がいないと医薬品の販売ができないため、ドラッグストアの運営には薬剤師が欠かせません。

病院や企業薬剤師に比べると、。薬剤師は売り手市場ですから、ドラッグストア業界でもよい人材を獲得するため、好条件を出して争奪戦を繰り広げています。そのため、条件の基準が高くなっています。

「自宅の近くで働きたい」「繁盛店でさまざまなスキルを身に着けたい」など、求職者のさまざまな要望に応えられるのがドラッグストアなのです。

4.提案力が身につく

ドラッグストアには、「病院に行くほどではないが、体調が悪い」「突然湿疹が出た」「転んで足を強打した」など、あらゆる症状の方が来店されます。薬剤師はその症状に合わせて、プロとして最適な薬を提案しなければなりません。

病院薬剤師は処方箋通りの調剤が中心ですが、ドラッグストアでは自分の知識と経験から薬を選んだり、医薬品に関する疑問や不安に答えたりする必要があります。 薬の提案力や、お客様を安心させるためのスキルは、日々の接客を通して磨かれるでしょう。

ドラッグストア薬剤師の3つのデメリット

メリットとは逆に、ここからはドラッグストア勤務のデメリットについて解説します。

1.勤務時間を調整しづらい

ドラッグストア業界は小売業に分類されます。多くの小売業が慢性的な人手不足ですが、ドラッグストアも例外ではありません。

ドラッグストアは、薬剤師がいないと医薬品の販売ができません。

そのため「人手不足の店舗は、勤務時間の調整が大変」という声も。

時短勤務や子どもの用事で早退するときは、代わりの人材を自分で手配しなければならないルールを設けているところもあるようです。シフトや店舗の営業時間によっては、深夜まで働くこともあります。

2.薬剤師以外の業務もやらなければならない

アルバイトやスタッフが不足していたり、お客様がたくさん来店したときは、薬剤師もレジ対応や品出しをしなくてはならない場合があります。

病院薬剤師と比べるとルーティン化しやすい業務が多いため、薬剤師としてのスキルアップを求める方は少し物足りないと感じるかもしれません。

3.クレーム対応をしなくてはならない

薬剤師も立派な接客業ですから、時にはクレーム対応も発生します。店舗によっては1人の店長が複数店舗を管理しており、トラブルが発生時に店舗に店長がいない、なんてことも。

そのような場合は、自分のミスでなくても薬剤師が謝罪したり、その後の報告業務などを行う必要があります。

ドラッグストア求人の選び方と転職する際の注意点

ドラッグストアの求人は数が多いので、転職エージェントに相談するのがオススメです。

自力で探すのもよいですが、企業ごとに条件や待遇などが違うため、転職に慣れてない方は条件優先で選んで失敗してしまう可能性もあります。

転職のプロであるエージェントに希望条件を伝え、理想の働き方やあなたの価値観に合う企業を探してもらう方が安心でしょう。

薬剤師専門の転職サイトに登録すれば、求人の紹介以外にも、キャリアカウンセリングや履歴書作成のお手伝い、面接指導などさまざまなサービスを無料で受けることができます。

ドラッグストア薬剤師への転職を成功させた方の多くが、転職サイトを利用しています。希望通りの年収や条件で転職したい方は、ぜひ一度、転職エージェントに相談してみましょう。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

ドラッグストア薬剤師はブラック?「超リアル」体験談と見極めテク

「ドラッグストアは激務で、ブラックが多いらしい…」そんな噂を聞いたことはありませんか。この噂が立つ原因としては、ドラッグストアが調剤のみならず、一般商品の品出しや管理、レ…

【体験談】サンドラッグの薬剤師は本当に給料高い?評判の求人を比較

「サンドラッグで働きたい」「大手ドラッグストアが気になる」と思っている方も多いのではないでしょうか。 サンドラッグは、薬剤師にとって高収入が実現で…

ウエルシア薬剤師は年収650万|大手ドラッグストアと徹底比較

薬局の中には、大手薬局だけでも様々な薬局がありますが、どの薬局に転職しても同じ給料が貰えるわけではありません。高い年収が貰える薬局、そうでない薬局と様々です。薬剤師の方で、「ウ…

ドラッグストアにおける薬剤師のキャリアとは?

ドラッグストアは薬剤師の職場の一つですが、働くとしたら気になってくるキャリアのこと、給与のことなどをまとめました。

女性薬剤師に人気のツルハドラッグ。その秘密は?

年収も年間売上高も上位にあるツルハホールディングス。本社は札幌です。当社の活動は地域コミュニケーション活動、社会福祉活動、在宅介護など多岐にわたっています 転職活…