薬剤師が実務に沿った英語を賢く身に着けるための4つの勉強法

グローバル化が進む現在では、薬剤師も英語ができると仕事の幅が広がります。ここでは、英語を勉強するための方法や、英語力を生かして、国内に限らず海外でも薬剤師として働ける職場をご紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.薬剤師にあった英語スキルを身に着ける学習法

薬剤師が英語力を身に着けるトレーニング方法として大きく4つあります。

海外の単語商品詳細ページ、英文を読む

医療機器、商品の知識が英語で書いてあるので、業務上で利用できる実務的な語彙能力を身につけることができます。参考書で言葉と意味をただ単に覚えるだけでなく、例文として英語を覚えることができます。

転職サイト、転職相談所に登録して、無料の教材を使う

大手調剤薬局の研修で利用している学習ツールを無料で利用できたり、ネイティブスピーカーの発音を聞けたり、自分で用意するよりも安く、かつ高品質な教材を場所を問わず、利用することが可能です。

土日休みを利用して語学学校へ通う

「自分で勉強するのはモチベーションが続かない」という方は、土日を利用して語学学校に通うのをおすすめします。ネイティブの先生とのディベート等、より実践的な語学を学習できるので、外資系の製薬会社を目指す方は特におすすめです。また、語学学校では、基礎的な英文法から、応用のある英作文まで学べるので、初心者から上級者へのステップアップも可能です。

思い切って留学してみる

本当の語学能力を身につけるためには、アメリカやカナダのような英語を母国語としている国で、実際の体験を通して学ぶことが一番の方法です。日本で文法書籍や単語帳を読んで覚えるよりも、現地で学習すれば、瞬時に言葉に反応できるようになります。

2.英語が必要な薬剤師の職場

英会話のスキルがあるとよい職場はどこでしょうか。東京の外資系の会社や製薬企業、メーカーでは英語が必要になる職種があります。海外の会社とのやり取りに英語でメールを書いたり、会議を英語を使うこともあります。

英語を使う仕事としては、学術では海外の文献などの英語記載の資料や情報を収集して、MRに情報を提供します。開発やPMSでも、海外の医薬品データに関わることが多くなります。研究に関わる薬剤師では、海外の文献や資料を分析することがあり、専門的な英語を読解することも求められます。

自分の論文は英語で書くことも必須です。これらの職場では英語力が求められますので、応募する際に、TOEICなどの結果が必要なこともあると思います。

臨床試験に関わるCROも英語力が問われます。海外の論文や文献を読んだり、治験の効果や薬事申請の過程の書類作成にて英語が必要なことがあります。外資系の会社では、臨床試験を世界にある会社と共に進めていくこともあり、ハイレベルな英語力も求められます。

その他、医療通訳、医療翻訳という分野で活躍する薬剤師もいます。外国人や海外からの旅行者が多い地域では、日本語がわからない患者さんもたくさんいます。病院などの医療機関で薬の説明などを行うときは、一般的な英会話よりも薬に特化した専門的なレベルも必要になります。

薬局やドラッグストアでも、外国人の患者さんやお客さんがこられることは珍しくありません。英語ができると、よりよいサービスができるといえます。これからの時代では、英語で対応できる薬剤師は各職場で活躍していくことができるでしょう。

3.語学力を生かせる職場の探し方

製薬会社で語学力が生かせる職場の求人はわずかです。新卒や社内からの異動で採用されることが多いといえます。研究職は学歴も必要ですので、転職は狭い門であると思います。

しかし、欠員を募集することもありますので、転職したい人は幅広い求人情報を探していきましょう。

臨床関連の職種は中途採用も行っていますので、薬学の専門性と英語力を生かせる注目の職業となっています。TOEICなど、あなたの英語力を測定するテストをうけて、ビジネスや仕事に使える英語力を資格として証明できるようにしておきましょう。

4.海外で働くために必要なことと注意点

英語力を生かして、海外の病院や薬局で働きたいと考える人もいるかもしれません。

残念ながら、日本の薬剤師の免許は海外では有効ではなく、そのままでは資格所持者として働くことはできません。

国によってシステムは異なりますが、その国の大学に編入するか、一から入学してそれぞれの国で認められた試験を受けなおすことになります。海外の医療現場で働くことは、容易なことではありません。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬品管理業務の仕事!業務内容や年収、必要な資格について

薬品管理の仕事とは、どのような職なのでしょうか。業務内容や年収、どのような資格が必要か、また持っていると有利な資格はあるのかなどについて説明してまいります。

年収も福利厚生も最高クラス!企業薬剤師という「賢い」働き方

薬剤師の仕事といえば「薬局で調剤」のイメージが強いですが、薬剤師にはそれ以外にもできる仕事、働ける職場があります。それが製薬会社等の企業で働く「企業薬剤師」です。薬剤師が活躍す…

食を通じて健康を支える仕事! 薬剤師が食品メーカーで実現できること

薬剤師が活躍できるステージは多様です。食品メーカーもそのひとつ。高齢化が進み、健康に着目する人々が増えている近年、セルフメディケーションの考え方も浸透しています。食品メーカーでは、健康を増進する新…

MRの仕事!業務内容や年収、求められる資格について

薬剤師が求められる職種の1つに『MR(Medical Representative:医療情報担当者)』があります。主に製薬企業に勤め、自社製品の営業活動を行う仕事ですが、具体的にはどのような業務を行い、どのような場面で活…

薬剤師が研究・開発職に転職する、とっておきの方法とは?

薬剤師の転職のなかで最もハードルが高いとされる研究・開発職への転職。しかし新薬の開発に携わることは不可能ではありません。ここでは研究・開発職を目指す薬剤師はどのようなキャリアを選ぶべきかを紹介しま…

  1. 薬キャリ

    薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
    • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
    • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

    無料登録する

  2. マイナビ薬剤師

    利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

    • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
    • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
    • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

    無料登録する

  3. ファルマスタッフ

    薬剤師の高年収求人の宝庫!

    • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
    • 「職業紹介優良事業者」に認定
    • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

    無料登録する

最新記事