病院薬剤師として転職する!未経験者の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幅広い業務内容と福利厚生や待遇面も魅力の「病院薬剤師」。ですが、病院勤務経験がない場合は、一般的には病院薬剤師として転職することは難しいと言われています。病院薬剤師のメリットとデメリット、そして未経験者が病院薬剤師として就職・転職する方法についてご説明いたします。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

1.病院薬剤師のメリット

病院薬剤師として働くことは、調剤薬局などの薬局やドラッグストアなどで勤務することに比べると、どのようなメリットがあるでしょうか。

幅広い業務に携わる

病院薬剤師も調剤業務や服薬指導など、一般の調剤薬局と同じ業務もこなします。ですが、近年特に重要性が増している入院患者と身近に接する病棟業務や、がん患者などへの注射調剤や注射剤投与、医薬情報管理を薬局より大規模かつシステマティックに行うDI業務なども行います。

チーム医療を実践できる

病院には、医師や看護師・作業療法士・理学療法士・管理栄養士などの様々な資格を持った職員が仕事をしています。関連スタッフが協力して進めるチーム医療を経験できることは、病院薬剤師ならではの大きなメリットです。

研究活動に携わることができる

病院では治験や学術研究が実施されています。薬剤師にも参加が求められていますので、研究経験を積むことができます。

勉強会や研修の機会が多い

薬局でも勉強会や研修を実施することがありますが、病院ではさらに多くの教育制度が提供されています。最新の医療情報を習得し、スキルアップするチャンスとなるでしょう。

年収が着実にアップしやすい

病院では、年収が勤続年数に従って増える場合がほとんどです。着実に給与が増えていくのも、病院勤務のメリットと言えるでしょう。

2.病院薬剤師のデメリット

では、病院薬剤師にはどのようなデメリットがあるでしょうか。

残業が多い、夜勤・休日出勤がある

業務が立て込み残業となることや、勉強会が頻繁に行われ、就業時間が終わってもなかなか帰れないこともあります。また、病棟における夜勤や休日出勤もあります。土日休みではなく、4週間で8日の休みと規定されている施設が多いです。

常に向学心が求められる

研修制度や教育制度が充実していることは、学ぶことが好きな人にとっては非常に魅力的なシステムですが、育児・家事と両立させている人や、学ぶことが不得手な人にとってはデメリットともなるでしょう。勉強会に参加して当然という風潮がある環境も多いですので、欠席しにくいと感じることもあります。

3.未経験者が病院薬剤師として就職・転職するには

病院薬剤師のメリットとデメリットをしっかりと理解し、その上で応募する勤務先の医療の特徴を把握することが、転職前に最低限求められます。深い内容まで病院研究をすることで、面接対策に備えることができます。

転職エージェントに相談する

薬剤師専門もしくは医療系専門の転職エージェントサイトに登録すると、コンサルティングサービスを活用することができます。コンサルティングサービスでは、未経験でも受け入れてくれる病院を探してくれたり、履歴書添削や書類選考対策・面接対策なども行ってくれたりもしてくれます。仕事内容や休日・給与に関する条件を、転職先の人事課にコンサルタントが直接交渉してくれるサービスを実施している転職エージェントもあります。

勤務形態を変えてみることも

思ったような求人が見つからない時は、派遣やパートなどの勤務形態で就職して見る方法もあります。時間を決めて病院看護師として働くことで、自分の適性も見えてきます。また、病院で経験を積むことで正社員の道が開けることもありますので、挑戦してみる価値はあると言えるでしょう。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。

病院薬剤師として、チーム医療に参加する

調剤薬局などの薬局に勤務すると、調剤業務や環境によっては販売・接客を担当します。ほとんどの従業員が薬剤師もしくは販売スタッフ・医療事務スタッフですので、医師や看護師などの医療専門家と行うチーム医療…

病院薬剤師への転職が成功する志望動機の書き方3つのポイントと例文

病院薬剤師に転職を希望する場合、どのような志望動機なら採用担当者が「採用したい」と考えてくれるでしょうか。思わず採用したくなる志望動機の例文をご紹介…

【体験談】チーム医療にも必要な薬剤師|やりがいを求め企業から転職

薬剤師は、基本的に単独での仕事が多い職種です。しかし近年では、医師や看護師らで構成される「チーム医療」の一員として活躍するシーンも増えてきたようです。その背景には、厚生労働省がチームで質の高い医療…

病院薬剤師の年収は低い?その実態を具体的に調べてみた

「病院薬剤師の収入は、調剤薬局やドラッグストアなどにくらべて低い」という話を聞いたことはありませんか?この話、病院薬剤師にとっては聞き捨てなりませんし、病院薬剤師に転職を考えている方にとっても関心…