病院薬剤師として注射剤のスキルを上げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院薬剤師として勤務をすると、注射剤を扱う場面も増えてきます。調剤薬局やドラッグストアに長く勤務している薬剤師にとっては、初めは戸惑い不安になることもあるかもしれません。 注射剤に関する知識やスキルを身につける方法についてご説明します。

★厳選!病院薬剤師におすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 病院の求人を探す
薬キャリ 半年以内:正社員

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:派遣・パート

詳細を見る

1.注射剤とは

注射剤とは、腕や肩などに注射針を刺して皮下もしくは血管に直接薬剤を注入するタイプの薬です。内服薬と比較すると、薬の量を減らせるだけでなく有効性も早いと言うメリットがあります。ですが、効き目が強く副作用が出てしまうことや、管理や衛生に問題があるときは細菌感染する恐れもあります。

それぞれの特徴によって4つに分類することができます。

水性注射剤
溶媒として水を使用したもの。有効成分が水溶性の時に選択される。
非水性注射剤
プロピレングリコールや植物油などを溶媒として使用しているもの。有効成分が難溶性のときや、効果を持続させたいときに選択される。
固形注射剤
薬剤がフリーズドライ(凍結乾燥)状である時、溶解もしくは降り混ぜながら注入する。抗生物質の時に選択されることが多い。
懸濁性注射剤
難溶性のときに選択される。成分を微粉砕して、降り混ぜながら注入する。

2.注射剤のスキル上達方法

結論から言うならば、実践を積み重ねることしか注射剤のスキル上達方法はありません。「下手に打ってしまうなら患者さんに申し訳ない」と考えることは悪いことではありませんが、いつまでも下手でいつまでも患者さんに迷惑をかけてしまうよりも、早く上手になって患者さんに痛い思いをさせないようになる方が、患者さんにとっても薬剤師本人にとってもメリットです。コツをいくつかご紹介します。

慣れないうちは誰かに見てもらう

入院患者さんに注射剤を投与するときに、1人で患者さんに相対するのではなく医師や看護師などの医療スタッフとベッドサイドを訪問することができます。チーム医療の利点を活かし、積極的にアドバイスを受けましょう。2~3度ほど困難な状況が続くときは、他のスタッフに代わってもらいましょう。

下手であることを隠さない

病棟でがん化学療法などの薬物療法を行っている患者さん等、何度も投与する機会がある患者さんには、「この薬剤師さんは下手だね」と面と向かって言われてしまうかもしれません。そんな時も変に隠そうとするのではなく、「絶対に上手になって、○○さんに痛い思いをさせないようにしますから、ご協力お願いします!」とポジティブに対応することができます。隠そうとしないことで、患者さんの協力も期待できるのです。

あわててもゆっくりしても結局は同じ

医療機関あわててもゆっくりしても結局は同じも急いで行わなくてはという気持ちになります。ですが、あわてたところで投与がうまくいくわけでもありませんので、ゆっくりと気持ちを落ち着かせて注射することが大事です。

3.病院薬剤師の求人を探す

薬剤師だけではなく、医師や看護師、理学療法士、作業療法士などの医療従事者がチームとして働くのが病院などの医療施設です。

薬剤師として調製業務や服薬指導の業務を行うことも大事ですが、他の専門家たちとの相互作用により、幅広いスキルや知識を身につけられる場所でもあります。また、入院患者や外来患者との関わりを通して、栄養や服用の指導技術の向上や、医薬品の安全性や薬物情報・使用法など説明するスキルの向上、コミュニケーション力の発展も期待できるでしょう。

転職サイトを活用する

ネット上には、薬剤師専門の求人サイトや医療関係者専門の転職情報サイトが豊富に存在します。それらのサイトを活用するならば、病院勤務の薬剤師求人情報を在宅で入手することができます。また、研修制度が充実している医療機関などの情報も特集されていることがありますので、スキルアップを目指す人はチェックして見ましょう。

医療業界での知名度圧倒的No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い病院求人を網羅
  • 病院求人数は約3,400件と業界トップクラス
  • 専門コンサルタントが希望条件に合う病院求人を提案

病院薬剤師への無料転職相談会を平日毎日開催!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 徹底した職場調査で病院の内部事情を話してくれる。
  • 希望者には、担当コンサルタントが面接に同行。
  • 病院に転職後のアフターフォローも親身に対応。

独自の薬剤師育成プログラムを運営!ファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • チーム医療に携われる病院求人が豊富
  • 国内16ヵ所の営業所を起点に医療機関との密な連携
  • 教育制度も充実で働きながら学びたい方にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

病院薬剤師でキャリアアップ|必要なスキルや業務内容を徹底調査

民間病院や大学病院で働く病院薬剤師さん。どの病院でもやりがいがあり、患者さんに最も身近に関係します。そんな病院薬剤師さんのお仕事はどのようなスキルを求められ、何を学んでいくのか、また病院薬剤師さんの…

病院薬剤師こんなはずじゃなかった!絶対に失敗しない病薬転職の方法

「院内での地位が看護師よりも低くてツラい…」。 「最先端医療の現場で、医師や看護師と肩を並べて働けると思ったのに!」 チーム医療…

病院薬剤師のメリット、チーム医療のやりがい

病院薬剤師はチーム医療の一員として活躍しています。高い専門性が求められ、さまざまな患者さんのサポートをするため、責任が重く大変なこともあるようですが、やりがいを感じている薬剤師さんは多いです。

クリニックで働く薬剤師ってどうなの?年収、仕事内容、求人を徹底…

「病院の激務に疲れてしまった…」「もう少し落ち着いて働きたい」と考えている薬剤師におすすめなのがクリニック勤務。 病院ほどの激務になる可能性は…

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。