病院薬剤師新卒3年目は転職適齢期!?20代でキャリアチェンジに成功する方法

薬剤師3年目となると一通りの業務はこなせるような時期ですがしかし、仕事に慣れてしまうことから物足りなさを感じ、転職を考える薬剤師も多いようです。

そこで薬剤師にとって3年目が転職適齢期である理由、病院薬剤師のスキルを応用できる次の職場について紹介していきます。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.新卒3年目が転職適齢期であるの3つの理由

理由1:最初のベストタイミング

新卒3年目になると、病院薬剤師としての仕事や職場に、いち社会人として慣れてきたので、自分を振り返り、見直す余裕ができます。新卒1年目の時のように覚えることに必死になっていない今は、自分のスキルと今後のキャリアにとって最高の選択が出来る最初のベストタイミングです。

理由2:年齢によって求人数が減る

年齢が上がるほど他業種、他職種への転職は難しくなります。年齢が上がってくると体力面の衰え、新しい職場に適応するための柔軟性の低下などにより求人側が年齢制限を設けている事があり、求人数はぐっと減ってしまいます。他業種が気になる、興味がある、やってみたいことがあるなら、20代のうちに転職することをおすすめします。転職がしやすい事はもちろんのこと、若いうちの方が知識も吸収しやすいですし、スキルを磨きやすいでしょう。そうなれば給与も今よりアップする可能性がグンと高まります。

理由3:先輩を見て分かること

これは決定的に言えることなのですが、いま働いている職場の5年目の先輩があなたとあまり変わらない仕事内容をしているのであれば、あなたも5年目、さらには10年目も同じ業務を行っていることでしょう。その見極めにおいて新卒3年目がベストなタイミングなのです。いつまでも同じ業務で、なかなか給与も上がらないのであれば、違う職場の薬剤師とのスキルや給与で大きな差が出てくるでしょう。

2.病院薬剤師のスキルがそのまま活かせる転職先

チーム医療や、入院患者のベッドサイドまで出向いての服薬指導、注射薬液の調剤など、薬のスペシャリストである病院薬剤師が持つ幅広いスキルがいかせる職場を紹介していきます。

製薬会社

病院薬剤師が実際に医師、看護師、そして患者と向き合って学んだ薬剤の知識や、自らのコミュニケーションスキルは、製薬会社で大きな武器となります。

製薬会社の業務は新薬の開発・製造から薬品の販売まで多岐に渡るので、当然ながらそこで働く薬剤師の業務にも様々な仕事内容が存在します。たとえば研究職・開発職・MR職などがあげられます。

製薬会社は、薬剤師にとって人気の就職・転職先であり、薬剤師資格の保有者のうち約15%の方々が、製薬会社で活躍しています。

MR職を例にすると武田、エーザイなど大手企業の製薬会社では、30代でも平均年収が1,000万円を超えています。

調剤薬局

調剤薬局では、処方箋の内容を確認し、飲み合わせ・副作用・量・飲み方などをチェックし、患者一人一人に服薬指導等を行います。

調剤薬局薬剤師は、調剤業務や患者への服薬指導がメインとなります。疑義照会やカルテの整理なども行いますが、今まで病院薬剤師として学んできた方ならすでに経験済みの業務です。調剤薬局ならさらなるスキルアップ、キャリアアップが可能です。

新薬もどんどん出てくるので、日々勉強が必要ですが、その分得られるやりがいや知識も豊富です。総合病院の門前調剤薬局の場合、一般的に処方される医薬品のほとんどについての知識が得られるので、次の転職にも非常に有利に働きます。

ドラッグストア

ドラッグストアには様々な客が訪れます。しか、病院薬剤師として培われた服薬指導のスキルや、3年間で関わった経験はそこで活かされるはずです。

ドラッグストアでの薬剤師の業務内容は多岐にわたり、主に1,調剤業務のみ 2,OTC販売のみ 3,調剤業務+OTC販売の3パターンに分かれます。

そのほかにドラッグストアでは、「薬剤師」=「店長」ということも多くシフト勤務の調整、売上やコスの管理、経営に直接タッチすることもあります。

3.転職の相談にしっかり対応リクナビ薬剤師!

新卒3年目が転職適齢期である理由と、病院薬剤師が転職する際におすすめする職場を説明してきました。

しかし、実際転職となると男性女性に関係なく不安、悩み、分からないことが多く足踏みしてしまうことが少なくありません。

そこで、薬剤師転職求人サイトの「リクナビ薬剤師」のコンサルタントの利用をおすすめします。その理由はズバリ、コンサルタントの質です。他の転職サイトのコンサルタントと比べ、転職者の相談をじっくり聞いた上でピッタリの求人を厳選し、紹介するのがリクナビ薬剤師独自のスタイルです。

新卒3年目の転職は、人生において大事なターニングポイントです。だからこそ、転職のプロにじっくり相談する必要があります。リクナビ薬剤師のコンサルタントなら、必ず力になってくれるでしょう。転職で悩んでいるならば、相談だけしてみてはどうでしょうか?もちろん登録は無料ですよ。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

病院薬剤師の年収は?魅力は?そしてキツイところは?徹底的に調べ…

調剤薬局やドラッグストアなどで働く薬剤師にとって、「病院薬剤師」がどのような仕事をしているのか気になるところですよね。このページでは、病院薬剤師について詳しく紹介し、年収ややりがいなどにも迫ってみま…

調剤報酬点数表の仕組みと使い方について

厚生労働省で定めている『調剤報酬点数表』は、どのように利用することができるのでしょうか。各項目の解釈やしくみについても説明いたします。

病院薬剤師の仕事!注射剤の調剤方法と注意点

病院薬剤師の業務の中に、注射剤の調剤が含まれます。注射剤を調剤するには何に気をつけることができるのか、患者への投与方法や報酬点数、また、薬局での注射剤の調剤について説明いたします。

病院薬剤師として、チーム医療に参加する

調剤薬局などの薬局に勤務すると、調剤業務や環境によっては販売・接客を担当します。ほとんどの従業員が薬剤師もしくは販売スタッフ・医療事務スタッフですので、医師や看護師などの医療専門家と行うチーム医療…

病院薬剤師の残業は当たり前?年代別の残業時間と給与比較リスト

この記事の目次1.病院薬剤師の残業が多くなる4つの理由2.病院薬剤師の残業代と平均的な残業時間3.残業が少ない職場を見つける方法 1.病院薬剤師の残業が多くなる4つの理由 病院薬剤師は残業が多めと言わ ...

  1. 薬キャリ

    薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
    • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
    • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

    無料登録する

  2. マイナビ薬剤師

    利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

    • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
    • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
    • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

    無料登録する

  3. ファルマスタッフ

    薬剤師の高年収求人の宝庫!

    • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
    • 「職業紹介優良事業者」に認定
    • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

    無料登録する

最新記事