薬剤師の転職!一年目で転職は早すぎる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬剤師として働き始めてみると、現実と理想のギャップに転職を考えてしまう瞬間が何度も訪れることもあるでしょう。例え新卒で薬剤師歴一年目の場合でも、「自分は他の業種が向いているのでは?」「職場を変える方が良いのでは?」と感じることがあるのではないでしょうか。一年目で転職するメリットとデメリット、一年目の薬剤師が学ぶべき事柄、そして良い職場を見つける方法についてご説明いたします。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 こんな方にオススメ! 求人を探す
薬キャリ 6ヵ月以内に転職したい方

詳細を見る

マイナビ薬剤師 6ヶ月以上先で転職したい方

詳細を見る

ファルマスタッフ パート・派遣(扶養内)希望の方

詳細を見る

1.一年目で転職するメリットとデメリット

新卒で働き始めた職場を3年以内に離職した人を「第二新卒」と呼ぶことがあります。雇用形態の多様化や、若者の仕事に関する意識の変化から、第二新卒は非常に増えているのが現状です。適性を早めに見抜くという点においては、就業一年以内に見切りを付けることは時間を無駄にしない良い方法とも言えます。

ですが、会社や採用担当者によっては、「社会人として必要な根気が無い」「何をしても長続きしない」「人間性やコミュニケーションスキルに問題があるかもしれない」と判断しますので、就職に不利になることもあるのです。また、新卒の場合は新人指導や新人教育を実施しても、まだ知識・経験値的には新人に属する「第二新卒」者には研修を実施しない病院や薬局などの職場もあります。

2.一年目の薬剤師が学ぶべき事柄

一年目の薬剤師には、勉強すべきことや身につけるべきスキルなどがたくさんあります。目標とすべき先輩方を手本に、調剤技術や薬剤情報などを積極的に習得して行きましょう。薬剤関連以外でも、医学や看護学の知識も積極的に習得するならば、よりスキルアップすることができます。転職する際にも大きなアピールポイントとなりますので、現場でも家庭でもどんどん学んでいきましょう。

また、医師や看護師、患者などと立場の違う人々との人間関係を良好に保つことも、社会人に求められる大きなスキルです。総合病院の調剤室での業務の場合でも、チーム医療を達成するために病院内の他のスタッフと円滑な関係を築くように進んで努力しましょう。

3.良い職場を見つける方法

現状から見るならば、最低でも一年以上は一つの職場に勤務している方が、転職する際にも有利に働きます。ですが、勤務先で大きな悩みを抱えている場合や、転職したい理由がはっきりとしている場合には、思い切って環境を変えるために転職して見るのも良い方法です。

ですが、個人で求人情報を検索していても、第二新卒を積極的に迎え入れてくれる職場を見つけることは難しいかもしれません。また、研修や教育などの制度が充実している職場を見つけることも、困難な場合も多いでしょう。

そのような場合には、医療従事者専門の転職サイトや、転職志願者1人1人の希望を理解して薬剤師としての就職先をコーディネイトしてくれる「キャリアコンサルタント」がいる転職エージェントサイトなどを活用して見るのはいかがでしょうか。

第二新卒に積極的に教育を行ってくれる職場や、第二新卒かどうかを問わない医療機関、個々の能力に応じて薬剤師以外の管理業務や営業職を募集する求人先などの紹介を受けることができます。また、転職を実行する前に、年収や休暇・手当などについても具体的にキャリアコンサルタントを通じて交渉してもらうことも可能です。

自分自身もまだ気付いていない「自分の可能性」を見つけるためにも、転職エージェントに相談して見ることができるのです。悩みを抱えて行き詰ってしまう前に、新たな一歩を踏み出す準備を始めましょう。ほとんどの転職エージェントサイトでは無料で登録・相談が行えます。気軽に活用して見ることで、新たな未来が開けるかもしれません。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

男性薬剤師にとって「恥ずかしくない年収」のラインは何万円?

男性薬剤師の皆さん、今の年収に満足していますか?「同年代の薬剤師と比べるとどうなんだろう?」という疑問は、当然浮かんでくるかと思います。 このページでは「男性薬剤師と仕事…

薬剤師転職の仕事の選び方と転職失敗しないための口コミ・体験談6選

【マンガ】「転職したい」と考えているけれど、不安があって一歩を踏み出せずにいる…。この記事ではそんなモヤモヤを抱えた薬剤師のために、最低限これを知っておけば転職活動が始められる、という転職の基礎知…

あなたの職場は大丈夫??薬剤師で退職金をもらえないパターン

薬剤師の退職金は病院、調剤薬局など働く職場によって平均相場は大きく異なり、場合によっては退職金が無いという可能性もあるのです。勤続年数によっても金額に差があるので、きっちりと…

調剤だけじゃない!薬剤師の「多様な」仕事内容を職種別に徹底紹介

薬剤師が活躍する職場は調剤室だけではありません。薬のプロフェッショナルとして、製薬会社や病棟など、様々な場所で活躍しています。 このページでは薬剤師の仕事内容を職場別に紹介しています。今の…

薬剤師の転職方法!転職成功のための方法と注意すべきポイントとは?

転職によるキャリア&給料アップ。生涯年収の面で恵まれていると言いがたい薬剤師なら、一度は脳裏に浮かべたことでしょう。「転職は未経験だけど、チャンスがあれば」「20代も後半になり、思い切ってキャリアア…