薬剤師の転職で失敗しないために確認すべき3つの項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

始めて転職する薬剤師が対策を取っておくべき事をご紹介いたします。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 転職希望時期:働き方 求人を探す
薬キャリ 半年以内:派遣

詳細を見る

マイナビ薬剤師 1年以内:正社員

詳細を見る

ファルマスタッフ 半年以内:パート

詳細を見る

1.薬剤師の転職は超売り手市場

数年前までは薬剤師業界は大学の薬学部新設ラッシュなどもあり、薬剤師が余ると言われていました。大学の薬学部が6年生になると薬剤師国家試験の合格者が大幅に増えると予想されていましたが、ふたを開けてみるとそうでもありませんでした。

そして今、薬剤師の転職は超売り手市場と言われています。その背景としては、ドラッグストアの併設調剤薬局や大手チェーンの調剤薬局の増加があります。さらに、老人介護施設や在宅医療という新しい医療形態の出現により、これらの医療サービスにおいても薬剤師の活躍の場が広がっています。

しかし、売り手市場だからといって安易に転職先を決めるべきではありません。人件費を抑えるために派遣薬剤師やパート薬剤師の雇用形態を多く長く働けない職場や、人間関係があまり良くない職場などもあります。

転職活動をする際は、求人情報をしっかり確認し失敗しないようにしたいものですね。

2.転職失敗した薬剤師が転職前に確認しなかった条件3つ

薬剤師転職体験談やインタビュー記事などを見ると、転職先の情報をきちんと確認せずに転職してしまったために転職を失敗してしまったケースが非常に多いです。

ここでは、転職に失敗した薬剤師が転職前にきちんと確認しなかった条件を3つご紹介します。

仕事内容・勤務形態をしっかり確認しなかった

ほとんどの転職者は給料についてはしっかり確認するのですが、それ以外の条件についての確認が不十分なことがよくあります。

「調剤業務だけかと思っていたら、ドラッグストアの商品の在庫管理ばかりやらされた」、「土日休みと思っていたら、どちらかは出なければならなかった」などです。

当たり前と思っていた条件が全く違っている事もよくあるので、できるだけ細かく確認するようにしましょう。

人間関係をチェックしなかった

「人間関係は良いですか?」などと面接で聞いてもわかるはずありませんが、面接で会話した感じから職場の雰囲気をうかがい知ることもできます。

薬剤師は職場の人間があまり多くないため人間関係の良し悪しは非常に大事な事ですから、転職先の薬局見学をしても良いくらいです。

研修などのフォロー体制をチェックしなかった

病院薬剤師と調剤薬局薬剤師では、仕事内容が大きく異なります。そのため、転職後の仕事内容に対応できるかというのは、薬剤師転職の大事なポイントです。

転職先の研修などのフォロー体制が整っているかどうか、しっかり確認してください。

3.転職失敗しないためのコンサルタント活用術

確実に転職成功を得るためには、薬剤師専門転職支援サイトに登録することをおすすめします。薬剤師専門の転職支援サービスが充実していて、病院や大手調剤薬局から個人薬局まで求人案件を幅広く保有しており、非公開求人もあります。

キャリアコンサルタントが相談に応じてくれて、転職希望者の希望年収、条件に合った求人検索など、様々な転職支援を受けられます。上記にあげた転職前に確認すべき事は、転職コンサルタントがきちんと確認してくれますから安心です。

また、転職サイトに登録後、イタズラ登録防止のため本人確認の電話が来ます。「今忙しいので」と伝えて対応を先延ばしにしてもよいので、まずは電話に出ることをお勧めします(電話に出ないと、登録解除の可能性もあります)。

4.薬剤師が転職で失敗しないために利用したいサイト

薬剤師の転職支援サイトのランキングでも常に上位にある人気のサイトが「薬キャリ」です。保有する薬剤師求人数はトップレベルです。特に、調剤薬局やドラッグストアへの転職に強く、キャリアアドバイザーの対応も早いことに定評があります。「薬キャリ」ならきっと満足のいく転職サポートをしてくれるはずです。

薬剤師登録数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続No.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【薬剤師の転職の注意点】自分に合った職場発見のためのアドバイス!

「転職は未経験だけど、今以上に好条件の職場があるのなら考えたい」 20代後半ともなると、長い目でのキャリア形成やさらなる安定、満足のいく年収などを求めたくなるものですね。とくにその年代の女性には、い…

第二新卒向け薬剤師求人の探し方。失敗しない転職・就職方法とは

「残業が多い…」 「希望していた企業を諦めきれない…」 「とにかく今の職場、辞めたい」 など、現…

薬剤師が転職に失敗するワケとは?失敗談と成功のための4つのコツ

人生において一大イベントとも言える「転職」当然、失敗したくはないですよね。このページでは薬剤師が転職を成功させるためのポイントを、「先輩たちのリアルな失敗事例」をもとに…

50代薬剤師は転職ラストチャンス|求人を見る時の2つのポイント

「50代でも転職ってできるの?」「実際求人はどの位あるの?」「あともう少しで定年だし、正社員じゃ責任重すぎるかも・・・」…

あなたの職場は大丈夫??薬剤師で退職金をもらえないパターン

薬剤師の退職金は病院、調剤薬局など働く職場によって平均相場は大きく異なり、場合によっては退職金が無いという可能性もあるのです。勤続年数によっても金額に差があるので、きっちりと…