希少なデスクワーク薬剤師!仕事のやりがい、働き方と求人を探す方法

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 こんな方にオススメ! 求人を探す
薬キャリ 6ヵ月以内に転職したい方

詳細を見る

マイナビ薬剤師 6ヶ月以上先で転職したい方

詳細を見る

ファルマスタッフ パート・派遣(扶養内)希望の方

詳細を見る

1,薬剤師の企業求人の中でもデスクワークは特に希少!

薬剤師は一日中立ち仕事で調剤業務などをこなすため、案外体力勝負なところがあります。また、病院近くの調剤薬局の場合土曜日も勤務するところがほとんどなため、完全な土日休みではありませんし、ドラッグストアなどは逆に土日祝日勤務の場合もあります。そのため、デスクワークで土日祝日が休みの職場に転職したい薬剤師は結構多いのです。

デスクワークの薬剤師求人とは、どのようなものがあるのでしょうか?まず思いつくのは、大きな病院や製薬会社、医薬品卸売会社のDI業務の薬剤師募集です。DI業務とは、「Drug Information」の略で医薬品の情報管理を行うスペシャリストです。医薬品の研究は日々行われておりどんどん新しい薬が開発されるため、薬の情報や臨床実験のデータなど管理すべきデータの量は膨大です。これらのデータを、薬剤師資格を持つスペシャリストが管理しているのです。大きな病院や製薬会社には、調剤業務を行う薬剤師とは別にDI業務担当の薬剤師がいます。

他にも製薬企業や医薬品卸売会社の倉庫の管理薬剤師業務の求人などもあり希少ではありますが、薬剤師のデスクワーク求人は探せばあるのです。

2,デスクワークの多くは非公開求人

しかし、デスクワークの企業薬剤師求人のほとんどは非公開求人になっており、自分一人で転職活動をしていてはなかなか出会えませんし、まして、正社員の求人を探すのは至難の業と言えるでしょう。

さらに、そのような倍率の高い転職先に転職するためには、高い能力も求められるでしょう。豊富な薬の知識や経験を持つだけでなく、情報を管理するための管理能力の高さや、学術的な関連文献を読解する力、時には英語の文献を読む力などの高いスキルが要求されます。

このように、転職の条件は厳しいものになりますが、DI業務担当を置くような企業は大学病院や大手製薬企業の場合がほとんどですから、年収や有給休暇などの待遇も安定していることが期待できます。好条件の勤務地に転職するためには、それなりの努力も必要ということです。

3,薬剤師が非公開求人に出会うには

非公開求人に出会うためには、薬剤師専門の求人サイトに登録するのが最も近道といえるでしょう。薬剤師求人サイトは豊富な非公開求人を抱え、さらに、製薬会社や病院とのパイプも持っているため「デスクワーク中心の薬剤師求人」という希少な求人情報も紹介してくれるはずです。

また、薬剤師専門の転職コンサルタントがついて相手企業と交渉してくれますから、仕事内容や給与、残業の有無や研修体制などあなたが気になる点を確認してくれるでしょう。今までに何件もの薬剤師の転職を手掛けていますから、とても頼りになるはずです。

4,薬剤師転職サイトを複数登録する重要性

このような求人サイトに登録する場合は、複数のサイトに登録することをおすすめします。「どのサイトも同じような求人情報を扱っているのだから、一件登録すればいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、それは間違いです。

サイトによって調剤薬局に強いサイトもあれば、病院と太いパイプを持つサイトもあります。そのため、あなたの希望の求人が多いか少ないかは、登録してみなければわからない場合があるのです。

そして、意外に大事なのが転職コンサルタントとの相性です。あなたに合ったコンサルタントを見つけるまでは、最低でも3件のサイトに登録してみる必要があります。同じサイトの中でコンサルタントを変えてもらっても構いません。転職コンサルタントは相手企業の採用担当とコンタクトを取ったり勤務先の業務内容や待遇を調べてくれたりする、転職者にとって転職の命綱のような存在ですから、慎重に選ぶことをおすすめします。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【必読】50代薬剤師|未経験でも転職・就職を成功させる3つの方法

50代の薬剤師の方で、転職を考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「年齢的にもう無理なのでは...」「どこも採用してくれないだろう」と不安になってしまいますよね。その不安は未経験だと尚更大きいでしょ…

未経験薬剤師の転職への悩みを解消。転職を成功させる為の3つのコツ

調剤薬局や病院などで調剤をしてみたいけれど、「調剤の実務経験が全然ない…」「病院は未経験だから転職できるのか不安」という方はいませんか。 そういった気持ちになって…

薬剤師の免許申請には代理申請可能なの?

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しただけでは薬剤師の業務は行えません。試験に合格したら薬剤師名簿登録のための申請手付きを行いましょう。申請には薬剤師免許申請書、医師の診断書や戸籍抄(…

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

男性薬剤師にとって「恥ずかしくない年収」のラインは何万円?

男性薬剤師の皆さん、今の年収に満足していますか?『同年代の薬剤師と比べるとどうなんだろう?』という疑問は、当然浮かんでくるかと思います。 このページでは「男性薬剤師と仕事…