【必読】薬剤師の履歴書の書き方を伝授!自己PRから志望動機まで!

「薬剤師の履歴書の書き方が分からない。」 「薬剤師の志望動機の例文を見たい!」 「薬剤師って、どんな志望動機を書いているの?」 など、疑問や不安をお持ちの方必見! 履歴書の基本をおさらいしつつ、薬剤師が履歴書を作成する上で、必須な心構えやポイントを紹介致します。また、病院と調剤薬局に転職した薬剤師の志望動機の例文を交えて、志望動機の書き方を学びましょう。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 こんな方にオススメ! 求人を探す
薬キャリ 6ヵ月以内に転職したい方

詳細を見る

マイナビ薬剤師 6ヶ月以上先で転職したい方

詳細を見る

ファルマスタッフ パート・派遣(扶養内)希望の方

詳細を見る

1.採用担当者に聞いてきた!履歴書を書く上で大切なポイントとは

「よし、転職しよう」と思った時、まず準備するものが履歴書です。履歴書は基本情報欄、学歴・職歴欄、免許・資格欄、志望動機欄、本人希望欄から成ります。履歴書の役割は、過去に何をやってきたか、どんな意志で転職してきて、どうして働きたいのかを採用担当者に伝えることです。

採用担当者は履歴書を読んで、何を見極めるのでしょか。HOP独自調査で、採用担当者に聞いてみました。

採用担当者が重視する応募書類TOP3

  • 1位 職務経歴書
  • 2位 志望動機
  • 3位 転職理由・退職理由

採用担当者が最も重視する書類は「職務経歴書」になります。採用担当者は応募してきた薬剤師が過去に何をやってきて、自社の調剤薬局や病院で活かせる経験はあるのか知りたいのです。

例えば、調剤薬局の調剤業務経験は門前薬局かドラッグストアのどちらで働いたかで大きく変わってきます。門前薬局に勤めている薬剤師であれば病院専属の調剤業務が多いため、病院の医師が勧める薬を調剤します。一方で、ドラッグストアに勤めている薬剤師であれば、多種多様なOTC医薬品を扱っているため、調剤業務は少ない傾向にあります。

職務経歴書の次に、採用担当者は「志望動機」を重視します。職務経歴書と違い、志望動機は薬剤師本人の仕事への希望です。「私は◯◯がやりたいです。」「私は◯◯ができます。」と、自分の能力や経験を交えて希望を伝える場になります。

どんなに資格や稀な経験を持つ方でも、転職先の仕事とマッチしない資格や経験であれば、不採用もありえます。逆に、転職先の仕事とマッチする仕事の経験者であれば、好評価を得られます。

三番目に重要な書類は「転職理由」です。言わずもがな、「なぜ転職したのか」を伝える書類です。転職理由は人によって様々です。「年収を上げたい」「この仕事を経験したい」など、積極的な転職行動が求められています。以上、採用担当者が重視する応募書類TOP3でした。

しかし、あくまで上記の3つの応募書類は基本の書き方やポイントを押さえて上でアピールする書類になります。以下の履歴書作成の基本的な書き方とポイントを確認して、取り組みましょう。

履歴書の書き方は大丈夫!という方は、病院へ転職する薬剤師の志望動機の書き方へ、調剤薬局へ転職する薬剤師の志望動機の書き方へ進んでもよいでしょう。

1.基本情報欄

1)日付

履歴書提出日か前日の日付を記入。(投函日)

面接時に採用担当者に直接渡す場合は当日の日付を記入。(持参日)

2)写真

履歴書の写真は、その人の第一印象になります。人気病院の採用担当者は毎回の募集で多数の応募者から選ぶ時、3つのポイントを確認します。

①写真の質(スピード写真等ではないか。)

②服装と髪型(きちんとした身なりや服装で撮っているか。)

③表情(どんな印象か。)

3)年齢

履歴書提出時の年齢を記入。

4)住所

都道府県を忘れずに記入。フリガナやマンション名、部屋番号まできっちり記入。

5)電話番号

日中連絡がつきやすい番号を記入。最近は固定電話は少なくなってきているので、固定電話番号は記入しなくても大丈夫です。

6)メールアドレス

会社メールアドレスは控えて、私用のメールアドレスを記入しましょう。

2.学歴・職歴欄

1)学歴

大学名・学部・学科・コース名などを記入。

製薬会社に転職する場合は、薬学部時代に研究したテーマも記入しましょう。

2)職歴

会社名の横に業種と従業員数を書きましょう。

また、調剤薬局、病院内で複数の部署や仕事を経験した場合、役職や仕事を書くと、採用担当者は薬剤師のキャリアをイメージしやすくなります。

3.免許・資格欄

転職先の仕事に関係のあるものだけ書きましょう。

希望する仕事に活かせるものであれば、研修中の資格についても書きましょう。

4.志望動機欄

希望する職場の業務内容を十分に理解した上で、「どんな能力や経験を生かして、どんな仕事をしたいのか」を書きましょう。

次トピックで、病院と調剤薬局へ転職した薬剤師の志望動機の例文を交えて、志望動機の書き方やポイントを紹介しますが、例文は他サイトでも紹介されているので、自分と同じような境遇の薬剤師の方を参考にして、渾身の一本を作成しましょう。

5.本人希望欄

本人希望記入欄は実は「仕事に対する本人の希望を書く欄」ではありません。

本人希望記入欄は、採用担当者に仕事の最低条件と面接のための連絡を希望する時間帯を書く場所です。うっかり、本人希望通りの職種や仕事内容を書いてしまうと、採用担当者は「この条件でないと転職しないのか」と思ってしまいます。希望職種や雇用形態(バイト・契約社員)などを記載して、給与の希望はここに書かないようにしましょう。

2.薬剤師の具体的な志望動機例と解説 ~病院転職編~

病院へ転職する薬剤師は志望動機にどんな内容を書くのでしょうか。

実際に病院に転職した薬剤師の例文を見てみましょう。

①「研究職→病院」へ転職した薬剤師の志望動機の例文

大学、大学院と、がん化学療法を中心に研究をしてまいりました。研究を続けたい気持ちもありましたが、机上の学問ではなく、実際の医療現場で患者さんの生の声を聞き、スタッフたちとともに患者さんの抱える問題に当たることがもっと大事だと言うことに気付きました。がん治療に関して実績が高いだけでなく、患者さんのQOLを高める独自の取り組みをされていることにも大いに感銘を受けています。貴院の素晴らしいがん患者のターミナルケアを含む全てのケアと取り組みに、私も参加したく思っております。よろしくお願いします。(246文字)

【解説とポイント】

がん化学療法を長年研究してきた経験を生かして、終末医療に貢献したいという意気込みが顕著に表れています。また、医療現場で患者さんの声を聞いた時に自分も現場で働きたいという動機と病院の繋がりが明確になっています。志望動機のポイントの一つとして、「終末医療」「チーム医療」など、最近の病院薬剤師の動向に関する情報を志望動機に盛り込むことは効果的です。採用担当者は転職する薬剤師がなぜ病院へ転職したいかを一目で理解できます。

②「調剤薬局→病院」へ転職した薬剤師の志望動機の例文

○○調剤薬局で5年勤務いたしました。仕事は楽しく、やりがいと興味を持って臨むことができました。ですが、どうしても薬剤師ばかりの環境ですので、病気に対するとらえ方も治療に対する見方も一律的になってしまっているように感じていました。

どうしてもっと多面的に患者さんや病気を捉えられないのか・・・と考えながら、家で大学の時の教科書を手当たり次第勉強し直していると、「チーム医療」という言葉につきあたりました。看護師や医師、そして私たち薬剤師が連携してそれぞれの立場から患者さんを評価し、評価した内容をチームで話し合うことで多面的な医療を提供できる「チーム医療」を、私も実践したいと思うようになったのです。

それからの毎日は、チーム医療に力を入れている医療機関探しに時間を費やしました。そして、貴院で私が思い描く積極的なチーム医療を実践していらっしゃることがわかり、ぜひ、私も加わりたいと思うようになりました。積極的なチームの一員になれるように努力しますので、どうぞよろしくお願いします。(438文字)

【解説とポイント】

調剤薬局から病院へと異なる職場へ転職した方の志望動機です。この方の動機は「大学時代の教科書で病院の魅力を知った」ことです。よく「人間関係が嫌で転職したい」「毎日の仕事が大変」など、ネガティブな動機で転職される方がいます。採用担当者は、現在働いている職場への不満は未来への不満と捉えます。薬剤師への就職活動時代を振り返って、病院で働く魅力が何だったのかを改めて振り返ってみるのが良いかもしれません。

病院で働きたい薬剤師の求人情報を見てみる

3.薬剤師の具体的な志望動機例と解説 ~調剤薬局転職編~

次は、調剤薬局へ転職した薬剤師の志望動機を見てみましょう。

①「病院→調剤薬局」へ転職した薬剤師の志望動機の例文

私は療養型病院の薬剤師として、薬剤業務や病棟業務を行っていました。病院では扱う処方が限られており、より多くの疾患に対応できる薬剤師になりたいと決意し、こちらを志望いたしました。調剤薬局は、一日の処方数も多く、調剤室のIT化を進んでいると聞いておりますので、薬剤的知識とコンピュータに関する技術も学びたいと思います。また、御社では薬剤師が本社の業務で活躍するなど、幅広いキャリアパスがあり将来性を感じます。病院内で培ってきた様々な医療事務経験を生かし、一人一人の患者に丁寧に接する薬剤師を目指したいです。(248文字)

【解説とポイント】

一見すると、病院で薬剤業務や病棟業務の経験があり、薬剤師の仕事経験が豊富に見えます。しかし、注意して志望動機を見返してみると落とし穴があります。この薬剤師の方の志望動機は「病院の経験を生かせます。」「多くの疾患に対処したい。」「ITを備えた医療機器の使い方を学びたい。」「一人一人の薬剤師に丁寧に接したい。」など、志望動機の内容に一貫性がありません。志望動機は採用担当者に自分が何をしたいか伝えるものではありますが、伝えることは一つに絞りましょう。

②「調剤薬局→調剤薬局」へ転職した薬剤師の志望動機の例文

薬剤師としてキャリアアップしたいと思い、薬剤師の研修制度に力を入れている御社を志望しました。前職の調剤薬局では整形外科領域の薬を主に扱っておりました。この領域の疾患と薬剤の知識は誰にも負けませんので、服薬指導で経験を生かすことができます。学会で発表するなど、薬剤師が勉強する機会が整う御社で、多くのキャリアと経験を積みたいと考えています。また、御社の在宅医療事業に関心があります。地域のためになる医療従事者としてスキルを最大限に発揮したいです。(222文字)

【解説とポイント】

転職先の調剤薬局の研修制度や在宅医療など、転職先の事業や制度に関心がある薬剤師です。一貫性がない点では先の志望動機と同じですが、転職先の事業や制度に関心がある点は、積極性があると+に評価されるはずです。

4.アドバイスをもらうために転職サイトを利用してみませんか?

出産や育児でブランク期間のあるママ薬剤師、就職後初めて転職する薬剤師の方へ。

転職活動は就職活動とは異なります。就職活動の時は学校が提供する求人情報や学生向けの求人情報が使えました。一方で、転職活動時には、大半の薬剤師は転職サイトを利用しています。

転職サイトは、薬剤師、一般企業、医師、IT等、業界や職種ごとの専門の転職サイトがあります。転職サイトのサービスは、転職活動ノウハウと求人情報を転職者に提供して、転職を促すものです。転職サイトは転職者紹介報酬として転職先から、転職者の年収の3割を受け取っています。そのため、転職者向けのノウハウや求人情報は無料で提供されています。

また、転職サイトのサービスの一環に履歴書の添削もあります。例えば、長年、病院と調剤薬局の求人情報を取り扱ってきた薬キャリの転職コンサルタントは、病院と調剤薬局に転職した薬剤師の何千枚もの履歴書を添削しています。他のサービスと同じく、履歴書の添削も無料で行ってもらえるので、是非活用してみて下さい。

病院・調剤薬局へ転職なら薬キャリがオススメ

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【必読】50代薬剤師|未経験でも転職・就職を成功させる3つの方法

50代の薬剤師の方で、転職を考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、「年齢的にもう無理なのでは...」「どこも採用してくれないだろう」と不安になってしまいますよね。その不安は未経験だと尚更大きいでしょ…

未経験薬剤師の転職への悩みを解消。転職を成功させる為の3つのコツ

調剤薬局や病院などで調剤をしてみたいけれど、「調剤の実務経験が全然ない…」「病院は未経験だから転職できるのか不安」という方はいませんか。 そういった気持ちになって…

薬剤師の免許申請には代理申請可能なの?

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しただけでは薬剤師の業務は行えません。試験に合格したら薬剤師名簿登録のための申請手付きを行いましょう。申請には薬剤師免許申請書、医師の診断書や戸籍抄(…

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

男性薬剤師にとって「恥ずかしくない年収」のラインは何万円?

男性薬剤師の皆さん、今の年収に満足していますか?『同年代の薬剤師と比べるとどうなんだろう?』という疑問は、当然浮かんでくるかと思います。 このページでは「男性薬剤師と仕事…