「企業内診療所」というレア求人の実態。転職志望の薬剤師さん必見?

薬剤師の職場といえば、調剤薬局、ドラッグストア、病院などを挙げる方がほとんどだと思います。

しかし、数少ないレアな職場もいくつか存在するのをご存知でしたか? その中でも特に求人数が少なく、かつ働きやすいと評判なのが「企業内診療所」です。

大手企業が設置している社内の診療所で、調剤業務にあたる仕事です。しかし「レア求人」なだけに、その実態はなかなか把握できないものです。そこで、このページでは企業内診療所で働く薬剤師の仕事内容や年収などを詳しく紹介しています。薬剤師としての知識を深めるためにも、ぜひ最後までお読みください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.企業内診療所とは? どんな企業が設置しているの?

まずは、企業内診療所がどういったものなのかを確認しておきましょう。企業内診療所とは企業内に設置された医務室や保健室のことです。従業員の健康を維持することを目的として設置された「診療所」ですから、医師、看護師と同様に薬剤師も常駐しています。

企業が企業内診療所を設置している理由は、従業員の健康促進、疾患の早期治癒、企業イメージの向上といった点が挙げられるでしょう。

とはいえ、企業としても社内に診療所を設置するのは莫大な費用がかかります。企業内診療所を設置している企業は一部上場などの一握りの企業に限られています。だからこそ、企業内診療所の薬剤師は求人が極めて少ない「レア求人」なのです。

2.企業内診療所での薬剤師の仕事内容って?

続いては、企業内診療所薬剤師の仕事内容についてみていきましょう。

調剤業務

企業内とはいえ、診療所での仕事になりますからメイン業務は調剤です。体調不良を訴えて受診する従業員に対し、医師が処方した薬を正確かつ適切に調剤します。

薬剤管理

昨今は、企業で働く従業員の中に、生活習慣病やうつなど長期的な治療が必要な病気と闘う方も増えています。薬剤師としてはただ単に調剤をするだけではなく、併せて薬剤管理や服薬指導などを行う必要もあるでしょう。

健康管理

企業内診療所で働く医師や看護師、薬剤師は、普段から従業員の健康管理も行っています。従業員の健康を守る、病気を防ぐ、といった大事な仕事といえますね。

また、正社員、派遣社員、パートといった雇用形態によって求められるスキルは違いますが、企業によっては、毒物劇物の取扱責任者や、衛生管理者としての役割を担ったり、管理薬剤師としての仕事をしたり、様々なケースがあります。単に調剤業務だけをするのではなく、幅の広い仕事が経験できるかもしれません。

企業内診療所の求人を探してみる 

3.女性にとって働きやすいって本当?

企業内診療所は、女性薬剤師にとって働きやすい職場という話を耳にします。その理由についてみていきます。

【理由1】職場に通いやすい

企業内診療所を置いている企業のほとんどが大企業です。当然、所在地も交通アクセスの良い場所になります。交通の要といえる駅から直結、もしくは徒歩3分など、比較的交通アクセスが良い場所にあるのは間違いなさそうです。

【理由2】あまり忙しくない

企業内診療所を受診するのは企業の従業員のみです。町の一般病院のように患者となる方の「母数」も異なりますし、そもそも働き盛りの健康な方がほとんどです。当然、息をつくひまがないほど忙しい、ということにはなりません。ある一定のペースの中で働くことができるでしょう。

【理由3】残業が少ない、休みの日が決まっている

診療時間はキッチリと決まっていますから、基本的に遅くまで残業しなければならない、ということはありません。企業によって多少の違いはあると思われますが、基本的には一定の労働時間の中で安心して働けます。さらに、企業内にある診療所ですから、企業が休みの日は当然休みになります。

残業が少なく、休日もきっちり決まっているのが企業内診療所です。一般の病院やクリニック、調剤薬局とは違い、時間的な余裕を持って働けるので、プライベートを充実したい人、家庭と仕事を両立したいママ薬剤師にはおすすめの職場です。

【理由4】大企業の手厚い福利厚生が使える

大企業ならではの手厚い福利厚生をそのまま使用できるのも大きなメリットです。大企業の福利厚生は、町の小さな薬局やドラッグストアとくらべると比較になりません。ここも大きなポイントになりそうです。

4.薬剤師が企業内診療所を希望する理由

薬剤師が活躍できる職場は数多く存在しますが、あえて企業内診療所を希望する薬剤師もいます。もちろん環境的な魅力があるからだと思われますが、ここでは少々珍しい理由で企業内診療所を職場として選んだ薬剤師の例を紹介します。

【事例1】その企業にゆかりがある

自分の夫や親戚などがその企業で働いているといったケースです。メリットとしてはその企業の内情や雰囲気などをある程度把握したうえで入社できることでしょう。また、自分の身近な人間がその企業で働いているという安心感も大きなメリットですね。

【事例2】イベントなどで活躍したい

企業ならではの発信力や体力をいかして、健康に関するイベントなどを企画したい、という気持ちで企業診療所を希望したケースです。また社内向けイベントとして、育休中のママ従業員たちに向けた社会復帰のポイントやコツを伝えるイベントを開くなど、様々な形で「すこやかな生活」に関する発信をしていくという素敵な理由です。

【事例3】扶養内で少しだけ働きたい

これは結婚後の女性によくあるケースです。企業内薬剤師という働きやすい環境の中で、扶養内におさまる収入で働き、家計の足しにしたい、という考え方です。パートであればこういった働き方も可能になります。ただし、企業によっては難しいかもしれません。

このような条件に当てはまった方はこちらからすぐ検索!

5.企業内診療所で働く薬剤師の年収は?

ここまで触れてきたとおり、企業診療所薬剤師は女性にとっても働きやすく、魅力的な職場といえそうです。しかし、職場を探すうえでもっとも気になるのはズバリ「年収」ではないでしょうか?

企業薬剤師で働く薬剤師の年収は、企業によって差はありますが平均500万円ほどです。

都心部と地方では違うのでは? という疑問もあるかと思いますが、そもそも企業内診療所を置けるほどの大企業は、地方にはあまり存在しません。あるとしても「支店・支所」なので、企業内診療所を置くケースは珍しいようです。

6.企業内診療所を辞めたくなる理由

企業内診療所で働く薬剤師の「良いところ」を中心に見てきましたが、ここでネガティブな面にも目を向けてみましょう。完ぺきな職場は存在しませんから、自分が妥協できる点、できない面を見極めるのはとても大事なことです。

以下は、企業内薬剤師で働いている薬剤師が「辞めたくなった理由」です。

人間関係

職場で浮上する問題といえばやはり人間関係です。企業内診療所も例外ではありません。しかも、企業内診療所は少ない人数で構成される「狭い社会」です。一度関係がこじれてしまうと逃げ場所がない状況に陥ってしまいます。

給与や待遇

企業薬剤師の平均年収は、前述のとおり約500万円です。これはあくまで一例ではありますが、薬剤師であればもっと高年収を目指せるのも事実です。もっと高い給与、年収を求めて企業内診療所をあとにする薬剤師もいるようです。

やりたいことがある

企業内診療所に転職はしたものの、やはり自分のやりたい仕事ではなかった、もしくはやりたい仕事が見つかった、といった理由で辞める薬剤師もいます。

これらの理由に共通して言えるのが、「どの職場で働いていたとしても浮上してくる問題」ということです。特に人間関係の問題や、やりたいことが見つかった、という理由は薬剤師の転職理由として多いパターンです。

そういう意味では、特に企業内診療所に固有の問題があるとはいえません。企業内診療所で働いた場合、やはりメリットの方が大きいと判断できそうです。

7.数少ない企業内診療所薬剤師の求人を探すには

前述のとおり、企業内診療所を置く企業は一部の大手の企業に限られ、診療所自体の規模も大きくないため、必要とされる薬剤師の絶対数が少ないのは確かです。また、職場環境や条件の良さから退職者が少ないこともあり、求人が出ることは珍しく、まさに「レア求人」という状況にあります。

とはいえ、企業内診療所に転職することは不可能ではありません。まず、薬剤師専門の転職サイトに登録して、専任の転職エージェントを味方につけることが不可欠です。

なぜなら、企業内診療所の求人は非公開であることが多く、その情報はエージェントしか把握していないからです。つまり、自分一人で企業内診療所の求人を探していても、見つかる可能性は極めて低いのです。レア求人であるが故興味のある方はなるべく早めに行動して探してみることが重要です。

さらに、エージェントなら応募書類の書き方、面接対策もサポートしてくれますし、条件交渉もしてくれます。忙しい薬剤師に代わって企業との連絡なども担当してくれます。これを活用しない手はありません。職場環境、福利厚生が抜群の企業内診療所で働きたいなら、まず転職サイトに登録してみましょう。

8.HOP!おすすめの薬剤師転職サイト

薬剤師登録者数100,000人以上のエムスリー(薬キャリ)」や、顧客満足度No.1の「マイナビ薬剤師」などがあり、履歴書の転職理由の書き方や、志望動機の書き方、面接のポイントなど、様々な面からバックアップしてもらえます。このようなサイトでは企業内診療所以外の研究職開発職などの企業転職先を紹介もしてくれます。

各社3つとも利用無料なのでご自身に一番合うサイトを比べてみるのもいいかと思います。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師の有給ってどれくらい?気になる有給消化率を見る上での注意点

有給休暇を使用したいのだけれども、なかなか休みが取れずに消化できていない薬剤師も少なくありません。一般的に薬剤師の有休消化率とはどの程度なのでしょうか。勤務する職場別に探っていきましょう。

『40代薬剤師でも転職したい!未経験の悩みを解決する〇つのポイント

どのような業種業界であっても、転職のリミットは40代というのが一般的です。薬剤師であっても同じこと。40代の薬剤師であるあなたもその点で不安を抱いている事でしょう。 このページでは、40代の薬剤師が転職でき…

「薬剤師は休みなし」は嘘?しっかり休める職場に確実に転職する方法

病院勤務で休みが全くとれない、ドラッグストア勤務で土日出勤が当たり前… こんな毎日に嫌気が差してはいませんか? 実は薬剤師の中には希望通りに休みをとったり、連休で旅行に行…

40代薬剤師でも転職したい!未経験の悩みを解決するポイント3つ

どのような業種業界であっても、転職のリミットは40代というのが一般的です。薬剤師であっても同じこと。40代の薬剤師であるあなたもその点で不安を抱いている事でしょう。 このページでは、40代の薬剤師が転職でき…

薬剤師の悩み調査(調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業)

憧れの職種に就職しても、実際に働いてみると悩みがでてくることは少なくありません。ここでは勤務先別に薬剤師のよくある悩みをまとめてみました。 転職を考えている薬剤師は、これらの悩みを参考にして、自分…

  1. 薬キャリ

    薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
    • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
    • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

    無料登録する

  2. マイナビ薬剤師

    利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

    • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
    • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
    • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

    無料登録する

  3. ファルマスタッフ

    薬剤師の高年収求人の宝庫!

    • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
    • 「職業紹介優良事業者」に認定
    • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

    無料登録する

最新記事