薬剤師パート・派遣としての働き方は正社員よりメリット豊富な理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「子育てが一段落して薬剤師として復職したい」という方におすすめなのがパートや派遣という働き方。勤務時間も融通がきき、家族を優先させたい方におすすめの働き方です。その一方で、「正社員と比べて収入が低そう…」「福利厚生もよくなさそう…」という印象を持つ方が多いのではないでしょうか。 しかし、それは間違った認識です。 このページでは、パート・派遣薬剤師の誤解を一つ一つ解いていき、パート・派遣ならではのメリットを紹介します。また、ブランクが心配という方でも、スムーズに復職するためのコツも紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。
★高時給求人が豊富!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 時給アップ事例 求人を探す
薬キャリ 時給1,700円→時給2,800円!

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給1,800円→時給2,300円!

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,300円→時給2,600円!

詳細を見る

1.パートと派遣はどう違う?

まだ子供が小さい場合、正社員としてフルタイム勤務で働くのは相当厳しいものがあります。自分が努力すればどうにかなるものでもなく、託児所などの問題から、実質的にフルタイム勤務は不可能、という方もいるでしょう。そんな悩みを持つ方にはパートか派遣で働くことをおすすめします。

ここで疑問になるのが、「パートと派遣はどのように違うの?」ということ。もっとも大きな違いは「雇い主が異なる」ということです。

  • パート:企業と求職者が直接雇用契約を結ぶ。給与は企業から支払われる。
  • 派遣:派遣会社と求職者が契約を結ぶ。給与は派遣会社から支払われる。

福利厚生も、それぞれの雇い主の規定内容によります。また、気になる給与は派遣の方が圧倒的に高給です。

とはいえ、パートと派遣、何を基準に選べばよいのでしょうか?基準としては「月50時間以上の勤務を希望していれば派遣」と考えてください。つまり、ある程度まとまった時間を働きたい方は派遣が適しているのです。

⇒薬剤師の派遣求人を薬キャリ(エムスリー)で見てみる

2.「勤務時間を選べる」という幸せ

ママ薬剤師にとって、パート・派遣という働き方はベストといえます。その理由は、希望の勤務時間で働くことができる、という点に尽きます。それにより得られるメリットについて詳しく説明します。

パートなら週に3日だけ!午前中だけ!が通用する

正社員であれば、月曜日から土曜日まで、朝から晩まで働き詰めになります。

しかし、パートであれば、あなたのライフスタイルや事情に合わせた勤務が可能になります。例えば、子供の送り迎えに合わせて10時〜16時までの勤務を希望したり、週3日だけ働いてみたり、といった「わがまま」が通用するのです。もちろん、パートでも希望すれば長時間働くことは可能ですし、週5勤務も可能です。自身のワークライフバランスや家庭の状況に合わせて決めてください。

しかし、「本当にそんな都合の良い働き方ができるの?」という疑問もあると思います。もちろん雇う側にもよりますが、基本的には可能です。なぜなら、企業は薬剤師をなんとしても確保しなければならず、そのためには求職者側の希望に対して寛容でなければならないからです。

「パート薬剤師」は家族を大事にした働き方

パートで働けば、家族との時間が多く持てますし、プライベートの時間を確保できます。「まずは家族ありき」そんなママ薬剤師ならでの想いを実現できるのがパートという働き方なのです。

正社員で働いていると、フルタイムはもちろん、残業もありますから「仕事ありき」の生活になってしまいます。一方で、パートという働き方を選択すれば、「家族ありき」「自分ありき」の生活が実現できます。

正社員として復職したいという方は、地に足をつけて技術を磨きたい、今後も薬剤師として働き続けたい、などの理由があると思います。それももちろん結構なことですが、今現在は「家族を優先したい」という気持ちがあるのも事実ではないでしょうか?

薬剤師は、企業にとってなくてはならない存在です。地域にもよりますが引っ張りだこの存在なので、数年後、子供が手離れしてから正社員として就職することも十分可能です。

子供が小さい今のうちはパートとして「まずは家族ありき」のスタンスで働きながら、子供との時間も大事にする。

パートなら、そんな生活が実現できます。

さらに、勤務時間が短いため、「短時間で業務をこなす、生産性の高い働き方」を身につけることもできます。

⇒時短勤務や週3日勤務可能な求人を薬キャリ(エムスリー)で見てみる

3.薬剤師ならパートでも高給を狙える!

「パートは給与が安い!」と思う方が多いようです。しかし、それは大きな誤解です。薬剤師以外の一般職であればその通りなのですが、薬剤師は、企業にとってノドから手が出るほど欲しい人材なのです。一般職のパート時給の倍以上は出ると考えてもよいでしょう。なんといっても、薬剤師は国家資格なのですから。

では、パート薬剤師の時給について詳しく見ていきましょう。

一般的なパート薬剤師の時給

薬剤師の時給相場はおよそ1,800~2,500円です。実際には2,000円を切るケースはあまりなく、おおむね「パート薬剤師の時給相場は2,000円以上」と考えてください。首都圏での一般的なパート(アルバイト)の時給が800~1,000円ほどですから、薬剤師がいかに高時給であるかがわかると思います。

職場別の時給

最も高い時給を望めるのはドラッグストアです。次いで調剤薬局、病院という順番が一般的です。ただし、極端に大きな差がつくことはありませんから、労働条件・自分の適性・今までの経験などを総合的に判断して選択しましょう。

また、調剤薬局なら「調剤薬局事務経験者」が高時給を得やすいという傾向があります。

地域別の時給

一般的に、地域によってパートの時給は変わるものです。薬剤師も例外ではありません。

薬剤師の場合、東京・大阪をはじめとする大都市圏の方が高時給です。一方、地方になると2,000円を切ってしまうケースが見受けられます。正社員薬剤師であれば、薬剤師不足にあえぐ地方のほうが高収入を望めますが、パートになると逆転するようです。

薬剤師の時給を年収に換算すると…

上記を平均すると、パートの薬剤師はおよそ2,200円の時給を望めます。

例えば10時〜17時、週に5日(月に22日)で働いたとしたら、ひと月に338,800円を稼ぐことができます。年収にすれば実に400万円を超えます。フルタイムに比べて勤務時間も少なく、残業なし、土日出社もなしでこの待遇です。パートで年収400万円を稼げるのは薬剤師ならではの「超」高待遇といえるでしょう。

⇒高時給求人を薬キャリ(エムスリー)で見てみる

4.長いブランク、家庭との両立…パート薬剤師が抱える悩み

家庭があり、子供がまだ小さいママ薬剤師だからこそ、特有の悩みがあります。その悩みによって、なかなか復職の決意ができないという方もいるでしょう。しかし、その悩みはパートという働き方なら解決できるかもしれません。代表的な悩みと、その解決方法を紹介していきます。

悩みその1「家庭(子育て)との両立」

家事、子育てをしながら、仕事もこなす。これは並大抵のことではありません。しかし、パートであれば週3日、5時間だけ働く、といった働き方が可能になります。さらに、子供が急に熱を出して病院に連れていかなければならない場合も、パートなら休みを取りやすいでしょう。

これは、フルタイムで働く正社員にはない、絶対的にパートが有利な一面です。家庭と仕事を両立させたい薬剤師にとって、パートという働き方は理想的な雇用形態と言えるでしょう。

以下に、子供の年齢別おすすめ職場を紹介します。参考にしてください。

悩みその2「ブランクがある」

結婚や出産を機に退職した薬剤師は、当然ブランクが発生します。数年にわたって現場を離れていたという点に不安を感じるのは当然のことです。

しかし、以下のポイントを押さえれば、スムーズに復職することが可能になるでしょう。

復職支援の体制が整った企業を選ぶ

企業側は、ノドから手が出るほど薬剤師が欲しいのです。そのため、ブランクを埋めるための研修などを実施しており、ママ薬剤師が安心して復職できる体制を整えています。転職する際に、そういった取り組みについて確認した上で応募することが大事です。

復職前に勉強をする

薬剤の世界は日進月歩で、どんどん新しい薬剤が発売され、薬剤師はその知識を追いかけなければなりません。ブランク期間は、その知識もぽっかり空いてしまうわけですから、それを埋める勉強が必要になります。

もちろん、ブランク期間に発売された薬剤すべてをマスターすることは不可能ですし、必要もありません。代表的な薬剤や診療報酬の改定内容、薬剤にまつわる社会的なニュースだけでも目を通しておきましょう。それだけでスムーズな復職の後押しになるはずです。

⇒未経験・ブランク歓迎の求人を薬キャリ(エムスリー)で見てみる

5.派遣と比べてパートが不利な面

ここまで、パート薬剤師のメリットについて紹介してきました。しかし、派遣と比べると不利になってしまう面があるのも事実。その点を詳しく見ていきましょう。

給与面

パート薬剤師も一般的なパートに比べれば高給といえますが、派遣薬剤師に比べるとどうしても見劣りしてしまいます。自分自身が納得できればよいのですが、職場で自分がいちばん給与が低いといった状況は結構厳しいものです。派遣なら時給が一気にアップします。

人間関係のトラブル

やはりパートは、正社員や派遣に比べると立場が弱いのが現実です。そのぶん風当たりが強いケースが多く、人間関係のトラブルに巻き込まれがちです。明らかに自分が間違っていない場合でも、黙って耐えなければならないことも多くなるでしょう。

パートの悩みは派遣なら解決できる

これらの悩みは、もちろん正社員になれば解決できますが、そうなると家庭との両立も難しくなりますよね。そこでおすすめしたいのが派遣として働くことです。給与もグンとアップしますし、仕事のやりがいもパートより得やすいでしょう。

さらに、人間関係についてもトラブルを回避しやすくなります。その理由は、企業にとって、派遣の人材はとても重要なポジションだからです。「派遣に辞められると売上が下がってしまう」と考える企業も多く、パートに比べて立場が圧倒的に上ということから、人間関係のトラブルに巻き込まれにくいのです。以上の理由から、パートよりも派遣を選択することをおすすめします。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師のパート事情|時給や扶養、働きやすい職場選びの2つのコツ

女性の割合が他の職種に比べて高い薬剤師。結婚や妊娠といったライフイベントに合わせて働き方を見直す方がたくさんいます。その中でも多いのが正社員→パートへの転職。 「パート薬剤師の給…

週一のパート薬剤師求人の探し方。ひとりで探しても無駄の理由とは

「子育てや家事の合間に週一日だけ働きたい」「副業として、土日のどちらか働きたい」などの思いから、週一のパート求人を探している薬剤師さん。 週一…

薬剤師が契約社員として働くということ

薬剤師の働き方(雇用形態)は、他の業種と同じように「正社員」「契約社員」「派遣社員」「パート」があります。それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。 このページでは、派遣社員で働くメリット…

未経験だけどパート勤務で調剤薬局に転職したい!調剤薬局に転職す…

未経験だけどパート勤務で調剤薬局に転職したい!調剤薬局に転職するためのスキルとは? 薬剤師の免許は持っているけれど調剤業務は未経験、そのため、まずはパートで調剤薬局に転職を希望している人は、転職活動に…

病院薬剤師としてパート・派遣で働きたい!

病院薬剤師としてパート・派遣で働きたい! 「病院薬剤師でパートか派遣で働きたい、だけど、時給相場や仕事内容がわからない・・・」と言う人の為に、病院薬剤師の非正規社員についての情報をまとめてみました。