薬剤師の平均給料相場と比べてあなたの給料は高いor安い?

薬剤師と一言でいっても、調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業…と働く場所は様々です。当然、仕事内容も異なり、給料にも差が出てきます。しかし、薬剤師仲間でもなかなか給料の話はしにくいですし、意外と他の職場がどれくらいの給料なのかはわかりにくいものです。 そこで、このページでは各職場の給料の実態について調査し、その内容をもとめました。将来的に給料が上がりそうな薬剤師の職場も紹介しますので最後までお読みください。
★高年収求人が豊富!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 年収アップ事例 求人を探す
薬キャリ 病院薬剤師2年目:350→550万円

詳細を見る

マイナビ薬剤師 企業薬剤師5年目:480→650万円

詳細を見る

ファルマスタッフ 派遣薬剤師3年目:400→530万円

詳細を見る

1.初任給の手取り額から見るお勧めの職場は?

まずは新卒時の給料、つまり初任給にスポットをあててみましょう。職場別に平均手取り額を並べると以下のようになります。

  • 薬局:平均20万円~21万円
  • 病院:平均18万円~20万円
  • ドラッグストア:平均16万円~19万円

となっています。流石に初任給ということもあり、ほぼ横並びといえますね。

どこに就職しても、そこまで変わらないという現実もありますので、新卒時は給料以外の事に目を向けてみてはいかがでしょうか。薬剤師としてのキャリアは始まったばかりですから、たとえばやりがいや、将来のキャリア構成なども考えてみるのです。勤務先で積むことのできる経験によって、“なりたい自分像”も変化しますし、「若いうちに何を得ることができるか」によって、将来転職する際に有利になるか不利になるかが変わってくるでしょう。

2.高給料の病院を見極めるポイントはこの2つ!

病院といっても、街の民間病院、有名な病院、大学病院、公立病院など幅が広いものです。このような様々な病院の中で給料の高い病院を見極めるポイントは以下の2つの点です。

病院経営形態

もっとも差が出やすいポイントは「病院の経営形態」です。ここは必ず確認してください。医療法人においては給料が高くなる傾向にあります。理由は、病院ごとに特色があり、良い医者・良い治療を求め、全国から患者が訪れる病院が多いからです。

科目

風邪など誰でもがかかる病気を診る内科中心の病院よりも、独特の科目を構える病院は給料の水準が高くなります。例えるならガン専門の科目を持つ病院です。医者の処方に加え、サプリメントなども併せて販売するケースもあるため、利益を得やすいのです。

病院とは、患者の健康を保つために欠かせない施設ではありますが、ビジネスという側面を併せ持つことも忘れてはなりません。このポイントを理解しておけば、同じ病院とはいえ、給料に差が出ることは自然なことと納得できるはずです。

3.“独特な世界”で薬剤師が活躍できる場を見つける方法も

「やりがいをもって、自分にしかできない仕事をしたい」と考え、なおかつ給料の高い仕事を選びたいときは以下の順で仕事を探してみることをお勧めします。

  • 麻薬取締官:専門性の高い国家公務員
  • 品質管理:企業によりますが、専門職の中では高い方に入ります
  • 予備校講師:人気になれば給料も高くなる可能性大です
  • 治験:資格保持(CRA・CRC認定資格)で給料が上がります

これらの職業に興味があるなら、数少ない求人情報を逃さないよう、薬剤師専門の転職サイトに登録しておくことが必須です。いつ来るかわからないチャンスを逃さないよう、準備をしておいてください。

4.「給料の格差」を解消するなら?

勤め先や業務内容、薬剤師自身のスキルによって給料に差が出てしまうことは仕方がないことです。この状況を打破するためには、「現職で昇進」「より高年収をもらえる職場への転職」「資格を取得する」といった3つ方法がありますが、その中でもっともおすすめなのは…。

一番スムーズなのは転職!

よほど無理な額でない限り、転職により希望する給料の8割くらいの額が実現できると言われています。つまり、転職は今の職場環境や給料に不満を持っている薬剤師にとって取り組みやすい給料アップ方法です。現職で昇進しようにも“上が詰まっていて頭打ち”といった状況はどんな職場でもあることですし、資格を取得するには時間や費用の確保が難しいものです。転職までの期間は約半年かかることが一般的。「平均給与より少ない」と思ったら、余裕を持って薬剤師専門の転職サイトへ登録してください。

「自分にはこれがある!」という強みを身につけておく

どんなジャンルの仕事でも、「自分にしかない強み」は重視されます。言い換えれば、現状維持の姿勢でいる限り、給料のアップは望めないということです。「これだけは絶対に負けない!」といえるスキルを身につけておくことで、年収アップへ一歩近づくことができるのです。

在宅医療で給料アップの可能性は?

高齢化によって注目されている、在宅医療現場での薬剤師の活躍。ニーズが増えていくことが見込まれていますが、このようなフィールドに活動の場を移すことによって給料のアップを目指すことができるのでしょうか。残念ながら、答えは「No」です。国が政策として医療費の削減を推し進めていること、診療報酬以外から収入源を確保しづらい現場であることから、「薬剤師の人材確保急務=給料アップ」とはなりづらい状況です。

しかし、在宅医療はまだまだ新しい現場です。もし在宅医療に関心があり、やりがいを感じられそうだと思えたら、早めの転職を検討してください。今から経験を積んでおくことで、後に“参入”してくる薬剤師に大きく差をつけることができます。

5.給料アップには転職が近道!では、成功率を高めるには?

先述したように給料をアップするための近道は転職です。転職先についても、このページでご紹介したノウハウはもちろん役立ちます。しかし、転職による給料アップという意味での成功率をさらに高めるのであれば薬剤師専門の転職エージェントが役立ちます。

エージェントは薬剤師の転職における専門家です。あなたの希望や悩みを丁寧に聞き出した上で、最良の選択肢を提案してくれます。非公開求人なども扱っていますので、登録しないことでチャンスを失わないためにも、まずは登録してエージェントに相談してみてください。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【2017年】薬剤師の平均年収はいくら?年代別・職種別ランキング

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

薬剤師の時給相場っていくら?職場別、勤務形態別に徹底調査

「あの人の時給、なんで私より高いの?」「転職or復職を考えているけど、時給で損したくない」と考えている薬剤師の皆さん、最近の薬剤師の時給相場がどれくらいか知っていますか?…

薬剤師は年収が低い?とんでもない!高収入への最短ルートは?

薬剤師は一般的に高収入の仕事といわれていますが、思った通りの収入が得られず納得できない、と考えている薬剤師も多いようです。特に同年代より収入が低いと判明した時はショックなも…

薬剤師でも年収1,000万稼ぐことは可能?実現させる3つの方法

「年収1,000万」と聞くと、なんだか社会人としての格が一段上のようなイメージがありますよね。 高給な職業がたくさんある中、「薬剤師で年収1,000万なんて厳しい…

薬剤師で年収稼ぎたい!でもキャリアアップには興味が無い・・近道?

「<薬剤師になれば高収入間違いなしだと思ったのに、そうでもなかった・・・」とがっかりする人も多いかもしれません。薬剤師は資格職ですが、職種によっては給与水準が低い所もあります。キャリアアップするの…