薬剤師の転職!年収アップを目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一生懸命業務に励むことで、仕事が評価され年々収入が上がることは理想的とも言えます。どんなに仕事を頑張っても、年収に頭打ちがあるような職場ではやる気もやりがいも得られません。できれば、若いうちに業績が評価される職場に就職しておくことが必要でしょう。 現在の職場では収入に頭打ちがあると気付いた場合、どのように就職活動を行うことができるでしょうか。就職して比較的年数が浅い場合についてご説明いたします。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

1.1年目から3年目は転職してはいけない期間!?

最近、どこの業界でも「第二新卒」の増加が話題になっています。第二新卒とは、新卒で就職して3年以内に離職する人を指した言葉です。現在の職場に自分は適性がないと判断した場合や、人間関係の悩みがある場合や仕事に対応できない場合、離職を決意することが多いようです。

どのような理由であれ、辞めた本人は深く悩んだ上で結論を出したことは事実です。ですが、雇用者側は、「人間性に問題があるのでは」「またすぐに辞めてしまうのでは」「社会人として心構えがなっていないのでは」とネガティブな目で見ることが多く、第二新卒を積極的に雇わないことや、雇用したとしても新人と同様の教育や研修・指導を適用させないことも少なくありません。

今のところではキャリアアップ・スキルアップが難しいと考えても、3年間は同じ就職先で我慢した方が、有利な転職の可能性は高まるのです。誠実に勤務しながら、3年後を目標に転職活動を始めるのが良いかもしれません。

2.年収がアップできる職場とは

どのような転職先を選ぶなら、年収が700万や1000万といった高給を目指せるでしょうか。求人が多いものとしては、チェーン店系のドラッグストアや製薬会社の「エリアマネージャー」があります。各薬局や営業所と本社との間に立ち、個々の店舗や支店の問題点を明らかにして解決策を提案し、社員などのスタッフの指導も行います。ドラッグストアや製薬企業の現場での勤務経験が必要ですが、社員として就職するなら、エリアマネージャーや本社管理職も目指せます。

また、製薬会社で医療情報担当者(MR)として働くことも、高収入を目指せる方法です。大手製薬企業の場合は、薬剤師の年収が1000万円を超えることも珍しくありません。病院と製薬会社をつなぐ役割ですので、豊富な知識と経験、そして何より高いコミュニケーションのスキルが求められます。その他にも、製薬会社で新薬開発に携わることなども、高収入を目指せる一つのルートです。

そして、近年成長してきている分野に、「在宅医療」があります。患者さんの家庭を訪問して服薬指導を行う仕事ですが、医師や看護師と組んでチーム医療を行う働き方でもあります。

3.転職サイトを活用して情報収集をする

第二新卒として転職する場合や、3年間待って転職する場合も、医療関係専門の求人サイトや薬剤師専門の就職サイトを活用することで、効率よく求人情報を収集することができます。第二新卒を積極的に受け入れてくれる企業や薬局なども調べることができますので、再出発したいと考えている方は新人教育に注目して選んでみるのも良いかもしれません。

また、異業種への転職を考える場合は、キャリアコンサルタントがいる転職エージェントサイトを活用することがおすすめです。各自の適性を判断し、豊富な経験に基づいた具体的なアドバイスをキャリアコンサルタントから受けることができます。自分では気付かなかった適性に気付くこともあるかもしれません。積極的に相談して、年収アップの転職を成功させましょう。薬剤師専門もしくは医療系転職エージェントサイトに登録することが、転職成功の第一歩となるでしょう。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師が年収1000万稼ぐのは現実的に可能!?発見した3つの方法

「年収1,000万」と聞くと、なんだか社会人としての格が一段上のようなイメージがありますよね。 高給な職業がたくさんある中、「薬剤師で年収1,000万なんて厳し…

【2017年版】薬剤師の平均年収・給料ランキング!今後の年収推移

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

薬剤師の時給相場っていくら?職場別、勤務形態別に徹底調査

「薬剤師のパート時給って実際どれくらいが普通なの?」 という疑問にお答えし、薬剤師の時給相場を「職場」「雇用形態」「地域」の3つの面か…

新卒薬剤師の初任給はどの職場が高い?平均手取りランキング

就職活動の時も、内定を得てからも、気になるのはやっぱり 「初任給」。これから仕事を始めようという薬学生の皆さんにとって、初任給は大きな関心事ですよね。初めての社会人体験でわ…

薬剤師の収入はいくらだと低い?職場別ランキング&収入アップの方法

薬剤師の収入は病院やドラッグストア、製薬会社、独立などの「職場」で大きく差がうまれます。 病院の収入は安い、ドラッグストアの収入は高い、といった事情はすでにご存知だと思います。 では、薬剤師の収入は「…