薬剤師が年収600万円を目指すために必要なこととは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師として年収600万円を超えることは、一つの壁を超えることでもあります。ですが、勤務先によっては限度額があり給与が頭打ちになることも珍しくありません。どのような職種で年収600万円以上を目指せるのか、また必要なスキルとは何か、高収入の転職先を見つける方法などの年収600万円を超えるためのポイントを解説致します。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

1.薬剤師が目指せる年収600万円を超える職種

30代の間に年収600万円を超えることを目標にしている人も少なくありません。特に薬剤師などの国家資格を有する場合には、大学卒の場合でも大学院卒の場合でも30代の間に年収600万円を超えることは十分に実現可能です。

ですが、病院などの医療機関や調剤薬局で「薬剤師」として勤務する場合は、所定内給与額が決まっており、年々月給が増えるのではなく頭打ちになることもあります。年収600万円を超えるためには、給与額が年々増える調剤専門薬局や保険薬局を目指す、勤続年数に年間賞与が反映される職場を選ぶ、薬剤師が就職可能な薬剤師以外の高収入の職に就く、いずれかの方法を選択することができます。

薬剤師としての知識や経験・資格を活かして就職できる職種には、製薬会社の医療情報担当者(MR)や治験コーディネーター、治験専門団体における臨床開発モニターや製薬会社・大手チェーン系ドラッグストアなどのエリアマネージャーなどがあります。特にエリアマネージャーや医療情報担当者は高収入の仕事としても知られ、年収1000万円も夢ではありません。

反対に高年収を目指すなら、薬剤師で年収600万は低いと思ったほうがいいでしょう。

2.高収入を目指すために必要なスキルとは

エリアマネージャーは、各々の店舗や支店と本社をつなぐ仕事です。また、医療情報担当者は医療の現場にいる医師と企業を結ぶ業務です。いずれの場合も高いコミュニケーションスキルと調整能力・管理能力が求められます。

特にエリアマネージャーは、薬局やドラッグストアなどの現場での仕事内容に精通している必要があります。仕事を知り尽くしたうえで、具体的に営業成績を伸ばすための方針を打ち建てたり、正社員だけでなく契約社員・派遣社員それぞれに管理職としてアドバイスを与えたりします。ですから、エリアマネージャーには、現場で働いた経験者が求められるのです。

3.高収入の求人を見つける方法

東京や大阪などの大都市以外の勤務地でも、十分に高収入の求人情報はあります。高収入の調剤業務を探す場合にも、調剤以外で薬剤師が求められている求人検索を行う場合にも、通常の求人一覧を公開するサイトよりは、薬剤師専門の求人サイトや医療関係者専門の求人サイトの方が豊富な情報量を提供しています。

ですが、賞与や通勤・業務などの内容について、転職前にきちんと交渉しておきたいと考えるなら、キャリアコンサルタントがいる「転職エージェントサイト」の活用がおすすめです。転職エージェントサイトに登録すると、1人1人の転職希望者にキャリアコンサルタントが配属され、細かな希望まで把握して最適の転職先を紹介してくれます。

給与や休日などの転職前に口に出しにくい内容に関しても、キャリアコンサルタントが転職志願者の代わりに転職先の企業と交渉してくれます。転職先も転職志願者もどちらも満足させる転職を実現するのが、「転職エージェントサイト」なのです。ほとんどの転職エージェントサイトは、登録料無料でサービスを活用することができます。高収入と言う目標を本気で達成したいなら、転職エージェントサイトという選択肢を積極活用するのはいかがでしょうか。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師が年収1000万稼ぐのは現実的に可能!?発見した3つの方法

「年収1,000万」と聞くと、なんだか社会人としての格が一段上のようなイメージがありますよね。 高給な職業がたくさんある中、「薬剤師で年収1,000万なんて厳し…

【2017年版】薬剤師の平均年収・給料ランキング!今後の年収推移

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

薬剤師の時給相場っていくら?職場別、勤務形態別に徹底調査

「薬剤師のパート時給って実際どれくらいが普通なの?」 という疑問にお答えし、薬剤師の時給相場を「職場」「雇用形態」「地域」の3つの面か…

新卒薬剤師の初任給はどの職場が高い?平均手取りランキング

就職活動の時も、内定を得てからも、気になるのはやっぱり 「初任給」。これから仕事を始めようという薬学生の皆さんにとって、初任給は大きな関心事ですよね。初めての社会人体験でわ…

薬剤師の収入はいくらだと低い?職場別ランキング&収入アップの方法

薬剤師の収入は病院やドラッグストア、製薬会社、独立などの「職場」で大きく差がうまれます。 病院の収入は安い、ドラッグストアの収入は高い、といった事情はすでにご存知だと思います。 では、薬剤師の収入は「…