薬剤師のボーナス平均はいくら?病院、薬局、ドラッグストア比較

今年も冬のボーナスシーズンが到来しています。 実は、この時期は1年の中でも転職市場が活発になる季節です。実際の声として「ボーナスをもらってから転職したい・・・」「もっと多くのボーナスをもらいたい」と言った声も多いです。このページでは薬剤師のボーナス後の転職を成功せさる方法をご紹介いたします。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.薬剤師のボーナス受給後に転職するには

毎年、夏と冬のボーナスシーズンになると「ボーナスをもらった後に転職をしよう」と考えるかたも多いと思います。この項目では、ボーナス受給後の転職で損をしないための方法についてみていきましょう。

現職の「ボーナス支給額」を確認する

ボーナス支給の条件は、勤務先によって異なります。ボーナス支給のタイミングに合わせて転職する場合、最初に確認したいことはボーナスの「支給条件」です。支給条件とは、現職場のボーナス算定期間と就業規則を確認することです。当たり前のようなことですが確認を怠ったがために全く支給されないという事態になもなりかねません。

一般的には、ボーナスが夏と冬の年2回支給であれば、それぞれ6か月の算定期間があります。

中小企業や個人経営の薬局の場合は、規定が抽象的な表現であったり、賞与に関する詳細規定を設けていないこともあります。

退職の申告タイミングは、ボーナス支給後がおすすめ

では、しっかりボーナスをもらってから退職する前には、どのタイミングで退職の申告をするのが最適なのでしょうか。

そのタイミングはボーナス支給後がベストです。先ほどもお伝えしましたが、中小企業や個人経営の薬局の場合は、規定が抽象的な表現であったり、賞与に関する詳細規定を設けていないこともあるので、支給日前に退職の意思を示すことで支給額が減額されることがあります。

なので、ボーナスがしっかり受給された後に退職をするならば、退職届を出すまでは退職することを悟られず、支給後に退職を申し出るのがベストとなります。

引継ぎ期間で「ボーナスもらい逃げ」の悪い印象を残さないためには

とは言え、ボーナス支給後すぐに退職を申し出るのはなんだか悪いと考える方も多いのではないでしょうか。支給規定に定められてボーナスが受給されるのであれば、ボーナス支給後に退職しても決して悪いわけではありません。

しかし、業務の引継ぎを十分に行わずに退職した場合には、「ボーナスをもらった直後に逃げた」と悪い印象を与えるだけでなく、職場の方にも大きな迷惑をかけてしまいます。

周囲に悪影響を与えることをさけるために、引継ぎ計画はしっかりと立てて退職することをおススメします。

薬剤師がボーナス受給後に転職するメリット

ボーナス受給後の転職のメリットは、求人の豊富さです。

実際にボーナス後に退職する人は多いため、1年の中でも人の流れが活発になります。普段はなかなか出にくい人気の職場の求人募集などがでることがあります。求人の多い時期に転職活動ができるのは、給与アップや待遇改善を狙える可能性が非常に高くなります。

薬剤師がボーナス受給後に転職するデメリット

しかし、この時期の転職がデメリットになる可能性もあります。

それは、転職活動を始める方が増えている分、ライバルも多くなることです。

特に条件の良い高時給や時短勤務OKなどの人気求人には、応募者が殺到し倍率が非常に高くなります。ですので、早めの情報収集や転職活動を開始することが重要です。

2.ボーナス後の転職こそ薬剤師の転職サイトを活用しよう

ボーナス受給後に転職を考えている薬剤師におススメなのが、今の職場で働きながら新しい職場で内定をもらって、ボーナスを受け取ってから辞めるという方法です。

薬剤師の転職サイトを活用すると転職活動がスムーズにいきます。

理由としては下記です。

  • 一般には出回っていない非公開求人の情報を得ることが出来きるので、自分で調べるよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができる。
  • 面接の日時調整をしてくれるので、仕事をしながら転職活動が進めやすい。
  • 履歴書や職務経歴書の作成や不安なことをコンサルタントが解決してくる。

ボーナス後の転職成功なら求人数業界1位の薬キャリ

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

3.ドラッグストア薬剤師のボーナスはいくら?

年齢別のドラッグストア勤務の薬剤師の平均年収と年間賞与は以下の通りになります。

参考:高収入を狙う薬剤師におすすめする3つの職場

年収 年間賞与
20代 460万円 82万円
30代 550万円 96万円
40代 650万円 110万円

ドラッグストア薬剤師の平均年収は、薬剤師の平均より少し高めです。それは、OTC販売以外にも商品管理やレジ・接客対応、品出し、店舗清掃など業務の幅が広くいためです。

店長クラスになると管理職としての売り上げ管理や従業員管理の仕事もありますが、それだけ高額年収を手にすることができるようになります。

20代年収アップ求人豊富!求人数業界1位の薬キャリ

4.調剤薬局薬剤師のボーナスはいくら?

年齢別の調剤薬局勤務の薬剤師の平均年収と平均月収、年間賞与は以下の通りになります。

年収 年間賞与
20代 420万円 72万円
30代 530万円 86万円
40代 620万円 104万円

20代年収アップ求人豊富!求人数業界1位の薬キャリ

初任給が低い事、勤務年数を重ねてもあまり給料が上がらない事が原因としてあります。調剤薬剤師も病院薬剤師と同様に、稼げる職種ではありません。

5.病院薬剤師のボーナスはいくら?

年齢別の病院内勤務の薬剤師の平均年収と平均月収、年間賞与は以下の通りになります。

病院薬剤師の平均給与は薬剤師の平均と同等か、少し低めです。ただ病院薬剤師は基本給が低めなのですが、夜勤手当などがつくため、総支給額は高めになります。病院薬剤師の基本給が低いのは、人手不足である医師や看護師の方が優遇される傾向にあるためです。

病院に勤務するとスキルアップすることはできますが、高い収入を得ることは期待できません。

年収 年間賞与
20代 440万円 84万円
30代 530万円 94万円
40代 630万円 100万円

今より高いボーナスの所へ転職を考えるなら、まずは転職サイト選びから

6.薬剤師の年収アップのための条件とは?

参考:高収入を狙う薬剤師におすすめする3つの職場

病院や調剤薬局勤務の場合、あまり大幅な給料アップは期待できませんが、少しずつアップさせていく方法もあります。

管理薬剤師になる、「研修認定薬剤師」や「小児薬物療法認定薬剤師」などの資格を取得して専門薬剤師の資格者になる、セミナー講師ができるスキルがある、などです。

ボーナスに成果として反映されますし、勤続年数を重ねていく事で年収アップにつながるでしょう。国立病院なら、年齢とともに昇給していきやすいので長く勤務する事がおすすめです。また、手っ取り早く残業を率先してこなして、残業代で稼ぐという手もあります。

しかし、もっと高収入が見込める職場に転職する方が確実かもしれません。上記のとおり、ドラッグストアは仕事が大変な分給与水準も高くなります。

土日休みに出勤なので完全週休ではありませんが、薬剤師手当が月に5~10万円程つくところもありますから、収入面を考えると転職に大きなメリットがあるかもしれません。また、店舗の売り上げを上げたり、人気店にしたりと実績を上げれば、それだけボーナスも上がります。

ただし、転職の際に注意したい事は、転職時に取り決めた基本給ベースから昇給していくという事です。ですから、転職時にしっかり給与交渉をし、希望年収を確実に伝える必要があります。

薬剤師の転職サイトで求人情報を探す際は、給与額はもちろん福利厚生制度や研修制度など、あなたが気になっている転職条件をしっかり検索しましょう。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

【2017年】薬剤師の平均年収はいくら?年代別・職種別ランキング

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

薬剤師でも年収1,000万稼ぐことは可能?実現させる3つの方法

「年収1,000万」と聞くと、なんだか社会人としての格が一段上のようなイメージがありますよね。 高給な職業がたくさんある中、「薬剤師で年収1,000万なんて厳しい…

【2017年版】薬剤師の平均年収・給料ランキング!今後の年収推移

薬剤師として働いている皆さん、現在の年収に満足していますか?「ちょっと年収が低いんじゃないかな?」「同僚はどれくらいもらっているんだろう?」「同年代の薬剤師はどれくらい稼いでいるんだろう?」という…

薬剤師で年収稼ぎたい!でもキャリアアップには興味が無い・・近道?

「<薬剤師になれば高収入間違いなしだと思ったのに、そうでもなかった・・・」とがっかりする人も多いかもしれません。薬剤師は資格職ですが、職種によっては給与水準が低い所もあります。キャリアアップするの…

薬剤師の収入はいくらだと低い?職場別ランキング&収入アップの方法

薬剤師の収入は病院やドラッグストア、製薬会社、独立などの「職場」で大きく差がうまれます。 病院の収入は安い、ドラッグストアの収入は高い、といった事情はすでにご存知だと思います。 では、薬剤師の収入は「…

  1. 薬キャリ

    薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
    • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
    • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

    無料登録する

  2. マイナビ薬剤師

    利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

    • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
    • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
    • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

    無料登録する

  3. ファルマスタッフ

    薬剤師の高年収求人の宝庫!

    • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
    • 「職業紹介優良事業者」に認定
    • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

    無料登録する

最新記事