薬剤師の需要が減る?10年後はどうなってる?気になる薬剤師の未来

薬剤師という仕事は、社会にとって絶対必要な「医療」の仕事です。職がなくて困るというリスクはほとんどありません。

「薬剤師になれば仕事に困ることはなく、一生安泰」と言っても間違いではないでしょう。しかし、薬剤師や医療を取り巻く環境は少しずつ変化しつつあります。具体的に言うと「薬剤師の需要」に変化が生じ始めているのです。この変化を敏感に感じ取り、対応していかなければ、薬剤師といえど未来は明るいとはいえません。

このページでは薬剤師の需要、そして未来について真剣に考えていきます。薬剤師としての将来に少しでも不安があるなら、ぜひお読みください。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 高収入 求人を探す
薬キャリ 時給3,000~円、年収800万円以上

詳細を見る

マイナビ薬剤師 時給2,500~円、年収780万円以上

詳細を見る

ファルマスタッフ 時給2,000~円、年収730万円以上

詳細を見る

※薬剤師転職サイトは、薬剤師資格取得済みの人のみ登録可能です。最低でも2社、できれば3社に会員登録して、コンサルに給料交渉をしてもらうのが賢い転職サイトの使い方です。もちろん、会員登録から内定まで完全無料で利用できます。

1.10年後、薬剤師の需要はどうなっている?

「薬剤師の需要があるかどうか」は、言い換えれば「薬剤師が余ってしまうことなく、受け入れてくれる職場があるかどうか」と解釈することもできます。

厚生労働省は、2028年には薬剤師が40万人を超えると試算しています。そして全国での薬剤師需要は年々微増を重ねるものの、28万人弱にとどまると予測されています。つまり、約10年後には、12万人以上の薬剤師たちが余ってしまうという状況になってしまうのです。

いわば「イス取りゲーム」のような状況になってしまうということです。安定が続くと考えていた薬剤師にとってはとてもショッキングな話でしょう。この厳しい現実は、すべての薬剤師に重くのしかかっているのです。

「薬剤師余り」の時代を生き残るために

必ずやってくる「薬剤師余り」の時代。それを乗り切るにはどうすればいいのでしょう?「今の職場なら安定しているし、このまま勤めていれば問題ないだろう」「自分はキャリアもあるし安泰だろう」と考えている方も多いでしょう。

しかし、ライバルといえるほかの薬剤師のほとんどがが同じことを考えているとしたら?あなたはどのように薬剤師の「イス取りゲーム」に勝つのでしょう。

そのヒントは「これからの薬剤師に求められることを見極める」ことにあります。厳しい言い方をすれば、処方せんを見て調剤をするだけでは薬剤師としての価値が弱い、という時代が到来するのです。

2.「これから」の薬剤師に求められること

では、これからの時代に薬剤師の価値を高めるためにはどうすればよいのでしょう?

ヒントは社会情勢や医療を取り巻く状況にあります。高齢化社会を迎えた日本では、医療現場のメインが病院ではなく、在宅にシフトしていくと考えられます。そうなると、薬剤師も在宅医療に対応していく必要があるのです。これからの薬剤師の需要は「在宅医療」にあるといえるのです。

在宅医療に特化した薬剤師になる

しかし、「在宅医療での薬剤師の仕事」にイメージがわかないという方もいるでしょう。そこで、在宅薬剤師の仕事内容の一例を挙げましょう。

  1. 飲み合わせの確認
  2. 服薬状況の確認
  3. 副作用の発現状況の観察
  4. 患者やその家族への服薬指導
  5. 上記を踏まえて、医師へ処方を提案

これらをみると、調剤薬局と仕事が変わらないと感じた薬剤師もいるでしょう。しかし、在宅と薬局ではやはり場所が違いますし、勝手が違います。今のうちに知識や経験を獲得しておくことが必要でしょう。

薬剤師は患者に触れてはいけないという認識ですが、本格的な在宅医療の時代の到来を迎え、それも変わりつつあります。薬剤師もバイタルサインの測定などを行うべきという主張も耳にするようになりました。しかし、薬剤師にとってバイタルサインの測定は未知の領域です。だからこそ、積極的に講習会に参加する、独自に学ぶなどの意識が必要なのです。

「かかりつけ薬局」で選ばれる薬剤師になる

在宅医療と同様に、需要のある薬剤師になる方法は「かかりつけ薬局」をしっかり意識することです。数年後、「かかりつけ薬局」という考え方は今まで以上に浸透していくでしょう。そうなると重要になるのが「患者に選ばれる薬剤師になる」という意識です。

患者が、病院の前にある薬局に漫然と処方せんを持っていくのではなく、「あの薬剤師さんがいるから」という意識で薬局に足を運ぶ時代になるのです。つまり、患者が薬剤師を選ぶということになるのです。

そこで、選ばれるにはどうしたらよいか、そのために必要な知識や意識は何か、こういったことを今の時点でしっかり考え、学んでいる薬剤師は「一歩リード」しているといえるでしょう。

「一人の薬剤師」としての意識と能力が問われる時代になる

これからの「薬剤師あまり時代」を生き延びるうえで、在宅医療に特化する、かかりつけ薬局を意識する、という方法を紹介しました。これらに共通するのは、薬剤師としての自分を「個」としてとらえ、個の能力をしっかり高める、というポイントです。薬局で働いている、ドラッグストアで働いている、といった「何かに属している」という考え方を捨て、「一人の薬剤師として何ができるか」「どうすれば患者とその家族を笑顔にできるか」をしっかり考えるのです。

そうすれば在宅医療やかかりつけ薬局といったポイントにおいて「自分ができることを伸ばしていこう!」という考えに至るでしょう。結果的に需要のある薬剤師になれますし、「薬剤師余り時代」を生き残ることも難しくはありません。

3.これからの薬剤師の年収はどうなる?

薬剤師の今後を考えるうえで、やはり気になるのが年収です。「薬剤師余り時代」が到来し、薬剤師の需要が減るのなら、やはり収入も減ってしまうのでしょうか?

しかし、ご安心ください。病院内の薬局や、調剤薬局で勤務する薬剤師は、物価の推移に合わせた年収の上昇が見込まれます。さらに、薬剤師不足が予測される地方エリアの薬局薬剤師や、製薬会社や一般企業で薬剤師が新薬開発などに関わって働く場合なども、「薬剤師余り」の影響をそれほど受けずに年収が格段にアップすることが予測できます。

企業に転職するという「現実的」な方法

薬剤師というと調剤というイメージがあるものですが、年収にこだわるのであれば企業を視野に入れてみてはいかがでしょうか。企業といっても、薬剤師が活躍できる企業は製薬業界だけではありません。化粧品業界やバイオ関連・化学製品製造関連ビジネスにおいても薬剤師の需要は高まっています。転職先候補にこのような一般企業を入れてみることも、今後の安定、そしてやりがいを求めるうえで賢い選択といえるでしょう。

⇒企業・製薬会社への転職に強い転職サイトはこちら

今のうちに転職をしておく、という選択

ここまで、薬剤師の需要がどう変わっていくか、そして薬剤師余り時代をどう迎えるべきか、という点についてみてきました。

薬剤師としての価値を高める、そして今後も求められる薬剤師になるためには「薬剤師の個の力」を高める必要があります。しかし、今の職場ではそれが難しい、厳しいと考えている薬剤師もいるのでは?そんな方におすすめなのが、思い切って転職するという方法です。

たとえば、在宅医療の知識を深めて将来に備えたいのに、今の職場はまったく在宅を視野に入れていないといったケースであれば絶対に転職をすべきでしょう。今までのやり方を変えず、時代の変化に付いていこうとしない職場なら早めに見切りをつけるべきです。せっかくあなた自身の意欲があっても、大きな損をしてしまいます。

転職するならエージェントに相談してみよう

とはいっても、転職は人生の大きなイベントですし、今ひとつ踏ん切りがつかないという方もいるでしょう。そんな方には、薬剤師専門の転職サイトのエージェントに相談することをおすすめします。今後の薬剤師を取り巻く情勢についても有益な情報を提供してくれますし、あなたが今後希望するキャリアにぴったりの職場を紹介してくれるでしょう。

さらに、模擬面接を実施してくれたり、履歴書の添削を行ってくれたり、内定後は給与や休日・福利厚生に関して企業と交渉してくれます。

もしも現在、薬剤師としての就職先を探しているあなたにとって「今が売り時」といえます。キャリア形成、収入など思い描く“薬剤師像”があれば、転職エージェントに相談してみてください。

薬剤師登録数NO1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリの特徴

  • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
  • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
  • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

利用者満足度が4年連続NO.1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴

  • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
  • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
  • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

高年収・高時給ならファルマスタッフ

ファルマスタッフの特徴

  • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
  • 「職業紹介優良事業者」に認定
  • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

→希望職種別!おすすめ薬剤師転職サイトはこちら

関連記事

薬剤師の免許申請には代理申請可能なの?

薬剤師は薬剤師国家試験に合格しただけでは薬剤師の業務は行えません。試験に合格したら薬剤師名簿登録のための申請手付きを行いましょう。申請には薬剤師免許申請書、医師の診断書や戸籍抄(…

外資系製薬会社への薬剤師転職体験談

新卒で調剤薬局に入社し、順調にキャリアアップを積み重ねていた33歳の女性薬剤師。しかし、思い立って外資系製薬メーカーに転職したそうです。彼女に何があったのでしょうか?そして外資系製薬会社への華麗な転…

男性薬剤師にとって「恥ずかしくない年収」のラインは何万円?

男性薬剤師の皆さん、今の年収に満足していますか?『同年代の薬剤師と比べるとどうなんだろう?』という疑問は、当然浮かんでくるかと思います。 このページでは「男性薬剤師と仕事…

リクナビ薬剤師体験談【31歳男性】年収100万円アップ+土日休みも

この記事の目次1.転職者情報2.使用した転職サイト3.転職ストーリー 1.転職者情報 性別 男性 年齢 31歳 元勤務先 調剤薬局 転職希望条件 ・土日休み ・業務内容が似ている仕事 管理薬剤師として ...

日本の資格で働けるの?オーストラリアで薬剤師として働く方法と求人

豊かな自然と温暖な気候が人気のオーストラリア。メルボルンは「住みやすい都市ランキング」に何度も1位に輝いています。その為、永住を希望する人や語学留学で訪れる人など、日本人…

  1. 薬キャリ

    薬剤師登録者数No.1!薬キャリ(エムスリーキャリア)

    • 提携紹介会社数33社で全国幅広い求人を網羅
    • 掲載求人数は約40,000件と業界トップクラス
    • 派遣求人も充実している数少ない転職サイト

    無料登録する

  2. マイナビ薬剤師

    利用者満足度が4年連続No.1!マイナビ薬剤師

    • 利用者満足度4年連続NO.1の確かな実績
    • 1人当たり21.1件の圧倒的な求人紹介数
    • 厚生労働省の認可を受けた転職支援サービス

    無料登録する

  3. ファルマスタッフ

    薬剤師の高年収求人の宝庫!

    • 「年収700万円以上」、「時給3,000円以上」などの求人が豊富
    • 「職業紹介優良事業者」に認定
    • 教育制度も充実でブランクありの薬剤師にも対応

    無料登録する

最新記事