一度に多くの要介護者から声をかけられることがあるので、頭の中で行動を整理して手際良く動けるようにはなりました。

  • 40代
  • 北海道札幌市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

介護職員へ転職した理由を教えてください
親の介護が必要になったので自分が何とか助けたいと思ったからです。
介護職員へ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
元々私は事務員として働いていました。仕事は大変でしたが特に不自由なく仕事を行ってきました。しかしそんな私に転機が訪れたのは40代に入った時でした。それまで退職し年金生活を送っていた親に介護が必要になったことです。理由は転倒による骨折でした。寝たきりではなかったのは幸いでしたがそれでも日々の生活を送ることは難しくなってしまいました。最初は介護施設に入れてみてもらおうと思いました。しかし親が大変な時に子どもである自分がいないのはどうなのかと思い自分も介護職に就こうと思いました。 介護職に関する知識を全く勉強していなかったので介護職に就くための勉強から始め、実際に介護が必要な人と触れ合うことで介護職になれる資格を有することができました。そして様々な介護施設で介護に関する知識を蓄えて親が今通っている介護施設に入社しました。朝から晩まで何が起こるか分からないので常に緊張して仕事をしなければならず大変な毎日を送っていますが、お世話をした方とその家族から感謝の気持ちを伝えられると今までの苦労が消えまた頑張れる気持ちになることができました。そして何より助けてくれた親を今度は自分が助けることができ親孝行をすることができたことがうれしかったです。年末年始ほどしか会っておらず疎遠になっていた親と再び仲良くすることができたことが転職して最もうれしかったことです。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
介護転職サイト.com
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
最初は約20年ほど行ってきた事務員の仕事を辞め介護職という経験したことのない仕事に就くのはリスクも大きく問題が発生したときの大変さも違いました。しかしどうしても親を自分の手で助けたかったので転職を決意しました。介護職に就くための勉強は大変でしたが、それ以上に合格したときの喜びも大きかったです。40代ですが介護職においては新人のため年下の方でも全く気にせず仕事の先輩として仕事を教わったのですぐに職場に慣れることができました。事務員の時も確かに人間関係には問題はさほどありませんでしたが現在の介護職の職場の方が良く介護をしていて高齢の方と触れ合うこともできるので自分では成功したと思っています。 近年の高齢化社会でより介護職は大事な仕事になっていきます。少しでも興味がある方はぜひ検討をしてみて下さい。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
カイゴWORKER
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
自分だけでは転職の方法や最善の介護職に就くための方法が分からなったので実績もあるエージェントサイトを利用し適格なアドバイスをもらおうと思いました。担当の方は決して上から目線で話さず同じ立場になってどの介護施設がいいか探してくれたのでとても助かりました。エージェントの方がいなければ介護職に就けたかどうかも怪しかった自分を確実に介護職に就けてくれるようにサポートしてくれました。悪かった点はもう少し職場の選択権があってほしかったです。
介護職員へ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
自分が住んでいてかつ希望の勤務地でもある北海道の求人がとても充実していたことからこのサイトを利用しました。このサイトを使い自分の中ではその職場がいいか検討しそれをエージェントの方にお見せしアドバイスをもらいました。そのサイトは実際に働いている人の感想も書いてあり、どのような職場か写真も載っていたので信頼性も高く役立ちました。悪かった点はもう少し候補を絞りやすくしてほしかったです。そのくらいでした。
介護職員へ転職を考えている方に最後に一言お願いします
転職して新しい仕事に就いたときは自分が今までどれだけ仕事をしていてもその仕事では新人だということを忘れないでください。そのように思わないと年下の先輩から見下され職場の雰囲気も悪くなってしまいます。実際にそのような人が増えているのでそうならないようにしましょう。 また自分のことは一番最後に回し介護が必要な方を最優先に考え行動してください。少しでも目を離すとけがをしてしまったり行方不明になってしまうからです。 年下の先輩が多く対応出るか不安でしたが、新人だという意識をもって仕事を行ったのですぐに溶け込むことができました。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人が違うのであなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

  • 30代
  • 大阪府都島区
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

やりがいのある仕事に就き、自分自身を成長させたいと思ったため転職をしました

  • 30代
  • 岩手県・盛岡市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

前の仕事にストレスを感じ始めた上に、マンネリ気味だったので転職しました。

  • 30代
  • 北海道札幌市
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

ホテルで働いていた時よりにご年配の方ともっと丁寧に接したいと思ったからです

  • 40代
  • 大分県宇佐市
  • 勤続年数8年
  • 中途入社

前職では、労働時間が長くなり過ぎ疲弊し、故郷に帰る決断をしました。

  • 40代
  • 兵庫県姫路市
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

人の世話をするのが好きで転職前にヘルパー資格を取っていたからです。

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事