やはり、思った通りの知的な職場環境でした。

  • 40代
  • 東京都中央区
  • ITサービス
  • 勤続年数20年
  • 新卒入社
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

ITコンサルタントへ転職した理由を教えてください
ITスペシャリストから、より上位のコンサルタント職に移りたかったからです。
ITコンサルタントへ転職は成功したと感じますか?
はい
そう感じる理由は何ですか?
コンピューター会社のプログラマーとしてキャリアを積んできましたから、前の会社でITスペシャリストという職位についていたのは自然であったと言えますが、IT業界では職種の細分化というものが起こっていて、コンピューター会社でより上位のポジションや高い報酬を求めるためには、ITアーキテクト・プロジェクトマネージャー・コンサルタントなどといった職種につかなければならないという状態になっていました。そこで、私の目指すべき職種は何かと考えた時、ITアーキテクトは技術に偏り過ぎているところがあり、私はもともとは文化系の出身であったということもあって、どうかという感じがありました。また、プロジェクトマネージャーという職種は、仕事や時間・お金の管理がメインとなる仕事となりますので、これもあまり自分には向いていないという気がしていました。そこで、コンサルタント職であれば、私がもともと経営学部の出身であるということもあって、自分が身に付けているITの知識とビジネスの知識を有効に活用することができるのではないかという考えで、ITコンサルタントとして転職にチャレンジしようと決断した次第です。それから、私はどちらかというと英語が得意なほうでしたから、このスキルを活かして外資系の会社にITコンサルタントとして転職できればいいのだがと目論んでいた次第です。
転職エージェントを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートの転職エージェントを使用しました
実際転職エージェントを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
やはり、ITコンサルタントという職種は、前職のITスペシャリストと比べて給与のレンジも高く、高い報酬をいただくことができるようになったという点が大きいのではないかと思います。また、今の会社では業界の最新情報が手に入る環境になりましたし、知的な仕事に携わっているのだという満足感もあります。それから、ITスペシャリストの時には技術的な部分のみにしかかかわれなかったのですが、ITコンサルタントともなりますと、そのITが実際のビジネスにどのようにかかわっているのかという所もわかるようになって、非常に自分自身の勉強にもなる環境です。ですから、自分が大学の時に学んだ経営学の知識と、今までITスペシャリストとして培ってきたITの経験とが、うまく融合して結実したという感じで、自分自身の満足感も高まりました。
転職サイトを利用しましたか?
はい
利用した方はサービス名を、利用しなかった方はその理由を教えてください
リクルートの転職サイトを利用しました
実際転職サイトを利用して、または利用せず活動してどうでしたか?
やはり、私ももう40代になっていましたから、独力で転職先を探すのは難しくなってきていましたので、転職エージェント経由で色々な企業を紹介してもらうのは、有益で良かったのではないかと思います。しかし、転職エージェントのコンサルタントの態度は、なかなか転職が決まらないのを私の活動不足のせいであるとして非難するようなところがあり、頂けないものでした。この点は、転職エージェントの悪い側面であったと言えます。
ITコンサルタントへ転職を考えている方にアドバイスを具体的に2つお願いします
やはり、転職サイトを使えば、色々な求人企業を発見することができますから、転職エージェントとともに活用していけば、効率的に転職活動を進めることができるという良い点ではないかと思います。しかし、その反面、履歴書や職務経歴書を転職サイト上で公開しておくことにより、自分のキャリアと全く関係のない企業から声をかけられてしまうようなこともありましたので、この点は転職サイトの悪い点と言えるかもしれません。
ITコンサルタントへ転職を考えている方に最後に一言お願いします
第一に、コンサルタントという高度に知的な職業につくのだという高い志を持ち続けることが大切だと思います。第二に、自分自身が今までどのような仕事を行ってきて、どのようなスキルが身についているのかということを棚卸しして、しっかりとまとめておくことが肝要です。できれば、それらの情報を文書してまとめておくと良いと言えるのではないでしょうか。このように自分なりに文章でまとめておきますと、質問をされた時にしっかりと答えられるものです。 やはり、思った通りの知的な職場環境でした。給料も上がりましたし、オフィスの環境も快適で、過ごしやすくなりました。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

  • 30代
  • 大阪府大阪市
  • 勤続年数3年
  • 新卒入社

日々の残業と休日出勤が重なり体力の限界を感じてしまったことが原因です

  • 30代
  • 東京都港区
  • 勤続年数4年
  • 中途入社

一生、営業職で終わりたくなく、専門家として企業の役に立ちたかったので。

  • 30代
  • 東京都中央区
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

関係会社間の経営相乗効果について興味を持ち、マーケティング手法が活かせると思ったからです。

  • 30代
  • 埼玉県さいたま市
  • 勤続年数3年
  • 中途入社

ITコンサルタントの仕事に興味があったので、思い切って飛び込みました。

  • 30代
  • 佐賀県佐賀市
  • 勤続年数5年
  • 中途入社

地元に帰らないといけなくなった事と、監査法人での経験を地元企業のために活かしたかったからです。

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事