私は体力的な理由で前職を辞め、ハローワークを利用して今の仕事を見つけ働きだしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 40代
  • 大阪府
  • 運輸
  • 勤続年数半年
  • 中途入社
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 求人を探す
リクナビNEXT
(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

どのようなセクハラ・パワハラ・職場いじめを受けたか?
そこでは社員が30名ほどで仕事をしているのですが、私が配属された職場には10名ほどの職員が働いていました。チェーン店の関係上、数年に一度は転勤が決まっているのですが、私を含め4名のメンバーは請負契約のため転勤はない職場です。その職場に勤める50歳後半の社員さんがいるのですが、この方がひと癖ある方で、何をするにしても自分が中心になって物事が動かないと機嫌が悪くなる方なのです。仕事をする上でマニュアルがあるのですがそんなものお構いなしです。その方にとって納得できるかできないかが基準です。少しでも気にいらないことがあれば怒鳴り散らす始末。その方より上司はおられるのですが、上司はみなその方より年下で、なおかつ仕事をその方から教わってきた関係上、あまり口出しをしないのです。私は人から大人しい性格だとよく言われます。あまり反対の意見もいうことがなく、どちらかといえば受け止めるタイプなのですが、とにかく仕事やプライべートに関してボロクソに言われます。まだ新しい仕事に就いて3カ月目くらいですが一人前の仕事内容を平気で求めてきます。一度教えたら完全に覚えるよう強要します。もし間違うものなら「やる気がないなら辞めろ!」「死んだらええんちゃうん」とみんなの前で平気で怒鳴ります。プライベートに関しても、「それだけアホやったら親や子供もアホやろう!」という始末。あまりの酷さに上司が仲裁することもしばしばですが、とにかく病気ではないかと疑うほど激高するのです。他の社員さんに聞いたところこの方が問題で新しい人がみな辞めるとの事。私の仕事振りは3か月にしてはよくできている方だと聞いて安心しているのですが、その方と上手く付き合えず悩んでいます。
セクハラ・パワハラ・職場いじめ解消に向けて何か活動(被害者コールセンターに相談)をしたか?
会社にセクハラ・パワハラ110番、というのがあるので相談してもいいのかもしれませんが、その職員にしてもこの方の元部下が携わっています。そのためこの機関がその機能が発揮できないのではないかと危惧し、相談をためらっています。仮に相談してみたところで上司も意見できないような状況で、元部下の方がまともに意見できるのかどうか?電話でのやり取りをを聞いていると完全に言いなりになっているのが分かるからです。自治体やNPO、弁護士などがそういう相談の窓口を開設しているので、そこに相談してみるのも考えているのですが、まずは自分にできる事をもう少し考えてみて、それでも手に負えない、どうしてもプロの力を借りるしかないと思ったら相談してみようと思っています。
セクハラ・パワハラ・職場いじめをうけて転職を考えたか?/ したか?
入社1か月ころは本気で再就職を考えていました。理不尽に怒られる毎日に、心身ともにかなり疲れてしまい、食事もあまりできず夜も眠れない日々が続きましたから。よくハローワークや求人関連の雑誌やインターネットなどの情報をこまめに見ていました。何件が類似の仕事に応募しようと実際にハローワークにも行きました。たまたま希望する仕事に求人がなく、その時は諦めて他の仕事も調べてみたのですが、条件に合う仕事はなかなかありません。何かを犠牲というか、条件を緩和しないと求人がない状態に、更に気持ちが落ち込む日々を過ごしていました。職場で落ち込み、新しい職探しで落ち込むという負のスパイラルにはまり込んでいくようでした。
転職の有無にかかわらず現状は?
今では気持ちを切り替えるように心がけています。前職の友人とよく話しをするのですが、この困難を乗り越えたらこの先それを超えるほどの困難もさほどないのではないか?というのです。これだけ理不尽なことを言われながら仕事をしていますが、こちら側の接し方、考え方でかなり受け止める気持ちも変わると思ったのです。回りの人も言っている通り少し病気に近いところもあるので、「そういう性格、少し心の病を患っているのだ」というくらいの気持ちを持って接してみようと思ってから、少し気持ちが楽になりました。また最近自分の頑張りを認めてくれる仲間たちが増えたことで、少し心に余裕が生まれつつあります。その方との接しかたはまだまだ暗中模索ですが、仕事が慣れることにより少しづつではありますが、前向きな気持ちになってきています。このまま何とかその方とも対等に仕事ができるようになることが、今後の私のやるべきことだと考えています。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

  • 20代
  • 大阪府
  • 運輸
  • 勤続年数1年
  • 新卒入社

配属は店舗で、販売職でした。ほとんど働いている人たちは女性だったのですが、その女性のほとんどから(…

  • 20代
  • 静岡県
  • メーカー
  • 勤続年数5年
  • 新卒入社

書類の提出一つとってもミスの粗探しをして、怒る所を見つけたいといったような性格が曲がっている人で皆…

  • 40代
  • 大阪府
  • メーカー
  • 勤続年数27年
  • 新卒入社

私が入籍をした時期は、会社が経営危機に陥っていて、早期退職を行って人材も減ってタイミングが悪かった…

  • 30代
  • 熊本県
  • 運輸
  • 勤続年数1年
  • 中途入社

けれど、それまでの上司との関係は良かったと思います。異動する事になったきっかけは軽度の知的障害の方…

  • 30代
  • 広島県
  • その他
  • 勤続年数15年
  • 新卒入社

私が受けたパワハラは先輩に話しかけてもあからさまに無視される、こちらが休みの日のも職場に呼び出され…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事