数々の組織変更や先の見えない合併、年々見通しが悪くなる社風に不安を感じ転職に至りました。

  • 30代
  • 東京都中央区
  • ITサービス
  • 勤続年数半年
  • 中途入社
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

リクルートエージェントを利用してよかった点を教えてください
転職用にこれまでの経歴を職務経歴書にまとめてエージェントへ提出する作業があったのですが、最初自分だけでまとめた経歴書はA4用紙1枚半くらいで、それに対して「もっとここは強調したほうが良いですね」「せっかくだから制作物のキャプチャーも入れましょう」「ここはもっと数字も含めて具体的に」など親身になって色々なアドバイスをいただき、その結果、自分で読み返しても非常に内容の濃いと思えるA4用紙3枚の経歴書が完成しました。今までやってきたことは経験として自分の中にあるので、当然ですがその経験があるから自分で読む分には主観的に用紙1枚半にまとめた内容で完成だと感じてしまっていましたが、経歴書を受け取る企業側の人は用紙1枚半しか情報がないです。「じゃあこれを見た人がこれだけで自分に興味を持ってくれるか?」そこまで自分の意識が届いていなかったところにエージェントの客観的な指摘はとてもありがたく思いました。そしてできあがった経歴書が今回の転職活動への支えになった気がします。 経歴書は転職活動をするうえでとても重要です。心強い自分の武器を一緒に作っていただけたことに感謝しています。 リクルートエージェントは転職支援サービスとして大手ですので、やはり扱っている募集案件も各業界の大手が多く、私の場合も多分に漏れずWeb業界でも有名な企業の募集案件を候補として数多く提示していただき、「自分がここにいけるかもしれない」と転職活動へのモチベーションがあがりました。 とはいえ結果的には残念ながらいわゆる大手とはご縁がありませんでしたが、書類選考を通過して、1次面接、2次面接と大手相手に進めている状況というのは例え採用までは至らなくても「自分はここまで勝負できるんだ」という自分への自信に繋がった感覚を覚えています。 また、そういった企業の方と直接お話ができる機会は今回の転職活動があったからこそと思っていますし、エージェントの方に大手企業の案件を用意していただけた結果だと思っています。
リクルートエージェントを利用して悪かった点を教えてください
私は転職成功まで2ヶ月ほどかかったのですが、エージェントはそれぞれが抱えている転職者も多く、当然ですが決して自分専属ではありません。 と、それはわかっているものの、登録から面談を行いそこからの1ヶ月くらいは色々な案件紹介や企業側の選考進捗報告、今後の方向性の微調整などに関する相談など、転職活動へのサポート体制がしっかりしていてそのレスポンスの速さにとても安心感と信頼感があったのですが、1ヶ月を過ぎたあたりからだんだんとそのレスポンスが悪くなっていくのは転職先がなかなか決まらない身分としてはとても不安になりました。 幼稚な感覚かもしれませんが、「なんか見放されたかな・・・」という気分になってしまったのは正直なところです。 毎回企業との面接後にその面接の内容、「面接官の印象は?」「面接官の人数」「質問された内容」「どういった話をしたか」「面接を受けてみての入社意欲は?」など面接に関する各項目をまとめたレポートをエージェントに提出するのですが、転職活動スタート時は面接の数もそこまで多くなく、気持ち的にもレポートを作成する余裕がありましたので、提出と合わせて「今日はもっとこうすれば良かった」「あの話は盛り上がったな」「この手の質問はどこでも聞かれるな」など、その日その日を自身で振り返る材料としても活用していました。ただ、転職活動も長引くに連れて面接を数日に詰め込むような時期になってくると1企業1企業に対してのレポート作成、提出がかなり負担になってしまっていました。もちろんエージェント側としても面接に関するデータベースとしてそういったレポートが必要な情報であるのは重々承知していましたが、私みたいに転職活動が難航している人にとってはそれに負担を感じ他の転職活動支援サービス(例えばエージェントを介さない転職サイト)などに移行してしまうきっかけになってしまう可能性も少なくはないのではと感じました。 数々の組織変更や先の見えない合併、年々見通しが悪くなる社風に不安を感じ転職に至りました。 社員個々のスキルが高く、風通しも良い社風なのでとても働きやすいです。個人の裁量権も高いので、各案件に積極的に取り組める環境があり、これからのキャリアアップにモチベーションが上がっています。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人が違うのであなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

  • 20代
  • 東京都
  • その他
  • 勤続年数2年
  • 中途入社

1回目の転職と2回目の転職でそれぞれ登録し利用させていただきました。 まずインターネットで利用登録を…

  • 30代
  • 鹿児島県鹿児島市
  • 小売業
  • 勤続年数8年
  • 中途入社

リクルートエージェントを利用しました。良かった点は時間効率が良い点・退職のサポート、相手企業への給…

  • 30代
  • 滋賀県草津市
  • メーカー
  • 勤続年数2年
  • 新卒入社

利用してみてよかったと感じた点は2つあります。1つ目はサービスが充実していることです。初めての転職だ…

  • 30代
  • 東京都中央区
  • 医療・福祉
  • 勤続年数4年
  • 新卒入社

専門学校を卒業してすぐに、歯科衛生士として働いてきましたが、仕事をしていくに連れ歯のことをもっと知…

  • 30代
  • 山形県山形市
  • 小売業
  • 勤続年数5年
  • 中途入社

まず、普段見ていた求人雑誌や職安などで見ていた求人募集には、載っていなかった職業を見つけることが出…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事