最初の5年間くらいは、何とか付いていけましたが、仕事量が増えてくるにしたがって、職場全体がギスギスした雰囲気になっていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 40代
  • 北海道
  • 人材
  • 勤続年数8年
  • 中途入社
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

どのようなセクハラ・パワハラ・職場いじめを受けたか?
最初の5年間くらいは、何とか付いていけましたが、仕事量が増えてくるにしたがって、職場全体がギスギスした雰囲気になっていました。一番キツかったのは、風邪で熱があっても休めなかったことです。コールセンターでの対応人数が減ると、センターの成績が下がるだけでなく、クライアントからの信用を落として、受注を減らされるからです。体調を崩して、熱が出た時に休みたい、と電話をすると先ず、何度熱があるのか聞いてきます。真面目に37度6分ですなどと答えると、「そのくらいなら出て来れるよね」と、言って電話を切られてしまいます。それから、病院に行った帰りにそのまま出勤してするように言われたこともあります。仕方なく出勤すると、「周りの人に風邪を移さないように」と、誰もいない部屋の隅で仕事をさせられます。極め付けは、何とか仕事が終わって帰ろうとした時に、「この日、出られない?」と、休日出勤を強要してきたことです。流石に、「無理です」と言っても嫌な顔はされませんでしたが、朝礼で「お互いに協力しあってセンターの成績を上げましょう」と、嫌味を言われました。私だけでなく、他の職員も同様のパワハラは受けていましたが、新入社員に対しては、すぐに辞められると困るので優しくして、古株にキツく当たる風潮がありました。辞める2年くらい前から特にあからさまになってきて、朝「おはようございます」と、上司に声をかけても無視されるようになりました。
セクハラ・パワハラ・職場いじめ解消に向けて何か活動(被害者コールセンターに相談)をしたか?
仲の良い同僚とは、定期的に仕事の帰りに飲みに行って、話を聞いてもらったりしていましたが、解決策は何もなく、我慢するしかありませんでした。職場の悩みなどを匿名で告発することができるシステムがあるのですが、誰も怖くて使用することができませんでした。そんな中、同僚が匿名で上司のパワハラ行為について告発してくれました。お蔭で上司からのパワハラは減りましたが、一時的なものに過ぎませんでした。逆に、犯人探しのような雰囲気になって逆効果でした。誰が、告発メールを書いたのか、疑心暗鬼になってしまったのです。しかも、以前にも増して対応中の音源を聞かれたり、シフトが過密になってしまいました。正当な理由で告発をしても、そのせいで、とばっちりが来て迷惑だという職員が多くショックでした。
セクハラ・パワハラ・職場いじめをうけて転職を考えたか?/ したか?
お客様との対応中に不明な点を確認するために、上司に質問しに行くと、「私は、辞書じゃない」と無視をされたことがあります。精神的に追い詰められてくると、「お電話ありがとうございます」と、すらすら言えなくなり、何故かお電話の「お」が上手く言えなくなり、軽く滑舌が悪くなりました。対応内容は、全て録音されるだけでなく、ランダムに上司に聞かれてしまうので、直ぐに「第一声が大事なんだからちゃんとしてよね」と、注意を受けました。しかし、一度付いた癖は中々とれなくて、「お電話」は言えても変な間が開いて「ありがとうございます」と言ったり、「お、お電話」と、どもってしまったりという日々が続きました。そうしたら、とうとう新しい部署が出来たから頑張って欲しい、と移動を言い渡されました。その時に、転職しようと決断しました。 移動先は、野菜などの特産物をネットで販売する部署でした。畑違いな上に、発足したばかりで暇な職場では、余った品物をノルマとして買わされることで、辞めていく人が多かったのです。それで、すっぱりと仕事を辞めようと決意することができました。
転職の有無にかかわらず現状は?
現在は、自宅で株の売買やFXなどで、生計を立てています。不安定な仕事ですが、節税などをするとコールセンターで働いていた時よりも収入が多くなりました。年齢的に、新しいことを覚えていくのが、難しくなって辛かったのと、若い人に教える立場なのに、自信の無くなっていく自分がとても嫌でした。でも、今は失敗も成功も自己責任で、自分に全て返ってくる生活がとてもスリリングで、楽しいです。退職の無い仕事なので、年齢を気にせず続けることができるのも良い点だと思います。仕事をしながら、投資をする人も大勢いますが、私は同時に二つのことを行うことができない性格なので、これでいいと納得しています。また、誰とも合わなくなって丈夫か、と聞かれることもありますが、誰にも気を使わなくて済むので快適です。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

  • 20代
  • 大阪府
  • 運輸
  • 勤続年数1年
  • 新卒入社

配属は店舗で、販売職でした。ほとんど働いている人たちは女性だったのですが、その女性のほとんどから(…

  • 20代
  • 静岡県
  • メーカー
  • 勤続年数5年
  • 新卒入社

書類の提出一つとってもミスの粗探しをして、怒る所を見つけたいといったような性格が曲がっている人で皆…

  • 40代
  • 大阪府
  • メーカー
  • 勤続年数27年
  • 新卒入社

私が入籍をした時期は、会社が経営危機に陥っていて、早期退職を行って人材も減ってタイミングが悪かった…

  • 30代
  • 熊本県
  • 運輸
  • 勤続年数1年
  • 中途入社

けれど、それまでの上司との関係は良かったと思います。異動する事になったきっかけは軽度の知的障害の方…

  • 30代
  • 広島県
  • その他
  • 勤続年数15年
  • 新卒入社

私が受けたパワハラは先輩に話しかけてもあからさまに無視される、こちらが休みの日のも職場に呼び出され…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事