私は新卒で、大手小売業の営業事務として働き始めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20代
  • 東京都
  • メーカー
  • 勤続年数4年
  • 新卒入社
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 求人を探す
リクナビNEXT
(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

どのようなセクハラ・パワハラ・職場いじめを受けたか?
当初は仕事も順調、同僚とも良好な関係を気づいていくことができ、順風満帆な生活をおくってきました。ある日、他部署での新規プロジェクトの立ち上げがあり、私も事務としてチームに参加することになりました。以前から私の仕事ぶりを評価してくれている上司の方の推薦もあり、入社数年での異例の抜擢ということです。今までにない新規案件ということもあり、社内でも賛否が分かれる内容だったため、関係部署との軋轢が生まれることもしばしばでした。ある日私が地方の支社に出張に出かけた時のことです。電話で依頼しておいた書類が、私が社に着いても完成されていなかったのです。それどころか、私が困っているのを尻目に悠々と休憩をとっているのです。いくら私が年下とはいえ、仕事上でそのような態度を取られるいわれもありません。あげく「若いくせに生意気だ」、「どうせ仕事もできないのに」と聞こえるように陰口を言っているのです。辛かったです。それでも耐えました、頭を下げて仕事を進めてくれるように頼みました。今目の前で自分を罵倒していた相手に何度も頭を下げて頼み込みました。何時間も遅れ、上司からは電話でも怒られ、全てを自分の責任にしながらも耐え抜きました。やっとできあがった書類、それを私の胸に投げつけて陰口の相手は言いました。「ほら、拾えよ」涙が出てきそうになるのをこらえながら、落ちている書類を拾い集めました。それからというもの、その相手が出てくるたびに私の業務成績は下がる一方でした。挙句、人事異動でプロジェクトチームの上司として異動してくることになったのです。それからというもの、私は毎日のように罵倒され続けたのです。
セクハラ・パワハラ・職場いじめ解消に向けて何か活動(被害者コールセンターに相談)をしたか?
まず上司に相談することにしました。その方は私をプロジェクトに参加させてくれるほどには評価していてくれた方でした。ですが「相手は自社と大きな取引がある会社の関係者だということ。もし何かあって取引停止になれば社の経営自体がダメージを受ける。ここはなんとか耐えてくれないか。」というものでした。 その後社の相談窓口にも相談してみましたが、やんわりと耐えることを勧められただけでした。自分に問題があるのではないかと、心理カウンセラーの方に相談してみたことが一度だけあります。公共の相談窓口もあるのは知っていたのですが、社の問題が明るみになることで、これからの仕事、もしかすると転職することになった時も何かあるのではないかと不安になってしまい、相談することができませんでした。
セクハラ・パワハラ・職場いじめをうけて転職を考えたか?/ したか?
初期は全く転職は考えていませんでした。仕事は辛いのが当たり前だと思っていましたし、出張時の一過性のものだと思っていたからです。ですが相手の方が同じチームで働きだしてからは、毎日転職のことを考えていたように思えます。ですが新卒で入った私としては、転職に対する恐怖が勝っていてなかなか転職活動へと踏み切ることがでしませんでした。そのような状況下でも私を支えていてくれる恋人から「仕事が全てじゃない」と言ってもらえたこと、結婚することが決まってから、自分にも支えてくれる家族ができたという安心感からか、転職を前向きに考えることができるようになりました。学生時代の友人に転職を相談したところ、自分の職場で求人が出ているそうなので、しょうかいしてもらえる運びとなりました。もともと興味があった業界ということもり、面接はその場で合格を告げられるほどでした。
転職の有無にかかわらず現状は?
現在は新しくできた家族、新しくなった職場で毎日楽しく仕事をしています。あのころは体調も悪く、毎日吐き気や胃痛、腹痛に襲われていました。ですが今は薬も全く必要ないほど回復し、一時期は10kg以上落ちていた体重も、元に戻る以上の快調さです。前の職場では嫌がらせされていた相手の仕事も終わらせなければならないので、毎日残業し休日出勤していましたが、現在の職場では周りの方のサポートもあり、毎日定時には退社しています。家族も家事や精神面でサポートしてくれるので、仕事が終わってからの家事も楽しんでやれることが多いです。何よりも余裕がある生活を送れることで、周りの人達にも優しい気持ちで接することができ、これまで以上に交友関係も円滑に進めることだできています。もっと早く転職を決意していれば…と思うこともしばしばです。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

  • 20代
  • 大阪府
  • 運輸
  • 勤続年数1年
  • 新卒入社

配属は店舗で、販売職でした。ほとんど働いている人たちは女性だったのですが、その女性のほとんどから(…

  • 20代
  • 静岡県
  • メーカー
  • 勤続年数5年
  • 新卒入社

書類の提出一つとってもミスの粗探しをして、怒る所を見つけたいといったような性格が曲がっている人で皆…

  • 40代
  • 大阪府
  • メーカー
  • 勤続年数27年
  • 新卒入社

私が入籍をした時期は、会社が経営危機に陥っていて、早期退職を行って人材も減ってタイミングが悪かった…

  • 30代
  • 熊本県
  • 運輸
  • 勤続年数1年
  • 中途入社

けれど、それまでの上司との関係は良かったと思います。異動する事になったきっかけは軽度の知的障害の方…

  • 30代
  • 広島県
  • その他
  • 勤続年数15年
  • 新卒入社

私が受けたパワハラは先輩に話しかけてもあからさまに無視される、こちらが休みの日のも職場に呼び出され…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事