厳しい50代転職で「年収○○万円以上」等、希望通りの転職を実現する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
50代といえば「仕事を辞めたい」と思い悩む人が多く、年齢や技術的な不安により転職に踏み切れない転職希望者が大勢います。この記事では50代が逆境をはねのけ、転職に成功するヒントをわかりやすく説明していきます。
             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

転職サイト比較表を見てみる

50代の転職事情

50代という年齢でも求人はあるの?

50代の転職は厳しいと言われます。厳しい理由は、「投資の回収期間」です。

どんな企業でも、入社してからしばらくは研修のようなもので、成果は期待できません。しかし、この間も給与が発生します。

一通りの仕事を覚えて成果を出せるようになっても、残りの就業年数が短いので、充分な成果を出すことができないとみなされてしまいます。

また、採用したとしても、次に、配置の難しさがあります。

50代ともなれば、何らかの役職がつくことも考えられますが、他のメンバーからすれば、外から入社した人が、いきなり役職につくことは面白くありません。

かといって、平社員として採用しても、上司の方が年下である可能性が高いです。上司からすれば非常に扱いづらい部下です。

また、50代ともなれば、新しいことを覚えることに抵抗がある方も少なくありません。(要は、頑固な人が多いということです。)

社内のルールを無視して自分のやり方を押し通されるとトラブルになります。こういったリスクを考えると、わざわざ50代の人を採用したくないと思うのです。

年収/待遇が良い求人を見る

30代、40代、50代でどのくらい仕事上の自分の人材価値が変わるの?

20代から50代にかけて、企業が人材もとめるものは変わっていきます。大まかには以下のイメージです。

20代は、元気と馬力で仕事をこなす。

30代は、エースとして成果を出す。

40代は、管理職として、会社をまとめる。

50代は、包容力を持って会社を支える。

50代となると、バリバリと量をこなすような活動は求められません。

後輩たちへの指導や、トラブル発生時の対応など、長年の知識・経験を活かした活躍が求められます。

とはいえ転職においては、よほど上流の役職に転職するのでなければ、ある程度は実務をこなせなければなりません。

(口だけではなく、実際に手も動かさなければ、転職先で信用を得ることはできません。)

今までの知識・経験を活かして、若手の支援ができる。 かといって、椅子にどっしり構えているだけではなく、前線での活動もできる。

両面をアピールしなければなりません。

何もできませんが、何でもします。だけでは若者には負けてしまいます。経験を活かして指導や管理はできますが、実務はしたくない。では、煙たがられてしまいます。

これを念頭に置いて転職活動をしましょう。

無料利用出来る転職サイト

キャリア・実績・年収アップに繋がる3つのポイント

①何らかのスキル、強みがある

50代になるまで経験した知識や技術は、全く無駄なのでしょうか?そうではありません。今までの知識や技術を活かすことで有利に転職活動を進める事が可能です。

転職を有利にする技術・知識をご紹介します。

  • 専門知識・技術(理系)
  • 専門知識・技術(文系)
  • 人脈・ネットワーク
  • 企画、立上げ経験
  • 専門知識・技術(理系)
  • マネジメント経験

研究開発、設計、プログラミングといった科学的な知識や技術です。長い経験を活かした技術・経験があれば技術者、職人として充分に転職が可能です。

・専門知識・技術(文系)

マーケティング、会計、デザインなど、理系ではない分野での専門技術です。

自分は文系だから専門知識は無いと思われる方も多いのですが、専門知識が無いのではなく、当たり前すぎて専門知識と認識していないだけです。

営業であれば営業スキル、総務部であれば冠婚葬祭対応などの総務スキルも立派な専門知識です。

・人脈、ネットワーク

ただ知り合いが多いだけではいけません。ビジネスにおける人脈とは「キーマンを知っていて、アポが取れること」です。

例えば、ある企業とお取引をしたい時に、購入担当者を知っていて、気安くアポが取れる関係であれば、営業活動に非常に有効です。

他にも、官庁に何らかの許認可を得る際に、官庁の担当局と面識があれば手続きをスムーズに進めることができます。どの企業であれば、自分のネットワークを有効活用できるか、ビジネスに紐付けて考えましょう。

・企画、立上げ経験

新規事業立上げや、海外工場の立上げなど、何かしらゼロからスタートした経験は貴重です。そのビジネスに対する知識だけではなく、新しいことに挑戦し、成し遂げたという精神力が評価されます。

細かく挙げていけばキリがありませんが、50代まで仕事をしている方であれば必ず、何らかの専門知識・技術は持っています。自信を持って転職活動を行いましょう。

ただ、「昔とった杵柄自慢」にならないように気をつけて下さい。過去の実績は大切ですが、過去の実績だけでは企業に利益をもたらしません。過去の実績から得られた知識・技術を活用して成果を出すことが求められています。

年収/待遇が良い求人を見る

②家庭の事情・離婚・リストラされた等々、仕方のない事情がある

前職の退職理由をリストラや家庭の事情と伝えるべきか?悩まれる方は多いと思います。これらの理由を伝えることは全く問題ありません。転職先企業に安心感を与えるからです。

50代の方に対して、採用側は「なぜ転職するのだろう?」という疑問を持ちます。 これは、50代になって転職活動をするということは、何か問題を起こして辞めざるを得なくなったのではないか?という疑問につながります。

リストラや家族の介護のための退職であれば、悪い理由での退職ではないと認識してもらえます。

一昔前は、リストラ・肩たたきというと、社内の不要人員というイメージでしたが、最近では「企業がリストラ(早期退職)をすると、優秀な人材から辞めていく」と言われます。

リストラにあって退職したと伝えることに抵抗があるかも知れませんが、無理に他の理由をこじつけるよりは、良い印象を与えます。

また、介護など家族の事情で辞めた場合も、正直に伝えましょう。

例えば、「前職は出張が多く、家族の介護が必要なため退職をした。」という場合、退職した理由や出張ができないことをしっかり伝えましょう。それによって落とされる企業もありますが、出張の無い仕事もたくさんあります。

逆に考えれば、企業側は「出張できないという条件付きであれば、他企業で優秀な実績を持つベテラン社員を採用できる」という見方もできます。

リストラにせよ、家族の介護にせよ、世間的な認知度は高まっています。コンプレックスに感じることなく、堂々と就職活動を行いましょう。

③企業が求めるのは人間関係をこじらせない素直さ

50代の転職者には、「人格」も求められます。転職先では、20代の先輩から仕事を教わる場面も出てきます。この時、素直に話しを聞き、指示に従って行動をすることが求められます。

今までのやり方と多少違っていてもまずは受け入れて、指示通り仕事をしましょう。腰が低く、人の話を聞く年長者は尊敬されます。

メンバーからの尊敬と信頼を集めた上で、アイデアの提案やアドバイスをすれば、受け入れてもらいやすくなります。

企業は、50代の人材に対して、人の話を聞く素直さと、今までの経験を活かしたアイデアの両方を求めます。逆に、人の話を聞かず、頑固なベテラン社員は敬遠されます。

無料利用出来る転職サイト

【スキルに自信がない方向け】50代から取得可能な、面接で有利に働く資格一覧

50代からの転職に際して、有利に働く資格をご紹介します。

例:宅建、旅行業務取扱管理者、危険物取扱者

これらの資格に共通する点は、「事業所に必ず必要」であるということです。

不動産事業を行う場合、必ず宅建資格保有者が必要です。旅行業であれば、旅行業務取扱管理者がいなければなりません。

最低限の人数しかいないと、資格保持者がある日退職してしまうと、営業所は業務停止をしなければならなくなります。

このため、資格保持者を優遇し、できるだけ多く確保しようします。宅建、旅行業務ともに未経験でも取得可能です。(それなりの勉強が必要ですが)

技術系の方であれば、危険物取扱者や放射線管理者など、事業所に必ず必要とされる資格が多数あります。自分の専門分野を活かせる資格を調べてみて下さい。

無料利用出来る転職サイト

希望通りの雇用条件で会社へ転職するのは可能?

①「年収○○万円」「正社員」といった雇用条件を叶えるなら転職エージェントに相談

最後に就職活動をしてから十年以上経っている方も多いと思います。転職活動といっても何をすればよいのかわからない。

果たして希望通りの会社に入れるか不安に感じられると思います。不安と焦りから、手当たり次第に企業に応募して、不採用となって落ち込んだり、

とりあえず決まった会社に転職してみて失敗したりというのは典型的な失敗パターンです。

必要以上に不安を感じることも焦る必要もありません。まずは落ち着いて状況を整理してみましょう。

・今と同程度の年収が欲しい。

最も気になるのが年収だと思います。年収を下げたくないという思いは誰しも共通です。

しかし、自分の年収を正しく認識している人は、多くありません。ざっくりと自分の年収は認識されていると思いますが、正確な年収は答えられないのではないでしょうか?

何をもっと年収と言うか、この認識が人によって様々なのです。例えば、年収6百万とした場合、年収6百万+残業代か、残業代込みで6百万か、によって実際の収入には差がでます。

また、社宅・借り上げ社宅に住んでいる場合、転職をすると住居費用を支払わなければならなくなるため、同じ年収6百万で転職できたとしても、実質的には収入ダウンになります。

細かい所では、食堂の有無、制服の有無も支出増加の原因となります。

逆に、現職で住居費用が全て自己負担のであれば、社宅有りの企業に転職すれば、年収がダウンしていても実質の収入は増える場合もあります。

転職にあたって、まずは自分の年収を正確に把握しましょう。

・年収以外に希望する条件は?

自分の年収を正しく把握した後は、年収以外のことを考えましょう。

今の仕事は月間40時間の残業代を含めて年収600万円だったとして、

  • 年収は550万になるが残業ゼロの会社、
  • 年収は650万に増えるけど月間残業60時間の会社

どちらを選びますでしょうか?

労働時間を短くして家族と過ごす時間や自分の趣味の時間を取ることで得るものもあると思います。

あるいは、今の通勤時間が1時間半であれば、通勤時間が30分の会社に転職をすることで、劇的に生活は変わります。

労働時間以外にも、人間関係・環境・やりがいなど多くの要素があります。

年収/待遇が良い求人を見る

・自分の希望条件を整理しよう

こうして考えることで、転職にあたって自分の希望する条件が整理されてくると思います。希望条件を整理する時に、転職サイトを参考にしましょう。

転職サイトには、地域・業種・職種など仕事を検索するための項目があります。この項目にあわせて自分の希望条件を整理すれば、仕事を検索する時にそのまま使えます。

・客観的な情報を得よう

ここまでは、自分の希望の整理です。次に重要なことは、

希望通りの求人はあるのか?自分が採用される可能性はあるのか?

という点です。

自分の希望が全て叶う職場が見つかれば良いのですが、そう上手くはいきません。

また、条件にあう仕事があったとしても、良い条件の仕事は競争率も高くなります。

現在の転職市場の相場から見た自分の希望は、高いのか適正なのか、希望が高すぎるのであればどの条件を妥協すれば採用の確率が高くなるのか。

こういった情報を簡単に入手する方法が、転職エージェントに登録することです。

転職エージェントは転職市場の相場を把握しているので、客観的なアドバイスを受けることができます。

転職エージェントのアドバイスを受けながら、希望条件の見直しを行い、具体的に応募する企業を絞り込んでいきましょう。

無料利用出来る転職サイト

②業界・職種・業種に精通した転職エージェント利用がおすすめな理由

上記したように、転職活動における情報収集には、転職エージェントの利用が有効です。転職サイトでも情報収集は可能ですが、情報量ばかりが多くて、逆に惑わされてしまいます。

転職エージェントに登録をすれば、希望条件を基に仕事をピックアップして紹介してもらうことができます。また、少し条件を変えた時に、これだけ選択肢が広がります。

という提案を受けることもできます。

さらに、企業の内定を勝ち取るための、アドバイスを受けることができます。

企業によって評価するポイントは様々ですが、転職エージェントは、企業が、応募者のどこを見ているかを熟知しています。

例えば、チームプレイを重視する企業であれば、チームとしての仕事経験を重視した職務経歴書を作成します。

逆に、個人の技術やスキルを重視する企業であれば、そこの情報を多めにします。

こういった情報はエージェント経由でしか得ることができません。

また、面接本番前に模擬面接を受けることも可能です。10年以上ぶりの面接は非常に緊張するもので、思うとおりに話すことができません。

模擬面接を受けることで、かなり緊張は緩和されるでしょう。

③転職エージェントのサービスを利用しなかったらどうなる?転職失敗談

条件交渉・確認も、エージェントの重要な機能です。面接において、気になることがあっても質問しづらいものです。

「余計なことを聞いて、不採用になったらどうしよう」と思うと、聞きたいことも控えてしまいがちです。

このようなケースがあります。

Aさんは、長年に渡って海外営業のスペシャリストとして、1年の半分以上を海外の出張先で過ごす生活を送ってきました。

しかし、両親が病気で倒れ、介護をしなければならなくなったため、出張の多い仕事を続けることができず、退職をしました。

幸い、よい転職先が見つかり、内定を受けることができました。しかし、出張の有無については面接の時に話題に出なかったため、出張が有るか無いかよくわかりません。

両親の介護の話も特に聞かれなかったため、伝えていません。

実際は、入社してから初めて頻繁に海外出張があることを聞き、結局、この会社もすぐに辞めざるを得なくなりました。

このケースであれば、出張があるかどうか質問をするか、自分が出張ができないことを伝えればこのようなことにはなりませんでした。

転職エージェントを経由して仕事に応募すれば、自分では聞きにくい質問や言いにくいことを代わりに伝えてもらうことが可能です。

年収の交渉を、エージェント経由で行うこともできます。転職での失敗を避けるため、エージェントを上手に活用しましょう。

無料利用出来る転職サイト

転職エージェントを利用して、50代女性で転職成功した人の体験談

転職エージェントを使って転職に成功した事例です。

Bさん(53歳)は、長年総務人事部門で仕事をしてきましたが会社の業績悪化に伴うリストラで退職することとなりました。

取りあえず転職サイトを見たものの、自分に合いそうな仕事は見当たりません。とても今から営業や販売の仕事はできそうにありません。

そこで、転職エージェントに登録し、キャリアカウンセリングを受けることにしました。

今まで、自分の経歴は大した価値が無いと思っていましたが、転職エージェントからアドバイスを受けながら、スキルの棚卸しをすることで自分の価値を見直すことができました。

エージェントから紹介された仕事は、前職と全く違う業界でしたが、株式上場に向けて総務人事部門を強化したいというニーズを持っていました。

エージェントから、この企業はコンプライアンス体制の強化に力を入れているというアドバイスを受け、前職でコンプライアンス体制を構築した経験に重点的を置き、職務経歴書を作成しました。

書面審査後はエージェントから模擬面接による指導を受け、万全の体制で面接に挑みました。結果として無事に内定を得ることができました。

このケースで紹介されている求人は「非公開求人」です。

上場準備をするための人材を公開募集すると、その企業が上場準備をしていることが外部に知られてしまいます。

このため、この企業は、求人情報を公開せずエージェント経由でのみの募集を行っていました。

このような非公開求人は多くあります。Bさんは、転職エージェントに登録をしなければ、この求人に出会うことはできませんでした。

転職エージェントを活用することで、転職活動を効率的に進めることができます。エージェントへの登録やアドバイスを受けることは無料です。

複数のエージェントに登録をすることも可能です。エージェントをうまく活用し、転職活動を効率的に進めましょう。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性
21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け
未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

40代・50代男性の転職は厳しい?中高年男性の転職事情を徹底分析!

「会社の都合で仕事がなくなった..」「年収や待遇が不満..」「仕事がつらくて健康に支障をきたしている..」「

40代・50代女性の厳しい転職事情を打破して転職を成功に導くために…

人手不足で売り手市場と言われいても40代・50代の転職事情はとても厳しいと言われています。ここでは、40代・50代女性が厳しい転職事情を切り抜けて良い転職をするにどうしたら良い…

40代の転職を成功させるために知っておきたい8つのこと

さすがに40代ともなると転職は不安ですよね。「この歳で雇ってくれるだろうか?」「収入が減るのでは?」などの悩みが聞こえてきます。40代で転職を目指す人の為に年齢の弱みを強みに変えて転…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事