30代で女性は変わる?アラサー女性を取り巻く転職事情

女性も30代となればライフイベントや取り巻く環境の変化が増えてきます。キャリアアップもしたいし、プライベートも両立したい、けれども転職をする時期としては適齢期と言えるのかわからず、新たな一歩を踏み出せていない方も多いようです。今は転職すべきタイミングなのか、どういった選択が今後の人生をより豊かなものにするのか、今回は30代の女性の転職事情についてご説明します。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

30代女性は雇用形態にこだわらなければ転職適齢期

世間では「30代での転職は厳しい」、「転職限界年齢は35歳」と聞きますが、そんなことはありません。働き手の不足により有効求人倍率も伸び、採用年齢も上がり続けている状況です。転職サービスDODAの「転職成功者の年齢調査」でも転職者の平均年齢は32.5歳であり、調査開始から過去10年間で3.4歳アップしています。

ですから、30代の女性の転職は決して厳しくはありません。ただし、正社員にこだわって探す場合には求職者の方の経験やスキル、状況によるため、一概に転職をすべきとはいえません。

なぜなら30代の転職では即戦力を求められる傾向にあるからです。

そのため、育児休暇明けの方や就業経験が数年ない方、また、正社員としての就業経験がない方は正社員での転職活動に時間がかかることが多いのです。しかし、難しいといっても手段ややり方に工夫をすればチャンスを掴めます。

<正社員にこだわって仕事を探す方法>

①複数の求人サイトやサービスを活用する

1つではなく、いくつかのサイトやサービスに登録し活用することをお勧めします。応募求人の取りこぼしがないよう選択肢を増やすというのは有効な手段です。ただし、多くの人や企業とのやり取りを自分で管理しなくてはいけないので、連絡や日程調整等抜け漏れがないよう注意しましょう。

②社員化可能性のある求人も応募

企業によってはゆくゆく正社員にしたいポジションでも人柄や働きぶりを実際に見てから判断したい等の理由で紹介予定派遣や正社員以外の雇用形態にて募集を出すことがあります。すぐに正社員にはなれなくても最初から正社員を受けるよりも可能性を広げることができるので、紹介予定派遣も応募をするようにしましょう。

③特殊な技術を身に付ける

経験やスキルに自信がない方は資格を取得をしておくことで転職の武器を増やすことができます。ITエンジニア(プログラマー、クリエイター)や社会労務士や税理士といった特殊な知識や資格が必要な仕事も多く募集があります。転職活動をする前にスクールに通い勉強をしたり資格を取得した上で仕事を探すことで正社員での募集に応募ができるものも多くあります。

本来キャリアチェンジは新しいことを習得する能力に長けた20代の方が転職を果たしやすいのですが、IT業界等の人手不足が深刻な業界は採用する年齢も上昇傾向にあります。ですから新しいことへのキャッチアップが年齢に捕らわれずできることを採用担当に示せれば正社員採用へのチャンスは十分にあります。

資格があれば転職ができるのではなく、資格取得のために努力ができることや勉強を継続できることが一つのアピールポイントとなりうるのです。ですからフリーランス等で実務経験を積みポートフォリオを作っておくこともあなたの現状のスキルを示すことができ、新しいことへの技術習得に意欲的であると伝えることができます。

※仕事別!30代女性が持っていると就職に有利な資格※

  • 事務系職種:Microsoft Office Specialist
  • 人事、総務系職種:社会保険労務士、行政書士
  • 経理系職種:簿記1級
  • 銀行系職種:ファイナンシャルプランナー1級
  • 医療系職種:医療事務、介護福祉士
  • 経営系職種:中小企業診断士
  • 不動産系職種:宅地建物取引士
  • IT系職種:CCNA、LPIC、Oracle Certified Java Programmer Bronze SE 7 / 8
  • 英語:TOEIC800

④未経験求人も応募!仕事内容にこだわらない

正社員へのこだわりを第一に考えるのであれば、未経験の仕事内容であっても応募をすることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。人材不足が逼迫する業界では経験よりもまず人材確保を優先するため、正社員としての就業を獲得できる可能性もあります。

例えば求職者のキャラクターやポテンシャルで採用をしてくれるのは生命保険のセールスレディといった営業職などが代表的です。大量募集をしている大手の会社は教育ノウハウや研修も整っており、持たされる裁量も決まっていることが多いので、資格や経験がなくても数か月後に即戦力として活躍できる求人もあるのです。

ただし、雇用形態以外へのこだわりや思いが強い方にはお勧めはできません。入社後に後悔しないよう「なぜ、正社員として働きたいのか」、「本当に優先順位として正社員へのこだわりが一番強いのか」をしっかりと考えた上で応募をするようにしましょう。

年齢を強みに転職する方法は…?

30代女性に適した面接の身だしなみ

30代になれば着こなしや身だしなみも洗練された社会性ある格好が求められてきます。世間一般的にはどのような身だしなみが好まれるかをご紹介します。

■服装

ベンチャーやIT業界等はカジュアルな格好でも問題ない業界も多くなってきていますが、面接は初めてその企業の採用担当者と顔を合わせる場所となります。様々な嗜好性の方がいるため、服装で採用担当者にマイナスイメージを持たれないようスーツもしくはジャケットを着用するようにしましょう。

また、インナーは派手な色味や柄物は避けましょう。シャツスタイルが無難ですが、カジュアルな業界であればシフォン素材などでも問題ありません。サイズはダボッと着こなすのではなく、体のサイズにフィットしたコンサバ系の服装を意識しましょう。

靴はつま先が開いたデザインやピンヒール等は避け、高くてもヒールは7cm以内のパンプスを履きましょう。

■化粧

派手さを抑えたナチュラルメイクを心がけましょう。アイシャドウやマスカラも重ね付けは控えめにしましょう。

■髪型

一つにまとめるか、綺麗にブローしましょう。髪色は会社によって好まれる色味はありますが、落着きある焦げ茶色、黒髪に近い色であれば安心です。

■アクセサリー、マニキュア

付けない方が無難です。着用をしたい場合はシンプルなデザインで小ぶりな物がよいでしょう。マニキュアも薄い色味でフレンチネイル位がお勧めです。

■香り、匂い

付けない方が無難です。面接は個室で行われることが多く匂いがこもりやすくなります。人によっては香りを嫌う人もいるため、付けたとしても香りの弱いものに。また、口臭が気になる方は面接前に飲み物やガムを食べておきましょう。

転職成功に無料登録必須のリクルートエージェント

30代女性の年代別&場所別の転職事情

30代の女性ならではの転職事情はあるのでしょうか。年代(30代前半、後半)やエリアによる転職の特徴を調査しました。

■30代前半と後半の転職のしやすさ

一般的には年齢が低い方が新しい環境に馴染みやすいと考えられているため、転職チャンスが多いと考えられています。ただし、任せたい仕事の内容や外資等の年齢に捉われない社風によってはよりスキルフルな方に来てもらいたい求人も多いため、年齢と能力が高い方が歓迎される場合もあります。

また、日本では部下となる方の年齢が上司よりも高くなることを好まない傾向もあるため、募集求人の上司の年齢によってより年齢の低い30代前半の方が好まれる場合もあります。

転職成功に無料登録必須のリクルートエージェント

主要都市ごと(東京、大阪、名古屋、福岡)の30代女性の転職事情

・東京

大手人材会社がサービスを網羅的に展開しており、企業も多く転職に最も適したエリアとなります。東京は特に本社機能を持った企業が多く、大手銀行や小売り、流通、メーカー、IT、サービス企業等の様々なポジションの募集が見られます。

東京近郊神奈川まで足を伸ばせば京浜エリアを中心に老舗電機メーカーや外資企業も点在しています。多種多様な企業が存在しているため、職種も多く、30代の女性の活躍の場は多くなります。

・大阪

大企業であれば必ず大阪近郊にも支店があります。そのため、大手の営業所や支店での安定した求人が多くなる傾向にあります。出世という観点では転勤も視野に入れる必要がありますが、現在の仕事を継続したい場合には選択肢は多いエリアとなります。

また、古くから貿易が盛んな場所柄海外とやり取りをする企業も多く存在するため、語学を活かした求人も比較的多くなります。大阪独自の文化や観光地も多いため、飲食系や販売員、サービス・レジャー系求人も多く募集があります。

・名古屋

古くからものづくりの場となっているため、大手の工場や支店の求人が多く存在しています。求人数は東京、大阪といった大都市よりも少なくなり、企業所在地も駅近くにない企業も多いため、仕事を探す時には通勤の長さも覚悟をする必要があります。

また、医療系求人が多いため、医療事務や歯科衛生士なども選択肢の一つとして見ておくとよいでしょう。

・福岡

観光や食文化で魅力の多い福岡は九州一の賑わいを見せる地方都市です。そのため、接客販売系、サービス系のお仕事が多く募集されています。本社機能を持つ会社は多くはないのですが地元に根付いた優良起業も存在するため、仕事を探す際はチャンスを逃さないようにこまめに求人チェックをしましょう。

年齢を強みに転職する方法は…?

30代女性にオススメの転職サービス(サイト・エージェント型)はこれ!

多くの転職サイトやエージェントによる転職支援サービスが存在しますが、30代の女性が登録、活用するにはどのサービスがよいのでしょうか。あなたに適したサービスをみつけ、活用していくことも転職を成功させる秘訣の一つとなります。

■エン転職WOMAN(転職サイト)

20、30代の転職に定評のあるエン転職WOMAN。女性向けのサービスも展開しており、「働く日本の女性を元気にするブログ!」でエン・ジャパンの社内でロールモデルになる女性社員や支援制度等も紹介しています。

まだ転職を決意していない状態でもスマホがあれば気軽にどのような仕事の募集があるかを検索できるので色々と見てみたい方にピッタリです

■パソナキャリア(転職エージェント)

パソナグループ全体で女性活躍推進を押し出しています。パソナキャリアは、業界内での評判も良い転職エージェントです。女性のコンサルタントも多く所属しているので、女性ならではの転職の悩みも相談しやすい点が魅力の一つです。女性管理職セミナーも実施しており、女性のキャリア構築のノウハウやサポート事例も豊富です。今後のキャリアプランについて相談したい方には特にオススメです。

年齢を強みに転職する方法は…?

30代女性の働く条件は?

30代の女性が転職をした場合就業条件はどうなるのでしょうか。転職をする前に知っておきたい給与や昇給可能性についてご紹介します。

■30代女性の平均給料は390万円

転職支援サービスDODAの調査によると30代女性の平均年収は390万円であり、前年よりも平均年収が高くなっているという結果が出ました。給料は転職を考える上で大切な判断材料です。あなたの市場価値を上げるためにも転職を検討することは今後の人生をより豊かにするための重要な一手となるのではないでしょうか。

■昇給可能性は企業風土とあなた次第

この年代になれば重要な役職やポジションも任され、能力を発揮するチャンスは多くなりやすいため、あなたの働きぶり次第ではさらなるキャリアアップを果たせます。ただし、男性優位であったり一定レイヤーまでいくと昇給しにくくなる体質の会社もあるため、入社を決める前に企業風土や人事制度についての確認はするようにしましょう。

年齢を強みに転職する方法は…?

30代女性の転職での注意ポイント

転職をするのであれば、長く安定して働きたいと思うのが30代の女性の本音ではないでしょうか。30代の女性は仕事にプライベートと大切にしたいものも多く、注意点がたくさんあります。注意を怠ることで思いもよらない結果になる可能性もあるため、ポイントを踏まえ万全な状態で転職活動に踏み切りましょう。

30代女性の働きやすさチェックポイント

①転職先を決める時は先のライフプランを見越して選択

例え現時点で魅力的な求人であったとしても、30代の女性であればプライベートのライフプランによってはゆくゆく働きづらくなってしまう可能性があります。特に結婚や出産を考えるようであれば、労働時間や残業の調整がつきやすいかや、急な休みでもサポートしてくれるような部署構成かなどを確認した上で転職を決めなくてはいけません。

家庭の事情による引越しやご主人の転勤予定がある方であれば、ゆくゆく他の支店でも働けるかなども知っておきたいところでしょう。今の自分と将来の自分とで折り合いを付け、ベストな選択を出来るよう自分の中のライフプランを明確に持ちましょう。

②応募先企業での同年代のロールモデルをチェック

同年代の女性がどのような働き方をしているかは是非とも入社前に聞いておきたいポイントです。働き方や昇給、キャリアチェンジなど社内での選択肢を知っておくことで長く働きやすい環境かどうかを知ることができます。企業によっては実際の部署の社員と話をし、より実情を知ることもできるため、面談ができるかを聞いてみると良いでしょう。

③応募先企業での年上世代の働き方もチェック

年上世代の働き方を聞くことで長く自分が働くとどのようなキャリアを形成できるかを予測することができます。今後どのような人生を送りたいかを考える上でも働き方は大切な要素となるため、未来の自分にとっての働きやすさが存在するかを確認しましょう。

もし、自分よりも年上の世代がいない場合は、入社後に自分が後輩たちのロールモデルとなる覚悟を持って入社をしましょう。

転職成功に無料登録必須のリクルートエージェント

■転職のパターン

・成功パターン

スキルアップによる転職

→現職でのスキルアップも頭打ちになった場合には他の活躍の場を探しましょう。売り手市場の今なら年収アップも夢ではありません。

将来を見越しての転職

→今は満足をしていても今後の予定によっては実は転職適齢期である可能性があります。結婚、出産、転居等何かしら先の予定がある場合には逆算して市場価値の高い時に転職を果たしましょう。

・失敗パターン

目先の感情による転職

→何か嫌なことがあったから等その時の感情による転職は絶対に止めましょう。転職をするなら冷静な頭で先を見越してからが基本です。

転職の軸を定めない、見切り発車気味の転職

→売り手市場だからといって転職の軸も定まらないうちに現職を退職して仕事を探すことは危険です。面接では必ずといっていいほど退職理由や転職の軸を聞かれるため、その後の転職活動で困らないためにも軽い気持ちで退職をすることは避けましょう。

登録必須のリクルートエージェント

転職業界最大手!求人数の約90%が非公開求人リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

30代の転職は未経験資格なしでも大丈夫?30代前・後半の転職事情

30代といえば働き盛りの年代ですが、社会人経験を積んだからこそ「会社への不満」はもちろん、「もっと高待遇の会社はないか」という欲求が表面化する頃で…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事