30代の転職は未経験資格なしでも大丈夫?30代前・後半の転職事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代といえば働き盛りの年代ですが、社会人経験を積んだからこそ「会社への不満」はもちろん、「もっと高待遇の会社はないか」という欲求が表面化する頃です。 しかし、いざ転職を考えてみても、理想の職場が見つかるのだろうか、そもそもどうやって仕事を探せばいいんだろうといった悩みを持つ方も多いはず。 未経験業界への挑戦ならなおさらです。そこでこの記事では30代の転職についてあらゆる情報を網羅して紹介しています。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

転職サイト比較表を見てみる

30代の転職理由ベスト3

まずは、30代が転職を決意する理由をみていきましょう。共感できる方も多いのでは?

第1位:なかなか給料が上がらない

第2位:仕事にやりがいを感じない

第3位:会社の将来が不安

独身でがむしゃらに働く20代に比べ、30代になると家族を持つ方が増えていきます。自分のことだけではなく、養う家族や現実的な収入のことが気になり出すものです。

2位の「仕事にやりがいを感じれない」は毎日同じ作業のくりかえしで、熱意をもって仕事に取り組めない方が多いようです。

30代は人生のターニングポイント。この先転職が厳しくなっていく中、「今の会社で一生働き続けたいか?」と考える機会は多くなっていきます。

40代、50代を想像したとき明るい社会が見えてこないという理由から、3位「会社の将来性が不安」という理由も。

大手企業や上場企業などの安定企業ならまだしも、中小企業でこの先の成長が見込めないとなると、不安になりますよね。

このほかには、「残業・休日の仕事が多すぎる」「Uターン・Iターン就職したい」という実生活に直接かかわる理由も見られました。

守るものが増え、将来のことを考えなきゃいけない30代の転職事情は複雑ですよね。

30代で未経験職種への転職はうまくいかない!はウソ?

30代での転職は、「うまくいかない」「気が引ける」という人がほとんどのようです。しかし、そんな不安を払拭するようなデータがあります。

大手転職サイトリクナビNEXTが、30代で転職を経験した137人に対して、「転職活動で不利だと感じたか?」という質問をした際の回答データです。

なんと50.4%の人が「不利だとは感じなかった」と答えています。また、17.7%の人が「どちらとも感じない」と回答。

約7割の人が不利だと感じていないわけですから、思ったほど年齢で苦労することは少ないことがわかります。

また、「転職は成功したと思うか?失敗したと思うか?」という質問に対し43.4%の人が「成功したと思う」と答えています。

転職に成功したと感じている人に話を聞くと、転職の目的が明確だった人ばかり。周りの環境に流されず一貫した転職活動ができれば、不利を感じることなく転職を成功させることができます。

30代で未経験の業種への転職に強いリクルートエージェント

30代で未経験職種への転職に資格は必要なの?

資格よりもこれまでの実績が大事?

特別な資格がないと従事できない職種をのぞいて、資格は必要ありません。資格の有無は採用時の決め手には決してなりません。

あくまでも資格はこれまでの実績にプラスされて意味があるものだからです。「転職活動のためにとにかく資格を!」と考えて、資格の数を増やそうとする方もいますが、

経験や志望職種と違った分野で資格の数だけを増やしても、何をやりたいのかよくわからずマイナスの印象を与えることさえあります。

それでも資格を使って転職するには?

それでも資格を使って転職したい人には、以下の資格をとることをおすすめします。

不動産関係

不動産系の資格にはいろいろとありますが、30代の業界未経験者におすすめなのが「宅地建物取引士(宅建士)」。

不動産営業所では、従業員の5人に1人以上、宅建士の有資格者を置くことが法律で定められています。

そのため、資格を持っている人は年齢にあまり関係なく、不動産業界では引く手あまたなのです。

医療・介護関係

医療・介護系の資格にもいろいろとありますが、30代未経験者におすすめなのが「医療事務」「調剤薬局事務」「介護事務」。

これらの資格は未経験者でも挑戦しやすくなっています。

高齢化が進み医療・介護業界では人手不足が深刻であるため、有資格者はどの職場でも重宝されます。

座り仕事が多く、体力的にもラクなことが多いですよ。

ただ、資格を使っての転職の注意点は、転職の目的をまず明確にすることです。

転職できる業界が限定され、資格の勉強には時間もお金も労力もかかります。

しっかり自己分析して希望条件が満たせそうだなと感じてはじめて、資格取得を目指すのが良いでしょう。

未経験での転職を考えている30代におすすめの業種って?

それでは未経験・異業種への転職を考えている30代におすすめの業種はどこなのでしょうか?

その前に、一般的な転職難易度を上から下へと示していくと

同業界・同職種

異業界・同職種

同業界・異職種

異業界・異職種

未経験の業界へ移るのは比較的容易ですが、未経験の職種に移るのは比較的難しいです。

即戦力が求められるとき、技術職・研究職などの専門職が求められるときは職種を変えての転職はほとんど不可能でしょう。

なので、大事なことは職種を変えたいときは、しっかりと業界を選ぶことです。

30代で未経験の業界への転職に強いリクルートエージェント

未経験の30代におすすめの業界は?

転職しやすい業界

金融(保険・証券・貸金業)、住宅メーカー、不動産販売、外食産業、教育(塾講師系)、小売り、通信系(営業)、運送・配送、人材(派遣・転職)、IT業界(ディレクター)

転職しにくい業界

マスコミ関係、クリエイティブ系(デザイン・制作)、IT業界(エンジニア)、金融(銀行)、メーカー(食品・化学・電気系)、医療系

「専門的なスキルが求められない」「人材の流動が激しい」の2つのポイントを満たす業界は、職種を変えて転職しやすい業界と言えます。

こうしてみると、思った以上に未経験でも転職できる業界は多いものです。

未経験の転職で心がけることって?

これらの業界への転職を成功させるために心がけることは、以下の2点をアピールすることに尽きます。

「今までのキャリアをどう活かせるか」

「会社にどうやって貢献できるか」

30代となるとだいたい10年以上は社会人としての経験がありますよね。

「未経験の仕事なのでがむしゃらにがんばります!」というだけでは、企業側からしたら若くて体力があり将来性のある20代の求職者を採用したほうがいいわけです。

30代ならではの強みを前面に押し出してアピールしましょう。

今までの経験・スキルと転職先での仕事内容のつながりを採用担当者に感じさせ、「そんな経験をしているなら確かにうちでも活躍できそうだな」と思わせたら勝ちです。

志望動機はエージェントとつくるべき?

では、自分のこれまでの経験をアピールできて、転職先での仕事内容にもつながる志望動機はどのようにつくれば良いのでしょうか?

おすすめしたいのが、無料で利用できる転職エージェントを活用することです。面接官の心をつかむ志望動機を作るには以下のプロセスが必要です。

  1. キャリアの棚卸し
  2. アピールポイントの発見
  3. 転職先の求める人材像の分析

転職エージェントのキャリアコンサルタントはこのすべてをサポートしてくれます。キャリアコンサルタントは、これまで何百人もの転職者を手がけてきた転職のプロです。

企業の人事担当者とのつながりが強く、「どのような人材を求めているのか」「どういう志望動機だとウケがいいのか」などの企業側の採用情報を熟知しています。

転職面接で失敗する方にありがちなミスが、自分はアピールポイントだと思って話していることが、企業側からしたらそうでもないこと。

実際に面接する面接官とつながりのあるキャリアコンサルタントにサポートしてもらえば、そのようなミスマッチが起こることはなく、面接の成功率が大きく上がります。

1人でやるより転職の手間も省けてラクになるので、無料の転職エージェントを活用してみるのは良いでしょう。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

30代後半で未経験の業種への転職に必須なものって?

かつては転職は35歳が限界と言われていましたが、冒頭のデータでも示したように最近は30代後半の人材を採用する企業も増えており、転職は充分可能です。

しかし30代後半の人材に対しては、企業から求められることが少し変わってきます。業務知識だけではなく管理職・管理職候補としての能力が求められるようになるのです。

具体的には部下の指導や他部署との折衝、会社の方針を踏まえた業務計画の作成、進捗管理など、いわゆるマネジメント業務が求められます。

これらの経験がある、もしくは今は経験がなくても数年後にはマネジメント業務ができるとアピールしなければなりません。

また、求められることが高まるということは年収が高くなることにつながります。高年収のいわゆる「エグゼクティブ求人」への応募が可能となる年齢です。

仕事を続けながら転職活動をすることも可能ですので、今より高年収の仕事やキャリアアップにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

管理的職業・国際人材求人数NO.1!JACリクルートメント

30~50代 履歴書対策
求人数 高収入求人

30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。

JACリクルートメントで求人を探す

30代女性が転職面接で聞かれるポイントって?

男性とは異なり、女性の多くは30代にさしかかると、結婚・出産・育児など大きなライフイベントを迎え始めます。

そのため、残業や休日に関する条件が多少悪くても仕事に打ち込みたいタイプと、自分の時間を大切にしたいタイプが分かれてきます。

30代で転職する女性は、自分がどうしたいかということも大切ですが、周囲からは「どちらのタイプだろう?」という目で見られていることも意識しましょう。

採用側からすると、本当にこの人は残業ができるのか?結婚や妊娠で退職することはないのか?という点が気になるのです。

自分がどのようなライフスタイルで、どう仕事に取り組むのか、企業側にきちんと表現し理解してもらうことが大切です。

30代の女性で未経験の転職にも強いリクルートエージェント

転職したいが自分の経歴に自信がない人はどうすればいいの?

ここまで「これまでの経験をアピールすれば転職は難しいことではない」というような話をしてきましたが、そうでない人は転職が不可能というわけではありません。

自分の経歴に自信がない、転職が不安な人であっても、転職エージェント・転職サイトのサービスを利用すれば確実に転職を成功させることができます。

転職エージェント・転職サイトを利用することのメリット

30代の転職活動には、転職エージェント・転職サイトの利用をおすすめします。理由は大きく2つあります。

  • プロから転職に関するアドバイスがもらえる
  • 転職にかかる時間、手間が省ける

いざ転職活動を始めようとしても、何をすればいいのかよくわからないことに気づくと思います。どうやって仕事を探すのか、どの仕事に応募すればいいのか。

職務経歴書をどう書けばいいのか。わからないことが多いと転職活動が面倒になってしまい、結局何もせずに現職を続けているという話もよく聞きます。

そんな方は、まずはエージェントへの登録をおすすめします。エージェントに登録すれば仕事を紹介してもらえるだけではなく、相談でさまざまなアドバイスを受けることができます。

転職市場にはどんな仕事があるのか、自分の経歴でどんな仕事に応募できるのかといった話を聞くことで、自分の客観的な市場価値を知ることもできます。

もちろん職務経歴書・履歴書の書き方や面接対策についてもアドバイスをもらえます。インターネットを使えば大量の求人情報を見ることができますが、情報量が多すぎて自分に合う仕事内容を見つけるのが大変です。

エージェントに登録しておけば、自分に合った仕事を非公開求人の中からピックアップして紹介してもらえるのです。新たな可能性・選択肢が開けてくることもあります。エージェント経由で仕事に応募すれば、応募先企業への連絡を代行してもらうことも可能です。

仕事をしながら転職活動をする場合、なかなか電話に出られず、面接の日程調整などに手間取ることもあると思いますが、エージェント経由であれば安心です。

転職にまつわるあらゆることをサポートしてくれるのが転職エージェントなのです。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

30代におすすめの転職エージェント・転職サイトって?

では、30代にはどの転職エージェントがおすすめなのでしょうか?30代は転職先を絞りすぎるのはよくないため、掲載求人数と転職実績が豊富なエージェントがおすすめです。

その2点から考えると、30代におすすめなのは以下の転職エージェントです。

管理的職業・国際人材求人数NO.1!JACリクルートメント

30~50代 履歴書対策
求人数 高収入求人

30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。

JACリクルートメントで求人を探す

  

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1の充実したエージェントサポート
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザーがサポート
  • 経歴や思考をもとに最適なキャリアプランを提案

リクルートエージェントの登録・詳細はこちら

基本的にはこの2つの転職エージェントに登録すれば、転職市場に出回るほぼすべての優良企業の求人を網羅できると言っても過言ではないでしょう。

また、中には「未経験業種への転職でも不安がない」という方もいると思います。そのような方は、求人検索式の転職サイト、リクナビNEXTがおすすめです。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

  

さらには、もし行きたい業界が決まっている場合は、この3社のほかに業界特化型エージェントに登録することもおすすめします。

30代は今後の人生を決めるうえで非常に重要なものになります。転職エージェントの力を借りて、必ず成功させましょう。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる

全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら


マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行

転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら


DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性

21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら


JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出

35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら


ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け

未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

30代女性の転職はまだ遅くない?成功のコツは転職サイトの有効活用

「20代の方が転職しやすいのではないか…」「30代だともう転職できないのでは…」と悩む30代女性の方は多いのではないでしょうか?確かに、20代に比べると…

30代男女別おすすめ転職サイト!どこが良い?特徴とサービス内容

この記事の目次30代の男性におすすめの転職サービスとは?転職は20代よりも30代が有利30代の男性が転職で気を付けるべきポイントとは?30代の転職のキャリアプランの立て方30代は即戦力が求められる30 ...

30代で女性は変わる?アラサー女性を取り巻く転職事情

女性も30代となればライフイベントや取り巻く環境の変化が増えてきます。キャリアアップもしたいし、プライベートも両立したい、けれども転職をする時期としては適齢期と言えるのかわからず、新たな一歩を踏み出せ…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事