30代の転職は未経験資格なしでも大丈夫?30代前・後半の転職事情

30代といえば働き盛りの年代ですが、社会人経験を積んだからこそ「会社への不満」はもちろん、「もっと高待遇の会社はないか」という欲求が表面化する頃です。 しかし、いざ転職を考えてみても、理想の職場が見つかるのだろうか、そもそもどうやって仕事を探せばいいんだろうといった悩みを持つ方も多いはず。 未経験業界への挑戦ならなおさらです。そこでこの記事では30代の転職についてあらゆる情報を網羅して紹介しています。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

30代で仕事を変える人はどんな理由?

世の30代はどのような理由で転職を考え始めるのでしょうか。30代は社会人としてある程度の経験を積み、あぶらがのっている年代です。

そんな30代の転職理由として多いものは、次のようなものがあげられます。

  1. 年収を上げたい
  2. 残業が少ない・休日の多い仕事につきたい
  3. Uターン就職したい
  4. やりたい仕事につきたい
  5. やりがいのある仕事につきたい

独身でがむしゃらに働く20代に比べて、30代になると家族を持つ方が増えてきます。自分のことだけではなく、養う家族や現実的な収入のことが気になりだす年齢です。それぞれの転職理由について具体的にみていきましょう。

転職理由①年収アップ

30代は家族を養うために必要な費用、老後の貯蓄などについて真剣に考えなければなりません。また、まわりの友人との収入格差も気になり始めます。

ふとしたときに求人情報などで自分よりも高い給料を目にしてしまうと、ますます転職への意欲は高まるでしょう。

転職理由②残業が少ない・休日の多い仕事につきたい

20代は体力もあるため、残業や休日出勤もあまり気になりません。しかし30代になると「いつまでこんな働き方をするんだろうか?」と冷静に考えるようになります。

そのため40代になって体力が落ち、転職活動がしづらくなる前に転職しようと思うのです。

転職理由③地元を勤務地にしたい

自分の家族に加え、実家のことも気になり出す年齢です。両親の介護や、家の財産の相続などについて現実的な問題として考えるようになります。

また30代になると、生まれ故郷の環境が懐かしくなり、戻って働きたいという気持ちも高まるようです。

転職理由④熱意を持てるやりたい仕事につきたい

30代は人生にとって大きなターニングポイントです。20代から30代にかけて築きあげてきたものがある一方で、「一生このまま過ごすのか?」という迷いも生じます。

30代を自分のやりたかった仕事に就く最後のチャンスととらえ、思い切って就職活動を行う方が増えるのです。

転職理由⑤やりがいのある仕事につきたい

「やりたい仕事」との違いは、何をやりたいかが明確でないところです。「何となく今の仕事にやりがいが感じられない」「もっとやりがいのある満足度の高い仕事がしたい」と漠然とした不安や悩みを抱えている方です。

こういう方が転職すると「いざ転職したものの、思っていたほどやりがいを感じられない」となる可能性もありますので、慎重に転職活動を行いましょう。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

スキルを活かしたキャリアアップ転職が盛ん

実は30代は転職の適齢期だと言われます。20代のほうが若いし転職しやすいのでは?と思われるかもしれませんが、20代のうちは経験も少なく、やりたいことや自分の適性が明確になっていません。

とりあえず転職をしてみたものの、この会社も合わない気がするという方も多いようです。しかし30代になると、自分の適性は何なのか、本当は何がしたいのか・できるのかといったことが見えてきます。

採用する企業も、30代の方であればやりがいや責任のある中堅ポジションとして採用ができます。このため30代での転職はうまくいくことが多く、転職の適齢期と言われるのです。

30代前半は戦力になる人材を採用

30代前半は、大学卒業から数えて約10年です。採用する企業は30代前半の求職者を「経験10年の即戦力社員」として見ます。

たとえば営業マンであれば入社と同時にバリバリ営業活動を行い、売上げを上げることができるようなイメージです。

企業側が30代を採用するメリットは、おもに次の通りです。

  • 教育期間が不要
  • 今までの経験を活かした活躍をしてくれる
  • 若くて元気
  • ほかの社員との年齢バランスも取りやすい

このように採用する側からすれば30代はメリットが多いため、求職者側も転職活動を有利に進めることができます。

30代前半で転職活動をする方は焦って転職をせず、できるだけ自分の希望に合う職場を探して転職活動を行いましょう。

30代後半はマネジメント経験が必須

かつては転職は35歳が限界と言われていましたが、最近は30代後半の人材を採用する企業も増えており、転職は充分可能です。

しかし30代後半の人材に対しては、企業から求められることも変わってきます。業務知識だけではなく管理職・管理職候補としての能力が求められるようになります。

具体的には部下の指導や他部署との折衝、会社の方針を踏まえた業務計画の作成、進捗管理など、いわゆるマネージメント業務が求められます。

これらの経験がある、もしくは今は経験がなくても数年後にはマネージメント業務ができるとアピールしなければなりません。

また、求められることが高まるということは年収が高くなることにつながります。高年収のいわゆる「エグゼクティブ求人」への応募が可能となる年齢です。

仕事を続けながら転職活動をすることも可能ですので、今より高年収の仕事にチャレンジしてみましょう。

30代女性が面接で聞かれるポイント

女性の多くは30代にさしかかると、結婚・出産・育児など大きなライフイベントを迎え始めます。

そのため、残業や休日に関する条件が多少悪くても仕事に打ち込みたいタイプと、自分の時間を大切にしたいタイプが分かれてきます。

30代で転職する女性は、自分がどうしたいかということも大切ですが、周囲からは「どちらのタイプだろう?」という目で見られていることも意識しましょう。

採用側からすると、本当にこの人は残業ができるのか?結婚や妊娠で退職することはないのか?という点が気になるのです。

自分がどのようなライフスタイルで、どう仕事に取り組むのか、企業側にきちんと表現し理解してもらうことが大切です。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

30代で未経験の業界、職種へ転職成功する可能性は?

転職を考えている人のなかには「今と同じような業界で働きたい」という人もいれば、「まったく別の業界に行きたい」と考えている人もいるでしょう。

実際、30代で転職する場合に未経験の業界や職種に転職することは可能なのでしょうか?

30代前半の異業種への転職は気持ち次第

30代前半は異業種への転換がギリギリ間に合う時期です。自分のやりたい仕事が明確であれば、異業種であっても転職活動をする価値はあります。

ただし異業種に転換できたとしても、30代になってから新しいことを覚えるのはそれなりに大変です。覚悟を決めて飛び込みましょう。

30代後半の異業種への転職は経験から得た強みを活かせ

30代後半ともなると、完全に異業種・異職種への転換は難しいと思ってください。しかし経験した職種を通じて、新しい業種へ転換することは可能です。

たとえば不動産業界で営業をしていた人がIT業界へ転職したい場合、IT業界での営業職を狙いましょう。この時大切なことは、自分の経験やスキルを整理し、他業種でも通用するスキル・しないスキルに仕分けすることです。

企業側には「自分はこの業種の経験はありませんが、今までの経験のこういう点は活用できると思います」と自分が持つスキルを具体的に伝えましょう。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

30代での転職活動の進め方

30代で転職をすすめる際にはちょっとしたコツが必要です。具体的な手順をみていきましょう。転職をしたい!と思ったのなら、まず取りかかってほしいのが以下の2点です。

①おおよそのスケジュールを立てる

「良さそうな会社が見つかったら応募し、もし受かったら転職すればいいや」という感覚ではなく、しっかりと「○月までに転職したい!」と予定を立てることが大事です。

でないと、ダラダラと転職活動が長引いてしまい、結局数年経っていた、という事態にもなりかねません。また、自分自身に良い意味での緊張感をもたせることにもつながります。

②自分自身の強みや弱みを把握する

転職を成功させるには、自分が持っている能力は何か、他人に勝っていることは何か、といった「強み」を把握することが必要です。

今まで培ってきた経験やスキルに関すること、人間性にかんすること、なんでもよいので上に書き出してみてください。同時に「弱み」ともしっかり向き合い、把握しておきましょう。

これらの「強み弱み」が、自分自身を適職へと導く道しるべになってくれるはずです。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

③志望企業への応募

ある程度自分のなかで下準備が整ったら、具体的にどの企業に応募するか決めましょう。この時大事なことは、自分が興味のあることややりたいことが明確でないのであれば、応募する企業を絞り過ぎないということです。

応募する企業をあまりに絞ると、それだけ選択肢を狭めてしまいます。絞りに絞った企業に応募したものの、履歴書の段階ですべて断られてしまった、という話もよくあります。

応募先の目途がついたら、履歴書と職務経歴書を作成します。まずはインターネットで書き方の見本を検索し、書かれている通りに作ってみましょう。

そこからより自分にふさわしい書き方を考えれば良いのです。今までの経験やスキルを振り返るいい機会です。並行して、転職サイトの求人情報もみてみましょう。

転職活動へのイメージや職務経歴書の書き方のヒントなど、アイディアが浮かんで来るはずです。

④面接

仕事をしながら転職活動をする場合は、面接日程が問題になります。土日や夜間に面接を設定してくれる企業であればいいのですが、平日日中に限定される場合もあります。

もし休みやすい日や仕事を抜けることができる時間帯があるなら、応募した段階で面接希望日を伝えておきましょう。

どうしても仕事を休みづらいこともあると思いますが、どこかで休まなければ転職はできません。覚悟を決めて休みをとりましょう。

またUターン転職など遠隔地の企業と面接をする場合は、Skypeなどを使ったオンライン面接が可能な場合もあります。

移動の時間や交通費を節約することができます。求人情報にオンライン面接が可能と明示されてない場合もありますが、まずは対応可能か質問してみましょう。

⑤内定

新卒時の就職活動と異なり、30代の転職では同じタイミングで内定をいくつかもらい、好きな就職先を選ぶようなことは難しいと思ってください。内定が出るたびにその会社に行くか、辞退するかを決めなければなりません。

転職したあとに「こんなはずじゃなかった」とならないように、できる限り情報を集めてから内定を受けるかどうか決めましょう。

現在の会社から退職

内定を受け転職することを決めたら、今の職場に退職の意向を伝え、退職手続きと引き継ぎを行います。まずは直属の上司に伝え、そこからしかるべき所(さらに上の上司・人事部)に伝えてもらうようにしましょう。

引き止められることもありますが、強い意思を持ち、退職すると言い切ることが重要です。退職の申し出から退職までの一般的な目安は1ヶ月~1ヶ月半と言われています。

退職を申し出た直後から業務の整理を行い、引き継ぎをしましょう。有給消化ができれば理想的ですが、退職まで1ヶ月をまるまる有給消化にあてると引き継ぎができなくなってしまいます。

「退職する企業だからどうでもいい」と思うかもしれませんが、あまりに中途半端な状態で退職をすると、何らかのつながりで自分の悪い評判が広がる可能性があります。特に同業界へ転職する際には気をつけましょう。

充分な引き継ぎをしてから有給消化をするのも良いのですが、内定から退職までの期間があまりにも長くなると、せっかくの内定が取り消される可能性があります。有給消化を諦めることも覚悟しておきましょう。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

資格よりもこれまでの実績が重要

自分の部下や後輩を採用する場面をイメージしてみてください。実務経験が5年あって資格が無い人と、実務経験ゼロで有資格者、どちらを採用したいかといえば前者ではないでしょうか?

(資格がなければ従事できない職種をのぞく)実は資格の有無は採用時の決め手にはなりません。あくまでも資格は今までの経験にプラスされて意味があるものです。

「転職活動のためにとにかく資格取得を」と考えて、資格の数を増やそうとする方もいますが、経験や志望職種と違った分野で資格の数だけを増やしても、何をやりたいのかよくわからないという印象を与えてしまいます。

転職先の可能性が広がる資格3選

とは言え、資格が全く評価されないかと言ったそういうわけではありません。

転職先の可能性が広がる資格は以下のものがあります。

①TOEIC

英語力の目安となる資格です。社内の公用語が英語の企業とまでいかなくても、英語の書類を扱う企業や外国人とのちょっとしたコミュニケーションが必要な企業は多いです。

このような企業では英語が流暢に話せないとしても、最低限英語に拒否反応が無いかという点を見られます。英語が苦手ではないとアピールすることで、転職先の可能性が広がります。

②経験業務の裏付けとなる資格

「自分が今まで経験してきた業務に関する資格」がおすすめです。

自分が今まで経験してきた仕事に関する資格を取ることは、採用する企業に安心感を与えます。

たとえば業務で英語を使っていた方が英語力をアピールしようとすれば、どうすればいいでしょうか?

「5年間英語を使って仕事をしてきました」と言ったところで採用側からすればどれだけ英語力があるかわかりません。

面接官が英語堪能であればその場で会話をすればいいのですが、そうでなければ英語力の高さを表現するのは難しいことです。

たとえばTOEICの点数を持っていれば、一つの目安としてわかりやすくアピールすることができます。

③許可資格

本気で「資格を使った転職」に挑戦するのであれば「資格が無いとできない仕事」を目指しましょう。

代表的な資格は「看護師免許」です。看護師は給与水準も高く、人手不足の業界なので就職に困ることはありません。最近は30代で仕事を辞め、看護学校に通う方も増えているようです。

取得にかかる時間や費用などを考えるとハードルは高いですが、これくらいの資格でないと「資格を使った転職」は難しいと思ってください。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

30代で転職すると給与はアップする?ダウンする?

転職先を考える際、多くの人が気にする年収。どのようなケースで上がり、どのようなケースで下がってしまうのでしょうか。

30代の年収事情をみていきましょう。

30代の平均年収

国税庁が実施している「民間給与実態統計調査」平成27年版によると、このような結果が出ています。

  • 30代前半の平均年収 397万円
  • 30代後半の平均年収 432万円

かつては「平均年収600万時代」と言われていました。これは「一つの会社で長くまじめに働けば、誰でも年収600万円台になれる」という意味です。しかしバブル崩壊・リーマンショックを経て、年功序列、終身雇用といった日本的経営が崩壊し、

長く働いているだけでは給与が上がらない、ヘタすれば下がってしまうという時代になりました。結果として今は「年収400万円時代」と言われています。

大きな成果も上げずただ長く働いているだけでは、年収400万止まりという意味です。しかし年功序列ではなくなったということは、給与アップのチャンスも生まれてきたということです。

転職者に対しても正当に評価し、勤続年数が短くても高い給与を支払う企業も増えてきました。

自分の今の給与や、これからの人生で必要な資金を考え、目標とする給与・ポジションを考え、転職活動を行いましょう。

転職で年収が上がる人はこんなケースや状況

転職で年収が上がる人は「今の仕事より年収の高い仕事に応募し、採用された人」です。当たり前のことに思えるかもしれませんが、簡単ではありません。年収の高い仕事は応募者も多く、競争率も高くなります。

多くの応募者の中から選んでもらう必要があります。また年収が高くなるにつれて、仕事の難易度も上がります。今の仕事をそのまま続けるような意識であれば、採用までたどり着くことは難しいでしょう。

今までの仕事内容にプラスしてこれだけの成果を出します、努力しますというアピールをし、認めてもらわなければなりません。応募してもなかなか内定まで辿り着けないこともあるでしょう。

そこで諦めずに、経歴書の書き方や面接での受け答えなどを工夫・改善し、何度もチャレンジしましょう。

転職で年収が下がる人はこんなケースや状況

一般的に転職をすると年収は下がることの方が多いと言われています。30代となると今の職場で上がった年功賃金分もありますので、転職で年収を上げることは簡単ではないということを認識してください。

転職先ぐらいすぐに見つかるだろうと甘く考え、次が決まってないうちに退職してしまい、 いざ転職活動をしてもなかなか良いところが見つからず、年収を下げて転職をせざるを得なかったというのがよくあるケースです。

ただし年収が下がることは必ずしも悪いという訳ではありません。年収は下がったが残業も減り、休日も増えて家族と過ごす時間が増えたというケースもあります。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

30代が面接で聞かれる代表的な3つの質問

30代は面接の場でどのようなことを聞かれるのでしょうか。代表的なものを3つ取り上げました。

①なぜ退職する(した)のですか?

面接で必ず聞かれる質問です。退職理由は志望動機などのほかの質問にもつながります。矛盾が生じないように整理してから面接に向かいましょう。

②なぜ当社に応募したのですか?

ほかの会社にも言えるような志望理由は悪い印象を与えてしまいます。

【求職者】
前職は残業が多かったので退職しました。御社は残業が少ないと聞いたので応募しました。
【企業】
残業が少なれば、どの会社でもいいのですか?

このように、どの会社でも良いと考えている人だと見られてしまいます。たとえば下記のように、この会社だからこそ応募したのだ、と話せるようにしておきましょう。

【求職者】
御社は残業が少ない。背景として最新のITシステムを導入し業務改善を行い、業務効率を高めることで残業を削減している。このような企業姿勢・考え方に共感しました。

③この会社で何がしたいですか?

退職理由、志望動機と3つセットの質問です。前職との違いやこれからやりたいこと、自分のできることを整理して表現できるようにしましょう。

「○○がしたいけど、前の会社ではできなかった。しかし、御社は前職と**が違うので、このようにして、○○にチャレンジしたい」というロジックで話しましょう。

30代転職の服装はこんな服装がいい

面接の際は、その企業にふさわしい服装をしていくことも大切です。同じスーツにしても、企業によって好まれる傾向が違います。

「白いカッターシャツしか認めない」という企業もあれば「今どき白いカッターシャツは時代遅れだ」という企業もあります。

面接時に服装でマイナス印象を与えないためにも、事前に応募企業の下見をすることをおすすめします。

その企業の社員の服装を見れば、その企業が服装に対してどのような考えなのかがわかります。

30代で評価される履歴書/職務経歴書の書き方

職務経歴書で良い評価を受けるためには「わかりやすいこと」が一番です。知らないうちに内々でしか通用しない表現をしていることもよくあります。

また、30代ともなると経験が豊富なため内容が多く複雑になってしまい、わかりにくくなってしまいがちです。細かい経験やスキルは箇条書きにして、下記のような流れでまとめましょう。

  • 何をしている会社か
  • 大まかな仕事の流れ
  • 自分の部署の役割

上記3点を説明した上で、自分の職務内容を書くようにしましょう。

大切なことは自分の役割ではなく、部署の役割・ミッションを明確にすることです。

中堅社員として自分のことだけではなく周りを見て仕事をしていることをアピールしましょう。

年収アップ/希望条件通りの転職ならこのサイト

希望条件で転職したいが自分の経歴に自信がない人はどうすればいいの?

ここまで「これまでの経験をアピールすれば転職は難しいことではない」というような話をしてきましたが、そうでない人は転職が不可能というわけではありません。

自分の経歴に自信がない、転職が不安な人であっても、転職サイト・エージェントのサービスを利用すれば確実に転職を成功させることができます。

転職求人サイトやエージェントを利用することのメリット

30代の転職活動には、転職サイト・エージェントの利用をおすすめします。理由は大きく2つあります。

  • プロから転職に関するアドバイスがもらえる
  • 転職にかかる時間、手間が省ける

いざ転職活動を始めようとしても、何をすればいいのかよくわからないことに気づくと思います。どうやって仕事を探すのか、どの仕事に応募すればいいのか。

職務経歴書をどう書けばいいのか。わからないことが多いと転職活動が面倒になってしまい、結局何もせずに現職を続けているという話もよく聞きます。

そんな方は、まずはエージェントへの登録をおすすめします。エージェントに登録すれば仕事を紹介してもらえるだけではなく、さまざまなアドバイスを受けることができます。

転職市場にはどんな仕事があるのか、自分の経歴でどんな仕事に応募できるのかといった話を聞くことで、自分の客観的な市場価値を知ることができます。

もちろん職務経歴書の書き方や面接での受け答えについてもアドバイスをもらえます。インターネットを使えば大量の求人情報を見ることができますが、情報量が多すぎて自分に合う仕事を見つけ出すのが大変です。

エージェントに登録しておけば、自分に合った仕事をピックアップして紹介してもらえるのです。さらにエージェント経由で仕事に応募すれば、応募先企業への連絡を代行してもらうことが可能です。

仕事をしながら転職活動をする場合、なかなか電話に出られず、面接の日程調整などに手間取ることもあると思いますが、エージェント経由であれば安心です。

転職にまつわるあらゆることをサポートしてくれるのが転職エージェントなのです。

30代におすすめの転職求人サイト、エージェント

では、30代にはどの転職サイトがおすすめなのでしょうか。30代は転職先を絞りすぎるのはよくないため、掲載求人数と実績が多いサイトがおすすめです。

その2点から考えると、30代におすすめなのは以下の転職サイトです。

管理的職業・国際人材求人数NO.1!JACリクルートメント

30~50代 履歴書対策
求人数 高収入求人

30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。

JACリクルートメントで求人を探す

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

基本的にはこの2つの転職エージェントに登録すれば、転職市場に出回るほぼすべての求人を網羅できる言っても過言ではないでしょう。

もし行きたい業界が決まっている場合は、この2社のほかに業界特化型エージェントに登録することをおすすめします。30代は今後の人生を決めるうえで非常に重要なものになります。

転職エージェントの力を借りて、必ず成功させましょう。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

30代で女性は変わる?アラサー女性を取り巻く転職事情

女性も30代となればライフイベントや取り巻く環境の変化が増えてきます。キャリアアップもしたいし、プライベートも両立したい、けれども転職をする時期としては適齢期と言えるのかわからず、新たな一歩を踏み出せ…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事