時間外手当なし、賞与なし、すべて「年俸制」で片づけられたブラック企業

まだブラック企業などという言葉がなかった時、あるIT企業のA社には、専門学校に在校中の就職活動で就職しました。当時の私は、新社会人で何も後先を考えていない人間でした。

合同企業説明会があるということで、暇つぶし程度に考えて赴いた時に見つけたのです。話を聞くと、私服出勤可能ということに魅力に感じ、それ以外のことは何も考えずに就職試験に臨み、入社しました。

当時は、見えている世界が狭く、他の会社がどうであるのかを全く知らなかった為、それが当たり前なのかと思っていましたが、年数を重ねる度に、自社がおかしいと思ってきたのです。完全におかしいと感じた部分をいくつか挙げていきましょう。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

時間外手当のあり方が次々に変わり、最後は「時間外手当を支払わない」で決定

時間外手当は、最大20時間までしか支払われない。これは、就職した直後のことです。色々な事情を汲むと、これは致し方ないことなのかと考える節もありますが、2年後くらいには『案件の利益率によって決定される』に進化。

更にその翌年くらいには『作業時間の30%の時間分しか支払われない(1.5時間で30分の残業代)』に進化、最終形態はなるべくしてなった『時間外手当を支払わない』。このいくつかのパターンが、案件の利益率によってそれぞれ決定されるのです。

利益率が低い案件に携わっている人は悲惨です。同じ頑張りでも、評価が異なるのですから。当然モチベーションも下がる一方で、支払いが行われないならば、業務を遂行する必要性はないと判断するのは至極当然のことだと思います。

『義務』を強制して約束を守らず、法を犯す。義務は責務を負い、『行わなければならない』物事だというのは言うまでもありません。しかし、従業員には義務を負わせ、会社としては義務を負わない不条理さがあります。

これはブラック企業でなくても少なからずあるかもしれませんが、会社という枠内ならまだしも、法まで犯して『義務』を果たさない会社に『義務』を追及される謂れはないでしょう。

ハタラクティブなら高卒でも正社員として、福利厚生が充実した会社に就職できる!

年俸制は体のいいコストカットだった

従業員を『駒』扱い、トップが公言します。つまり人として見ていません。仮に思っていたとしても立場的に言ってはならない言葉でしょう。モチベーションが下がるどころのお話ではありません。

体のいい『年俸制』。年俸制という言葉には気を付けた方がいいでしょう。体のいいコストカットなのです。年俸制は野球選手などが分かり易いかもしれません。年俸制は、一年間の報酬を決め、それを支払うという形です。

しかし、IT企業が謳う年俸制の実態は、時間外手当を支払う必要がない、賞与を支払う必要がない、経営状況に応じて支払額を変更するというものです。支払額に変動があるならば、それはもはや年俸制ではありません。

結果的に、時間外手当はともかく、賞与を得ることが出来る環境にある人と比較すると、圧倒的に年収が少ないのです。後に、会社の言いなりになっていたことに気づき、モチベーションが下がります。

体調不良で休むと上司から罵声

具合が悪くて休むと激しい剣幕で怒られる会社から見たら金の払い損なのかもしれません。しかし、いつでも元気な人間などいないし、それを見越した業務の調整を行うのが当たり前にも関わらず、体調を崩して休もうとすると電話口で罵声を浴びせられます。

具合が悪くて寝ていたいなどと思っているのに、その罵声を聞くとなると、それが聞きたくないが為に、具合が悪くても出勤するのです。これは、完全にいわゆる社畜と化した場面の1つでしょう。具合を悪くした時、出勤した方がマシと考えることで、モチベーションが下がります。

『文化』を重んじ、新しいことを取り入れない。いい文化ならそれはそのままでいいと思います。しかし、悪い文化ばかりが定着し、改善を考えません。いくつかの問題点や改善点があった時、明らかに適切な方法論の提案を行っても聞き入れません。

しかし、トップの気分によって一回行ったが最後、『文化』として当たり前のようになります。それがどんなに非効率なもので、プライベートの時間までも侵食していたとしても。そういった物事が増える度に、モチベーションが下がります。

トップの気分次第で新しい決まりができていく

トップはワンマンで気分屋。少しでも自分の思い通りに動かない部分があると発狂します。叱るのではありません。完全に個人的な感情をむき出して発狂してくるのです。

いくら適切な処置を行ったとしても、彼の気分がそうでなければ癇に障るようです。彼の気分を常に監視しなくてはならない環境にいるのです。

役職や勤続年数に関わらず、皆同じ不満を抱えながらも、退職は考えません。それは自分の年齢、家族の問題で諦める人もいます。私も遠方の実家から引っ越して一人暮らしを行っていた為、辞めて実家に帰るのは簡単ですが、生活を何とか一人で成り立たせようと考えると、辞めるに辞められなかったのです。

自分を正当に評価する会社は必ずある!と信じて退職

加えて、知らず知らずのうちに部分的に汚染されたということもあるでしょう。しかし、その横暴さが我慢の限界にきたこと、自分の能力を正当に評価してくれる会社は他に必ずあること、これだけ苦しい思いしているにも関わらず、同じ年齢、同じ地域、同じ職種の人で、自分よりは快適な環境にいる人も少なからず存在していることを考えました。

そう考えると、その会社にしがみついている理由もありません。私は辞めました。今でも同じ職種に就いていて、年収自体はそのブラック企業より低い会社にいます。その会社も悪い『文化』はあり、壊すことができず不満も多くあるのですが、少なくともモチベーションが下がることばかりではありません。

従業員の為に会社を動かせとは思いませんが、モチベーションを保つ為の手段は個々人だけではなく、会社にも必要だということですね。最後に、やはり総合して考えると、ブラック企業は、利益を追及するばかりで、従業員を『駒』として思ってます。

人として考えてくれるところで仕事はしましょう。と同時に、納得するかどうかは別として、会社側の意見も理解できる人間にもなりましょう。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人が違うのであなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
30~50代×現在の年収が600万円以上の求職者をターゲットにしている。このターゲットにあてはまる場合は好条件の求人がすぐに見つかるので登録必須。逆に現在の年収が600万円未満の場合、一気に求人数が減ってしまうので、その場合は登録しないほうが良い。海外にも拠点があるので、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人にもオススメ。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

工場で残業代が出ないのは当たり前?強制的に働かされたブラック経験

給料25万円は残業代込み。休日手当もなく夜勤を強制してきたブラック工場高校を卒業してから職業安定所でいい仕事がないか探していました。すると、条件がとても良さそうな会社を発見。

【オープンハウス評判】ブラック住宅販売企業って本当?真実はこれだ

株式会社オープンハウスといえば、印象的なCMで認知度が高い不動産のベンチャー企業というイメージの方が多いのではないかと思います。激務であったり完全歩合制であったりと悪評が飛び交う一方、働いている社員…

転職者注意!建設コンサルタントで激務で長時間残業も低年収の日々…

公共物を造りたいと思っている発注者は主に行政で、建設コンサルタントに調査から設計、あるいは現場監督や造った後の維持管理まで、任せます。建設コンサルタントは私たちの社会基盤を整備し…

残業手当も休日手当も出ない古臭い上司ばかりのブラック企業

ブラック会社に就職したきっかけは、何も最初からブラックだと分かっていて就職したのではなく、勤めてみて初めてブラック会社だと分かりました。就活していて会社の場所やきれいさ…

正社員登用を目標に頑張ったが、はぐらかされ続けた結果・・・!

私は高校を卒業してから就職が思うように決まらずにいました。高校を卒業して就職せずに5年もたってしまっていたので、この際アルバイトから正社員への道がある会社でもいいと思って…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事