既卒は就職しにくいは嘘?職歴なしのあなたが就職できない3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職できないのは既卒だから」と既卒のせいにしていませんか?既卒と新卒とでは大きな差があると言われますが、決して就職できない理由にはなりません。では、就職できる人とできない人の差はなにか?就職を成功させるためには何が必要か?この記事では、その特徴と原因をまとめました。是非参考にしてみてください。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

転職サイト比較表を見てみる

既卒者が就職できないといわれる3つの理由

高校や大学を卒業していながらも、就職していない既卒者。既卒者が就職できない代表的な理由は、次の3つです。

大企業ばかり狙う

中小企業よりも安定したイメージが強い大手企業は、新卒のみならず既卒者にも人気です。大企業ならではのステータスに魅力を感じる方もいるでしょう。

しかし就職先として高い人気を誇る大企業は、その分内定が出にくい現実も。就職先として大企業ばかり狙った結果、まったく内定が出なかったという方もいます。

中小企業のなかにも、既卒者の採用意欲が高い会社は存在するため、大企業の枠にとらわれず、積極的に選考を受けてみましょう。

新卒枠で就活をしている

厚生労働省は「卒業後3年以内は新卒扱い」とするよう定めているため、多くの企業が新卒枠で既卒者のエントリーを受け付けています。

しかし日本では新卒者の一括採用を取り入れている企業が多く、既卒よりも新卒が有利という現状も。そのため、なかなか採用されない既卒者が出てくるのです。

既卒者は新卒枠で戦うのではなく、既卒歓迎の求人をチェックするのがオススメです。

既卒者になった理由をうまく話せない

既卒者は面接官から、必ずと言ってよいほど「なぜ既卒者として就職活動しているのか」と質問されます。その際、「なぜ今まで職に就いていなかったのか」という部分をうまく説明できないと、採用されない可能性が高くなります。

もちろんウソの説明はいけませんが、今までの人生経験をポジティブに伝えたうえで、自分が持つスキルや入社後の展望などをPRしましょう。

20代の就職に強いキャリアアドバイザーに無料相談

高学歴・専門卒なのに就職できない理由

既卒のなかには名のある大学を出たり、専門学校でスキルを身に着けたにも関わらず就職できない方もいます。その理由をみていきましょう。

専門学校を卒業したのに就職できない人

資格を取得していない、他業界を志望している

専門学校を卒業したからといって、専門性の高い資格を取得しているとは限りません。結局何の資格も取得できなかった、というのもよくある話です。資格を重視する業界の場合は、資格の有無が内定に影響を与えるでしょう。

また、専門学校で学ぶうちに他にやりたいことが見つかり、進路を変更した方もいるでしょう。その場合は「なぜ違う業界にひかれたのか?」という理由を面接時に説明することが大切です。

就職率が高いと思っていた専門学校にだまされた

専門学校の多くは、就職率の高さをウリにしています。しかし高い就職率には、派遣やパート、アルバイトが含まれている場合も。

卒業後はフリーターやニートになり、「絶対就職できると思ったのに…」と後悔する方も珍しくありません。

ただし、資格や専門知識を正しく評価してくれる企業は必ずあるはずです。専門スキルを武器に、既卒向けの求人に強い転職サイトで仕事を探しましょう。

20代の就職に強いキャリアアドバイザーに無料相談

高学歴なのに就職できない人

面接がうまくいかない

有名大学出身であればすぐに内定をもらえるだろう」と思う方もいるでしょう。しかしいくら高学歴であっても、面接に失敗しては採用される可能性が低くなります。

多くの会社は、コミュニケーション能力を重視します。コミュニケーション能力をアピールできる面接において、「人と話すのが苦手なのかな」「言ってることがよくわからない」と思われてしまうと、マイナスの印象を抱かれてしまいます。

既卒の転職に強い転職サイトを利用すると、面接対策はもちろん、履歴書の志望動機や自己PRの書き方も教えてくれます。利用は一切無料なので、面接がうまくいかず悩んでいる方は、ぜひ活用してみましょう。

将来何がしたいか分からない

大学は卒業したものの、将来何をしたいのかわからない

偏差値の高い大学を卒業した方のなかには、こんな思いを抱いている方もいます。そのような状態で面接に行っても、結局何を目指しているのかわからない人材、と捉えられてしまいます。

働くことを通して何を得たいのか、どんなことに貢献できるのか、まずはじっくり自分と向き合ってみましょう。やみくもに企業に応募するより、自己分析をすることが大切です。

職歴なしでも就職できるサイトで相談

既卒者は正社員として就職できない

社会人経験がないから、どうせうまくいかないだろう…

社会人経験がないため、自分に自信が持てない方も多いでしょう。しかし、これまでの経験でPRできることや、小さくても夢と言えるものが必ずあるはず。

アピール次第では、あなたに興味を示す企業もきっと存在します。では、具体的にどのように就職活動を進めればよいのでしょうか?

20代の就職に強いキャリアアドバイザーに無料相談

職歴なしでも就職できるサイトで相談

既卒で職歴なし方の悩みや状況は、人それぞれです。

  • 大学卒業後、就職せずにフリーターをしていた
  • 大学卒業後、就職したい企業が見つからず職歴がない
  • 就職活動のやり方がわからない
  • 空白期間をどう説明すればよいかわからない

既卒で就職活動に困ったら、既卒者向けの転職サイトを利用することが就職への近道です。

企業側の選考基準や面接のコツは、一人で考えていてもわからないもの。既卒向けの転職サイトであれば、経験豊富なキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの悩みを受け止めてくれます。

ハローワークでも求人を探せますが、求人数が限られているうえ、面接対策などの細かいサポートは期待できません。

その点、転職サイトは非公開求人を扱っていたり、既卒ならではの書類選考のコツ、面接を勝ち抜くためのアドバイスなどを教えてくれたりします。自分では気づかなかったあなたのアピールポイントも見つかるでしょう。

転職サイトの利用は無料です。多くの求職者を内定へと導いた実績を持つプロと一緒に、転職を成功させましょう。

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性
21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け
未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

本当に会社を辞めるべき?絶対に後悔しない退社を決める決断の方法

「会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」会社を退職するためには、勇気とちょっ…

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

「再就職って難しい?」「再就職したいけどどうしたらいいの?」など退職をした後に失業期間を経て就職活動を行うにはどうすればよいのでしょうか?…

保育士の転職は大変!今更聞けない転職のコツや必要な資格とは

「保育士辞めたい!」「保育士になりたい!」など共働き世代の増加とともに、待機児童問題があふれ、ニーズが増加傾向にある保育士。保育士を取り巻く転…

転職しやすい時期はいつ?ベストタイミングを男女別・年代別に解説

転職をしたいと思っても、職場の状況や転職活動のことを考えると”今すぐ”に退職して転職をすることはなかなか難しいものです。 「転職しやすい時期は何月なの?」「

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事