【高年収求人情報限定】ビズリーチはユーザー課金型(有料)転職サイト!

転職支援サービスには主に「求人検索型」のサイトと「転職エージェント型」のサイトがあるのですが、ビズリーチは「求人検索型」転職支援サービスのひとつ。無料で登録できて求人検索ができるタイプのサイトですが、リクナビNEXTなどと比べ非常に高年収の求人情報の集まっているサイトです。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

求職者がお金を払って登録する初めての転職サイト

通常、転職サイトの利用は求職者は完全無料。つまりどんなに便利なサービスでも、転職にあたってお金がかかることはありません。転職市場においては「人材を獲得したい企業」が転職サイトにお金を払ってくれるため、転職サイトはユーザー(求職者)からお金を取る必要がないのです。

無料で集めてとにかく大量の求職者を集めようと言うのが通常の転職サイトです。

ビズリーチも、最初の登録はもちろん無料で可能。ところが、すべてのサービスを利用するためには求職者が費用を支払わなくてはなりません。

有料だからこそ実現できるハイクラスの転職。ヘッドハンター・採用企業は厳選された一流揃い

一般的に有料型のサービスはユーザー側(求職者)にとって敷居が高いものです。無料の転職サイトが数多く存在する中、ビズリーチ(BIZ REACH)のような課金型のビジネスモデルが成立するのか疑問に感じる方も多いでしょう。

ビズリーチ(BIZ REACH)では採用企業やヘッドハンター・求職者それぞれに厳しい審査が行われています。エグゼクティブ層に特化した国内最大級の会員制転職サイトで、お金を払ってでも手に入れたい価値ある情報が用意されています。

有料のプレミアムステージに登録することで、これまでは市場に出回っていなかったハイクラスの求人情報を検索することができます。また求職者の職務経歴書を見て採用企業やヘッドハンターからスカウトメールが届く仕組みとなっています。

また求職者が気に入った求人情報に応募することが可能です。さらにヘッドハンターの略歴を閲覧し、直接コンタクトを取ることもできまです。求職者・企業・ヘッドハンターの3者が双方向にダイレクトにコンタクトを取れる、極めて珍しい形の転職支援サービスです。

無料サービスと有料サービスの違い、料金プランについて調べてみた

無料で受けられるサービスはごく限られています。有料にグレードアップすることでより多くのサービスが受けられ効率的な転職活動が可能になります。また別途費用がかかりますが追加のオプションサービスは無料会員・有料会員ともに利用することができます。

無料で利用できるサービス

  • 約6000件のハイクラスな求人情報を検索する
  • 採用企業やヘッドハンターからスカウトを受け取る

有料会員(プレミアムステージ)のみ利用できるサービス

  • スカウトを受け取る・返信する
  • 条件に合う求人に応募する
  • ヘッドハンターを検索しコンタクトをとる
  • 興味がある特定の企業にアピールする
  • コンシェルジュサービスを利用し悩みを相談する

オプションサービス

  • 職務経歴書チェック
  • 職務経歴書リライト
  • 職務経歴書作成サポート
  • 英文レジュメチェック
  • 英文レジュメリライト
  • 英文レジュメ作成サポート

料金プラン

コース 30日あたりの費用 一括払い金額
360日コース 2897円/30日 34760円
180日コース 3313円/30日 19880円
 90日コース 4313円/30日 12940円
 30日コース 4980円/30円  4980円

エグゼクティブに特化したビズリーチ(BIZ REACH)の転職成功事例

利用料金を払うからには、納得がいく転職をしたいものです。特にビズリーチ(BIZ REACH)は従来の転職支援サイトとは仕組みが違うのでスムーズに転職活動ができるか気になるところです。ビズリーチ(BIZ REACH)で転職した方の成功例を見ていきましょう。

大手メーカーからITベンチャー企業へ転職【20代・男性】

以前より、将来を見据えキャリアアップのプランを描いていました。大手企業で社会経験を積み、その後はベンチャー企業に移り経営ノウハウを学び、最終的には起業する予定です。

大手ITメーカーで5年間働き、次のステップへ進む決意をし複数の転職サイトに登録しました。同時にビズリーチにも登録しスカウトを待つ傍ら、積極的に就活を行いました。こまめに求人検索を行い、複数の会社にコンタクトをとりました。

10社から内定をもらったものの、転職に踏み切れずにいました。そんなさなか、ビズリーチを通じ自分の条件にマッチした企業からスカウトを受けました。市場に出回っていない非公開求人だったので、ビズリーチでなくては出会えない求人でした。転職成功のカギは妥協することなく、可能性を模索し続けたことにあるとおもいます。

医療研究機関の研究員から製薬会社の人事部へ転職【30代・女性】

私は医療研究機関の研究員から製薬会社の研修担当というキャリアを手に入れることができました。前職は医療コミュニケーションに関する事業に携わっていたのですが、一般的にはなじみが薄く、自分自身の市場価値がわからずにいました。

そこでビズリーチに登録。話を聞いてくれそうなヘッドハンターを検索して気に入った2名の方と面談をしてもらいました。ヘッドハンターに相談に乗ってもらったおかげで、自分の可能性を見出すことができ職種の選択の幅が広がりました。

今回内定をもらった企業は面接の段階では違う職種の募集でしたが、面接で私の経歴から研修担当として働かないかと提案をされました。ヘッドハンターのアドバイスを受け、職務経歴書を書き換えたことで得られた内定だと思います。年収が200万円もアップし感謝しています。

資材メーカーからIT関連会社へ転職【40代・男性】

勤めていた資材メーカーが外資系企業に買収され、40歳をすぎて転職をする羽目になりました。年齢を考えると厳しい転職活動になるだろうとビズリーチに会員登録をしました。

数社にエントリーを行いましたが、管理職の求人は数が少ないうえ、年齢がネックになり転職活動は困難を極めました。年齢のハンデを覆すために、数多くのヘッドハンターの方にコンタクトを取り、情報収集は欠かしませんでした。

結局内定をもらうまで2年もかかりましたが、将来性の高いベンチャー企業へ転職することができました。シニアマネージャーという待遇で採用され、自分のキャリアを生かす事ができ非常に満足しています。

フリーコンサルタントからサービス会社経営企画部長へ転職【50代・男性】

証券会社や複数のIT企業で経験を積み、40代後半でフリーのコンサルタントとして起業。しかし収入が安定せず、転職を決意。複数の転職サイトに登録するも、自分にマッチする求人情報を一番多く保有していたのはビズリーチでした。

年齢のこともあってか書類選考で落とされる日が続きましたが、職務経歴書を工夫することで面接までこぎつけました。ヘッドハンターからの情報を元に企画書をまとめ、面接でプレゼンを行った結果、内定を勝ち取りました。

年収1200万円の経営企画部長というポジションはビズリーチのバックアップがなくては手に入れることは出来なかったことでしょう。会員登録に数万円を支払いましたが、年収が250万円アップし、十分にペイできました。

※ビズリーチ(BIZ REACH)での転職活動は、企業やヘッドハンターに積極的にアプローチしていけるかどうかが転職成功のカギを握るようです。一般的な転職エージェントと違い全面的にサポートをしてくれる専任のコンサルタントがいません。自分が積み上げてきたキャリアを具体的に売り込んでいくプレゼン力が必要になってくるので、求職者側にも高いスキルが求められます。

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

高評判のビズリーチ!高所得者限定の非公開求人で一流企業を狙う

数多くの無料会員制の転職サイトがありますが、有料会員制というシステムを採用しているのはビズリーチだけです。ビズリーチの特徴あるサービスは他転職サイトとどう違うのか見てみまし…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事