転職してもブラックばかり…ホワイトへ転職できるコツはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したのにブラックか・・・」確かに、入職する前にブラック企業かどうか見分けるのは至難の業です。そこで、「次こそホワイトに!」という方にブラック企業が多い業界や特徴とともに、脱ブラック企業をするための転職のコツをご紹介します。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 求人を探す
リクナビNEXT
(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

ブラック企業が多い業界

労働時間、平均年収、休日の3点をもとに、ブラック企業はどのような業界なのか探っていきましょう。

労働時間 平均年収 休日
IT業界 9時間 500~900万円 完全週休2日制
メディア業界 10時間 550~1000万円 週1~2日
不動産業界 8時間 200~1000万円 週2日
飲食業界 10時間 300~500万円 週2日

※HOP!独自調査

IT業界

ネット社会が進み、2030年にはSEなどITエンジニアが79万人も不足すると言われています。エンジニアスキルがあれば仕事に困ることはほぼないと言ってもいいかもしれません。

しかし、3Kと言われるように、「きつい」「厳しい」「帰れない」というのも事実です。また、完全週休二日制と言ってもネット環境には休みがないので休日に対応が必要となることも事実です。

メディア業界

他の業界と比較すると給料面では良いようです。しかし、職種によって差はありますが情報を取り扱う業界なのでスピード感が問われ、昼夜逆転の勤務になることもあるでしょう。

体力に自信があり心身ともに強靭でメディアが好きでないと、続けていくことは難しいかもしれません。

不動産業界

不動産業界でも賃貸や売買で勤務形態や勤務内容、給料は変わります。

基本給は、賃貸は大卒の初任給とあまり変わりません。しかし、売買は見込み残業が組み込まれていることも多く高めに設定されています

勤務形態は、賃貸はシフト制が主流です。売買は営業成績を上げるために休みの日でもお客様の対応を行います。

飲食業界

休日は週二日とありますが、飲食業界の繁忙期は一般的な休日と重なるため、思うように休暇を取ることができません。また、給与についても経営側と従業員側でかなりの差があります。

しかし、その分業務内容にも違いがあります。どちらにしろ飲食業界にやりがいや魅力を感じていないと難しいかもしれません。

まとめ

これらは業界の特徴から比較したものです。また、ほかにもホテルや旅行会社のサービス業界や看護師・保育士・介護士の医療業界、銀行や公務員でも激務やパワハラなどのハラスメントは存在するでしょう。

しかし、自分の希望がこれらの業界であってもブラック企業しかないわけではありません。

ブラックの可能性があるからとあきらめるのではなく、ぜひ自分の理想の企業を見つけてみてください。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
  • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
  • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

リクナビNEXTの登録・詳細はこちら

ブラック企業の5つの特徴

ブラックと言われている企業の特徴として下記の5つがあげられます。

  1. 長時間残業にも関わらず残業代が支給されない
  2. 給料が正当に支払われない。
  3. いじめや不倫が横行し社内の人間関係が最悪
  4. お客様に提供している商品やサービスが悪い
  5. パワハラやセクハラなどのハラスメントがある

このように、サービス残業や人間関係、低給与など働く上でストレス原因となりやすいものがあります。

仕事自体が楽しく、やりがいを感じているのならば残業や給料が安いと感じても多少は我慢できるかもしれません。

しかし、職場環境が悪くやりがいを感じられない状況で働き続けることは難しいものです。大企業だからホワイト企業、中小企業だからブラック企業と判断はできず、明確に分けられるものではありません。

では、いったいどうすればブラック企業ではなく自分に合った企業を見つけることができるのでしょうか?

就職先がブラックかホワイトかを見分けるには情報収集が肝心です。自分がいきたい企業で働いている人、もしくは働いたことがある人の経験談を知ることも一つの方法です。

しかし、個人で情報を得るには時間や労力が必要です。そんな時に頼れるのが転職サイトや転職エージェントの存在です。

転職サイトは、業種や企業などのさまざまな情報を持っています。利用者の希望を聞き、どのような企業が向いているのか、今までの経験をどのように生かせるのかなど相談にも乗ってくれます。

無料で登録できるので転職を失敗しないためにも一度利用してみてはいかがでしょうか?

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
  • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
  • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

 

ブラック企業から転職するときの注意点

現在、厚生労働省の呼びかけもあり以前よりも残業や勤務形態などに関する取り締まりが強化されています。しかし、それでもブラック企業で働いたという経験体験談は後を絶ちません。

ブラック企業から転職する際にはどのような点に気を付けるべきなのかご紹介します。

  • 退職の意思をしっかりと伝える
  • 引き止めに合っても受け入れない

部下の退職は上司の評価を下げる原因になります。また離職率を気にしている企業も多いです。

そのため、退職の意思を伝えると退職理由を詳しく聞かれたり、何かと理由をつけて引き止めてくるかもしれません。

そのような場合も、退職を取りやめてはいけません。今の状況を変えるためには毅然とした態度をとる必要もあるのです。

転職失敗したらどうしよう」「またブラックだったらどうしよう」と不安かもしれません。しかし現在は、転職するハードルも下がり、転職をサポートする仕事も主流になってきています。

サポート体制が整っている転職サイトを探す

転職サイトは面接などのサポート内容も充実

転職サイトのサポートは、利用者に合った求人を提案するだけではありません。志望動機や自己PRなど履歴書や応募書類の書き方や面接対策、企業とのスケジュール調整まで無料サポートしてくれます。

当サイトHOP!でお勧めしているのは以下のサイトです。どれも登録は簡単です。また、転職サイトにも強みとする業界や職種に差があったり、取り扱う求人も異なるので複数の転職サイトに登録することがおすすめです。

おすすめサイトを見てみる

世の中にはこんなブラックな体験をしている人も、、、

あなたに似たような体験談はありましたか?

せっかく就職した先がブラックで心も体も疲弊しきっている状況でしょう。

転職を考えた時<「またブラックだったらどうしよう。。。」と不安になると思います。しかし、次の一歩を踏み出して、現状から抜け出しましょう!

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事