転職しやすい時期はいつ?ベストタイミングを男女別・年代別に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をしたいと思っても、職場の状況や転職活動のことを考えると”今すぐ”に退職して転職をすることはなかなか難しいものです。

転職しやすい時期は何月なの?」「求人が沢山あるのはいつ?」など、転職が成功しやすい時期について月別、年代、性別などさまざまな角度から解説していきます。

             
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名年代と特長 求人を探す
リクナビNEXT(リクルート)

【全年代】
転職者の8割が利用!

詳細

マイナビエージェント

【20代】
第二新卒に強い!

詳細

DODA

【20代】
転職者満足度No.1

詳細

転職サイト比較表を見てみる

転職しやすい時期ベスト3

人生の大きな転機である転職は、時期の見極めが大切です。まずは1年間のなかで転職に最適な時期はいつなのか、見ていきましょう。

1.冬のボーナス支給後の12月~1月

どうせなら賞与をもらって転職したい!

多くの人がこのように考えますよね。冬のボーナス支給後である12月~1月は、転職するのによいタイミングです。ボーナスを受け取ったあとに退職すれば、ボーナスを転職活動資金としながら、4月入社目指して転職活動を進めることができます。

退職するのにボーナスをもらうなんて気が引ける…と思う方もいるかもしれませんが、ボーナスは過去の成果に対して支払われるものです。うしろめたさを感じることはありませんよ。

ただしボーナス支給日前に、会社側に辞めることが伝わってしまうと、「ボーナスを返せ!」と要求されたり、減額されることもあるようです。

退職意向の表明や、退職届を提出するのは、ボーナス支給直後は避けたほうがよいでしょう。

2.求人数が増える2月~4月

一般的に企業の求人募集は、新年度が始まる前の2月~4月頃に増えます。3月決算の企業の場合、4月は中途社員を迎えるのに区切りのよいタイミングです。

人事異動や新入社員入社のタイミングと合わせ、中途社員を迎えたいという思惑があるようです。

求職者からすると、2月~4月に転職活動をおこなえば、多くの求人情報から転職先を選ぶことができます。希望通りの求人に出会える可能性も上がるでしょう。

3.夏のボーナス支給後の7月~8月

冬同様、夏のボーナス支給後も、転職の時期としては狙い目です。その理由は、7月~8月は秋入社に向けて求人数が増え始めるからです。

また、働きながら転職活動を進める方は、平日に夏季休暇を取得して面接に行くことができます。普段休みを取りづらい求職者の方も、周囲に悟られずに就職活動を進められるでしょう。

転職を避けるべき時期は?

転職しやすい時期とは逆に、転職を避けるべき時期も存在します。

たとえば今勤めている会社の繁忙期です。社内が忙しい時期だと、引き止めにあったり、「もう少し考えてみてよ」などと転職の話自体を流される可能性があります。

また、決算期などで周囲がピリピリしている時期も、避けたほうがよいかもしれません。

また、入社して間もない新卒の方が転職する際は、退職金が支給されるかどうかもチェックしましょう。

企業によっては「勤続年数が3年未満の者には退職金を支給しない」などと条件を設けていることもあります。ぜひ一度、就業規則を確認してみましょう。

転職しやすい時期は、あなたが今勤めている会社や、仕事内容によっても変わってきます。

仕事を紹介したり、転職にまつわるあらゆるサポートをしてくれる「転職エージェント」であれば、あなたの現状を踏まえたうえで、どのように転職時期を決めたらよいのか的確にアドバイスしてくれますよ。

転職エージェントのサポート例を見てみる

年代別おすすめ転職時期~男女別の転職事情も

人生という長いスパンで考えると、「この年で転職して大丈夫かな?」と、ご自身の年齢に不安を抱く方もいるでしょう。

ここからは、年代別の転職事情を見ていきます。

20代は第二新卒の転職市場が活発!

以前は「最低でも3年は働いてから転職すべき」と言われていましたが、最近では入社3年以内に転職する「第二新卒」の採用活動も活発です。

若くて将来性のある20代は、さまざまな業務経験を通して知識を得て、自分の方向性を模索する年代でもあります。中途半端な経験者より、あえて未経験を求める企業もあるほどです。

もっと勉強したい

こんな夢を描いている

といった目標や希望をアピールできれば、経験年数が少なくても、20代が転職するチャンスはたくさんありますよ。

なお、女性の場合は、転職のベストタイミングは20代前半と言われています。厚生労働省の調査によると、女性の20歳~24歳以降の入職率が急激に下降しており、同性・同世代のライバルが少ないからです。

また、20代後半になると、結婚や出産といった一大イベントが控えています。入社後すぐに産休・育休に入りそうな20代後半の中途採用は、できれば避けたいという企業があるのも事実です。

ただし、なかには女性の活躍や、柔軟な働き方を推進している企業もあります。「20代後半だから」と諦めずに、まずは興味のある業界の仕事を探してみましょう。

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

30代の転職はキャリアアップ目的!

30代はキャリアアップを目的とした転職が活発になる時期です。なかには20代で得た経験を武器に転職し、30代で管理職につく方もいます。そのため企業側の採用基準も、20代よりはシビアになるでしょう。

転職活動の際は、これまでの経験をどのように会社に活かすのか、アピールする必要があります。

キャリアアップが目指せる転職エージェントはこちら

40代に求められるのは即戦力!

社会人経験が長い40代は、20代・30代よりも転職の難易度が上がる傾向にあります。40代ともなると、採用側もそれなりのスキルや実績を求めます。いわゆる「即戦力」となる人材を求めているのです。

「転職先で活かせる自分の経験は何か?」ということを念頭に、転職の時期を見極めましょう。

特に家族を養っている男性は、ここで転職に失敗してしまうと、再びすぐに転職というわけにもいきません。念入りに準備をし、計画的に転職を進めましょう。

40代におすすめの転職エージェントはこちら

人生における転職時期はいつがベスト?

「転職にもっともよい時期は、いつ」とは、一概に断言できません。なぜなら、あなたの現状や、描く未来によってベストな時期は異なるからです。

大切なのは、長い目で見たときに、本当にそれが転職にベストなタイミングなのか慎重に考えることです。

今の仕事がつらい…。一日でも早く転職したい!

早く憧れの業界で働きたい!

といった今の気持ちだけで決めるのではなく、ある程度長い目でキャリアプランを描くことも必要です。

結婚や出産、引越し、将来的に住みたい場所など、今後起こり得るライフイベントや重視したいことを踏まえたうえで、慎重に検討しましょう。

家族がいる方は、転職する時期について配偶者に相談するのもよいでしょう。より踏み込んだ転職活動の進め方や、転職の時期の相談は、無料で利用できる転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

転職エージェントの比較表をチェックする

慎重派は転職エージェントに相談を

この時期までに転職したいけれど、仕事が見つかるかな?

私の場合、いつ転職するのがベスト?

転職すべき時期に悩んだ方は、まずは行動を起こしてみましょう。一人で悩んでいては、事態は何も変わりません。転職サイトで求人情報を眺めるだけでも、

面接だけでも受けてみようかな

この会社、行ってみたい!

といった、思いがけないきっかけが生まれるかもしれません。

転職について悩んだら、思い切って転職エージェントに相談するという方法もあります。転職エージェントは、転職にまつわるいろいろなサービスを提供しています。

多くの人々の転職を支援してきたキャリアアドバイザー(コンサルタント)が、あなたの状況を踏まえたうえで、サポートをしてくれますよ。

【転職エージェントのサポートの例】

  • あなたが転職すべき時期を提案してくれる
  • 円満退職の秘訣を教えてくれる
  • あなたが希望する業種・職種の求人を紹介してくれる
  • 履歴書や職務経歴書など、応募書類の書き方を教えてくれる
  • 希望の職場に合わせ、面接対策もしてくれる

転職の悩みは、身近な人には相談しづらいもの。だからこそ、転職サイトで情報収集したり、転職エージェントで相談したりしながら、あなたにふさわしい転職時期を見極めてくださいね。

登録するべき転職サイトはどこ?転職サイト比較一覧

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、各転職サイトの特徴やポイントをご紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。


リクナビNEXT

  • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
  • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
  • レジュメ登録するだけでスカウトが届く
  • 独自のグッドポイント診断で自己分析ができる
全ての転職者がターゲットの王道サイトで、転職成功者の8割が登録しています。
公式サイトはこちら

マイナビエージェント

  • 転職のサポート期間が無期限!!
  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
  • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
転職がはじめての人でも、丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。
公式サイトはこちら

DODA

  • 転職者満足度No.1
  • 日本最大級の求人数
  • 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富
  • 人事担当者、現場の責任者の強い関係性
21~29歳で大卒の人がメインターゲット。年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。
公式サイトはこちら

JACリクルートメント

  • 外資系企業や海外進出企業に強い
  • 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート
  • 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数
  • キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。
公式サイトはこちら

ハタラクティブ

  • 20代・第二新卒など若年層に特化
  • 離職中・職歴なしでもOK
  • 就活アドバイザーがマンツーマンで対応
  • 豊富なサービスはすべて無料!
  • 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け
未経験分野へのチャレンジやフリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。
公式サイトはこちら

関連記事

本当に会社を辞めるべき?絶対に後悔しない退社を決める決断の方法

「会社を辞めたいけど、辞める勇気がない…」「会社に伝えるタイミングや言い方、手続きってどうすればいいの?」会社を退職するためには、勇気とちょっ…

不安な復職も心配いらず!休職から復職への流れと3つのポイント

育休や病気療養明けの方、就業ブランクがある方が職場に復帰する場合、以前と状況が大きく変わっているため不安に思われる方が多くいます。 「どうしたら復帰できるの?」と…

再就職は怖くない!不安なときに読む再就職で失敗しない3つの秘訣

「再就職って難しい?」「再就職したいけどどうしたらいいの?」など退職をした後に失業期間を経て就職活動を行うにはどうすればよいのでしょうか?…

保育士の転職は大変!今更聞けない転職のコツや必要な資格とは

「保育士辞めたい!」「保育士になりたい!」など共働き世代の増加とともに、待機児童問題があふれ、ニーズが増加傾向にある保育士。保育士を取り巻く転…

転職の進め方|好条件求人の探し方3選とメリット・デメリット比較

「初めての転職で、何から手をつけたらいいのかわからない…」「正しい転職の進め方ってあるの?」 新卒時と異なり、中途の転職活動にはちょっと…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事