精神病院では有名。社長のパワハラでうつ病患者続出のブラック企業

私は30歳から1年1ヶ月、周辺の精神科医では有名なブラック企業に勤めていました。年俸は450万円。条件としては当時の私に良い年俸でした。 入社のきっかけは、私がブラック企業を渡り歩いていたことにあると思います。

一度「ブラック」と呼ばれる企業に入社し、酷い職場環境を経験していると、人材紹介会社によっては「ブラック企業への耐性がある」と勝手に判断して、似たようなブラック企業を紹介してくるし、自分で直接面接に行ったとしても「あの会社にいたら、うちなんて物足りないでしょう」と言われ、ブラック企業転職のスパイラルにはまります。

私はその会社には、自分で応募して入社しました。外食チェーンを多く持つ企業の物販部門で、新規店舗の立ち上げプランナーを募集しており、そのお店のコンセプトと、私の思い描いていた店舗のコンセプトが非常に似通っていて、面接は1時間程で、すぐに人事課に連れて行かれ、即日でその企業の社員になり、10年間の社歴で初の社長直轄部下となりました。

1時間の面接で即決するのも、ブラック企業という感じですが、実際に入社したらいい会社なのかもしれないと思いました。ですが、私は入って間もなく「本当にブラック企業だ」と、思い知ることになりました。

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
リクナビNEXT(全年齢対象)

詳細

マイナビエージェント

詳細

DODA

詳細

転職成功者が登録したサイトを年齢別にまとめた表を見る

パワハラで社長室勤務の半数はうつ病に

社内には社長の愛人がいっぱいいました。社員はそれを「地雷」と読んでいました。愛人の怒りを少しでも買うと、地方の店舗に飛ばされたり、社長から殴る蹴るの暴行を加えられたり、地雷はそこら中にありました。

子会社の社長も社長の愛人で、株主総会でも、毛玉だらけのセーターで登場し、「タケちゃ〜ん」と言いながら、いちゃいちゃしたり、パワハラも時間外労働も当たり前の女社長でした。

外部顧問も社長の愛人で、社長室に席を持っていましたが、社長室勤務のほとんどがうつにかかるほどパワハラがひどく、社長室の社員の半数以上が、うつを患って、精神病院に立ち寄りで午前中は出社していなかったです。ホワイトボードは「病院立ち寄り」で埋まっていました。

ブラック企業就職率の高い「未経験、20代の転職」でも、ホワイト企業に就職する方法

社長の暴力と暴言で退職者続出

社長の殴る蹴る、会議での吊るし上げはひどく、入社3時間で退職する人もいました。店舗指導に行って、その成果が出たか確認していないと、50代の社員でも朝礼の際に「このハゲ頭!今すぐ電話して確認しろ!」などど、ハゲ頭をぺちぺちと叩かれます

泣きながら電話をしているのを見るにつれ、かわいそうだなと同情はするのですが、「ペチペチ」という音がなんとなくユーモラスで、私はたまに笑ってしまいました。社長には「お前は他人を馬鹿にして笑うくせがある!」と怒られましたが・・・。

さすがの社長も女性には暴力は振いませんでしたが、自分が採用面接をしたことをすっかり忘れ、営業職の女性に「お前みたいな出っ歯に営業ができるか!出っ歯を直せ!誰が採用したんだ!」などと暴言を吐き、一回の会議で泣いて辞めてしまう社員が続出していました

流血騒ぎにまで発展する恐怖の抜き打ち検査

飲食がメインの会社にも関わらず、店舗のデザインにはこだわりがあり、その評価も業界では有名でしたが、味には全くこだわりがなく、調理マニュアルすら存在しませんでした。なので、お店により、味がばらばらで、チェーン店とは思えない店舗でした。

カリスマ社長だったため、喜ぶだろうと、社長がサービスでお客さんに自分が調理した料理をし出すと「こんなまずいものが食えるか!いつもの料理を出せ!」と客が怒りだし、逆効果だったことも度々ありました。

私が入社する前に、社長が調理場で暴れて、中華料理に使う大きなお玉や包丁で流血騒ぎを起こしたこともあり、社長の抜き打ち検査が始まると皆、ピリピリしました。

社長は抜き打ち検査が大好きで、会社の近郊の飲食チェーンをよく回っていたのですが、店長同士が「次はお前の店舗に行くぞ!」と携帯電話で知らせ合う連絡網があって、調理長は凶器になりそうな包丁、中華料理用のお玉など、隠すのが慣例でした。

パワハラ、社内トラブルを抜け出す第一歩目が『マイナビAGENTへの登録』な理由

社長の巡回を知らせる警報が飛び交う社内

それは本社でも同じでした。本社では、メッセンジャーで連絡しあう習慣があり、9階の社長室から、2階の人事部までフロアを回るのですが、メッセンジャーでの警報が飛び交っていました。

物販店舗には別の理由で、「社長が次に行くぞ!」連絡網がありました。社長は骨董好きだったのですが、社長は競りでテコられる(骨董業者の間で、カモを騙す手口として、業者同士で値段を吊り上げることを「テコる」と言います)ことが多かったので、粗悪な骨董家具等を高い金額で落札していました。

私は元々骨董業界にいたこともあり、採用になったのですが、馴染みの業者さんに「Yちゃんとこの社長、またテコられてるよ。そろそろ可哀想だから止めてあげな!」と忠告されたものです。ですが、社長は止まらず、競り落としていたので、原価割れしても売れない骨董を物販店は売る羽目になりました。

そこで、どこの物販店の店長も「社長用のプライス」と「お客さん向けプライス」を分けていました。「お客様用プライス」は原価割れしている商材も多く、社長が見たら、大暴れするので、皆一斉に「社長用プライス」に張り替えるのです。私も物販店のマネージャーをしていたので、よく張り替えていました。

社長の愛人と呼ばれ、周りからいじめられた

それでも、その会社を辞めなかったのは、社長にとても気に入られていて、特別扱いをされていたし、社長にはおちゃめでかわいいところがあったからです。カリスマ社長で、帝王学を教えてくれたので、今後の転職に役立つとも思いました。

社長は浪花節のような話が好きだったので、社長が店舗の店長を殴る蹴るしているのを身を挺して守ったら、すぐにマネージャーに昇格し、それが続いて、辞める際には物販部門のマネージャーにまで昇格していました。

また、プランニングに必要という理由で、勤務時間に企画展やいろいろなお店のディスプレイを見て歩くことが許されていました。そういったことにかかるお金は経費として認められていました。

パワハラが酷い社長だったけれども、社員が深夜まで作業をしていると、やってきて、アルマーニのスーツで汚い場所にも平気で座り、一緒になって作業をするような人で、24時間連絡がつかないということもなく尊敬できる部分があったからです。そういった姿勢と周囲からは「パワハラ」と言われていた暴言も、よく聞いていると本質を突いていて、勉強にもなりました。

私も社長の愛人かスパイと呼ばれていて、影でのいじめが酷かったです。私の上司は社長だったので、誰も口を出せず、専務が外部顧問と私で社長を操っていると言い、情報を流すように言ってきたり、私は専務からパワハラを受けていました。

パワハラ企業はもうこりごり…95%の確率でパワハラ企業から抜け出せる方法

社長からの特別扱いで、同僚から疎まれうつ病に

社長に近い階にいるほど、うつ病率が高く、社長室のホワイトボードは「病院立ち寄り」で埋まっていて、午前中は仕事になりませんでした。私は社長の愛人達とうまくやっていたので、社長にも顧問にも何の恨みもありませんでしたが。

でも私が疲れていると、現場の店長・料理長に「あいつを疲れさせやがって!お前らがだらしないからだ!!」という叱責電話をすぐにする上に、私と顧問が提案したことはなんでも受け入れ、私に少しでも嫌がらせをした社員は、強制的に本社から店舗に飛ばされる・・・ということが、在職中に続いていたので、専務のパワハラもあり、居づらくなった私は1年1ヶ月でうつになり、辞めることにしました。

在職中「将来は上に立つ人間になれ」と言われ、社長に帝王学を叩き込まれたので、私は企業に再就職をすることは辞めて、フリーライター・霊感占い師・翻訳で、個人事業主をしています。将来的には株式会社化をする予定でいます。社長とは今も電話で連絡を取るような関係ですが、仕事に煮詰まった際に、元気をくれる私にとっては優しくていい元上司です。

だから、私にとっては「愛しのブラック企業」であり、社長は「愛しのTちゃん」です。

転職者の8割が利用!転職決定数NO.1!リクナビNEXT

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

転職成功者の8割が登録。求人情報数は日本最大級!転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくべき。登録後「レジュメ登録」をすれば企業からのスカウトを受けとれるのでオススメ。

リクナビNEXTで求人を探す

20代・第二新卒転職の強い味方!マイナビエージェント

初めて・20代 履歴書対策
求人数 高収入求人

とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。

マイナビエージェントで求人を探す

年齢で登録するべき転職サイトは違う!年代別オススメ転職サイト一覧表

最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、年齢別のおすすめ転職サイトを紹介します。転職サイトは、それぞれ扱っている求人が異なります。あなたにふさわしいサイトを選び、後悔のない転職をしましょう。

転職サイト名 20代 30代 40代 50代~
リクナビNEXT
全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級なので、転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」をしておくと、意外な企業からスカウトを受ける可能性があるのでオススメです。転職エージェント(転職コンサルタント)がつかずに自分で求人情報を探すタイプなので、転職の意思が低くても気軽に登録できる。
マイナビエージェント
とにかく20代の転職サポートに力を入れている。20代を採用したいと考えている企業のデータベースを豊富に持っていたり、転職がはじめての人でも丁寧に業界情報や面接対策を教えてくれたりするので、満足度が高い。
DODA
21歳~29歳で大卒の人がメインターゲット。会員登録すると年収診断やキャリアタイプ診断など転職活動のベースを決めるのに役立つコンテンツが豊富で、特にキャリアチェンジを考えている20代から人気。求人の種類は大手・中小・ベンチャーと非常に幅広い。
JACリクルートメント
35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化し、いわゆる「ハイキャリア層(年収600万円以上)」特有のノウハウを有する。また、他の人材大手ではあまりない、一人のコンサルタントが企業と転職サポート双方を担当するため、企業と転職者のミスマッチが生じにくいのも特徴。
ワークポート
IT系の企業とのつながりが強いので、IT業界の求人をチェックしたいなら登録必須。また転職サポートをしてくれるスタッフの対応がとても丁寧なので「この転職を最後の転職にしたい」なら必ず登録をしておくこと。

関連記事

ブラックな飲食店から転職。調理師が月収16万、パワハラありのお店

調理師の専門学校に通っていて、悩んだ挙句小さなレストランに就職しようと決めました。自分の家から通える範囲で気に入った店がないかを探し、見学に行き、求人が出ていないかを確認するという作業の中で就職が…

証券会社を辞めたい…上司のパワハラ・罵詈雑言が当たり前の社風

大学に入学するために2年間浪人をしましたので、私はノンストップで進学する方に比べて2年ほどで遅れて社会に出ることになったのですが、大学三年生の時、22才から23才に掛けて、通常の大学生なら就職活動をする…

ワンマン社長が自己中でうざい。パワハラでうんざりするブラック会社

デザインの仕事に就きたい!と夢見て、某都市銀行を退職し、専門学校で学ぶ日々。いよいよ卒業となり、就職先が決まらない中、派遣会社で事務の仕事など転々としておりました。そんな中、派遣会社からデザイ…

バイトでもノルマ未達成だと自腹させるブラック企業の実態とは

そのブラック企業に就職したきっかけは、最初に勤めた会社を辞めて失業保険をもらった後、上京して一人暮らしを始めたばかりのことでした。最寄りの駅ビルの中で働いてみたいと思い、求人を探していたのがきっか…

上司に全否定し続けられる毎日は年収700万の代償だった… 

この企業の事を知ったのは合同転職説明会に言った時です。担当の方は丁寧に説明してくれ、とても好感を持ったのを覚えています。また給料も20万前半でしたが、営業職であれば歩合給が別途つくということが魅力的…

  1. リクナビnext

    転職者の8割が利用!転職決定数NO.1

    • 常時5,000件以上の圧倒的な求人数
    • 新着・更新求人が毎週1.000件以上
    • スカウト登録すれば待っているだけでスカウトが届く
    • スカウトサービスのみの非公開求人多数あり
    • 独自ノウハウのグッドポイント診断で自己分析ができる

    リクナビnextの登録・詳細はこちら

  2. マイナビエージェント

    20代・第二新卒転職の強い味方

    • 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり
    • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーがサポート
    • 人事担当者や現場責任者の本音を熟知しているのでミスマッチが少ない
    • 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行
    • 退職・入社手続きまで長期間のトータルサポート

    マイナビエージェントの登録・詳細はこちら

  3. DODA

    業界最大級の非公開求人!転職者満足度NO.1

    • 全国10,000件以上の求人数
    • DODA限定の非公開求人多数!求人の80~90%は非公開求人
    • 大手・外資系・ベンチャーまで求人のジャンル・業種・種類が豊富
    • 人事担当者、現場の責任者と強いリレーション
    • スキルの棚卸で市場価値を把握しキャリアプラン構築

    DODAの登録・詳細はこちら

最新記事