フリーランスは仕事量を調整できてしまうことが悩みの種

★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
GEEKLY(ギークリー)

詳細

ワークポート

詳細

レバテックキャリア

詳細

フリーランスになり責任が大きくなった

フリーランスになってみてから感じたことは、会社という組織に属さないことで責任の所在が明確になり、自身の責任が大きくなったという点です。そのことにより良い評価もダイレクトに受けられ、仕事を増やすことも容易になりますが、ひとつの失敗で多くの仕事を失ってしまう悪い評価へと繋がってしまうことも簡単に起こってしまいます。

会社員として働いている限りはひとつの失敗も会社がカバーしてくれますし、同僚や上司などと支え合って仕事をこなせるという点では大変心強かったです。しかしその分対人関係が非常に仕事に現れやすい環境なので、会社に属している限りイメージの悪さに理不尽な扱いを受けてしまったり、他の社員の失敗をなすりつけられてしまったりなどのトラブルも発生してしまうという二面性があります。

**********************

高額・長期のフリーランス案件紹介

ここに画像リンク入ります **********************

仕事の相談相手がいないことが悩みの種

良くも悪くも、会社員は対人関係を保ちながら、仕事を持ちつ持たれつ共同で行っていくものでした。フリーランスになってみれば、気軽にその場で質問や相談をできる環境にはありませんし、仕事内容に守秘義務があれば尚更無関係の人に助け舟を出してもらうことはできませんよね。

このことからも、フリーランスになってまず悩みの種になってしまったことは、仕事の相談相手がいないため思っていたよりも仕事が難航してしまうことがあるということでした。

こういった仕事が予想外に難航してしまったことで、クライアントと予定していたスケジュールがずれてしまい、そのずれてしまったスケジュールを取り戻すのも自身しかいないという点で、仲間がいなくて責任がのしかかっているように感じることもありました。

仕事をする上で仕事仲間は大変重要なことも多い反面、私はその対人関係を疎く感じることも半分あったためにフリーランスを選んだというのも、理由のひとつです。

**********************

高額・長期のフリーランス案件紹介

ここに画像リンク入ります **********************

人との関わりが億劫だった

私から仕事相手に相談することもあれば、私が締め切りに追われて忙しい中で相談をうけることもあります。お互い様なのですが、仕事以外にも付き合いというものもあります。仕事に関することなら私も許容範囲なのですが、仕事以外での付き合いが億劫に感じたり難しいと感じ、その影響が仕事にも関わってきますから大変厄介であると思います。人との関わりが私は億劫に感じてしまうのです。

フリーランスになって晴れて対人関係も減って、ストレスのない程度に人と関わりができることを責任の大きさと引き換えに得ることが出来ましたが、その責任のありかたも大変です。責任を軽くするために仕事を減らすこともできますが、増やすことも容易です。そしてその仕事をする時間も、クライアントが許す限り自身のペースと好きな時間帯に出来るという面は助かっています。

誰も仕事をしろと言ってこない

助かっている面は、仕事がスムーズに出来ているときは大変ありがたく感じますが、もちろん悩ましい点もあります。この仕事の融通が聞くという面では、融通がきくあまり仕事をしろという人の存在が少ないということです。私は家族には仕事のことを話しませんので、仕事の進捗など家族には検討もつきません。

仕事がうまくいって時間をゆっくり過ごしている時もありますし、仕事がうまく行かず気晴らしに時間を潰してしまっていることもあります。それを会社員なら報連相から判断し、喝をいれたり励ましたりましてや会社に勤めているという意識が働いて怠けるということもまず少ないでしょう。そういった存在がいないことはフリーランスをしていく上では大変なことに感じています。

**********************

高額・長期のフリーランス案件紹介

ここに画像リンク入ります **********************

仕事量を調整できるのが逆に悩み

一人で仕事をしていくことに、大変な責任感や使命感を持っている人であれば何ら問題はないことですが、私は実はフリーランス一本で仕事をしているわけではありません。フリーランスで仕事をしている傍ら、主婦という家事や育児という仕事ももっているのでバランスをとることが非常に難しく思っています。

家事や育児が忙しいからフリーランスの仕事を少しお休みしようということが簡単にできてしまいます。しかし、その楽をした分だけ家計に響いて、生計が難しくなってしまいますよね。

家族の将来のことも考えて、これだけ毎月稼ぎたいという目標はありながら、フリーランスである限りそれはなんの義務もありません。クライアントに迷惑をかけなければ自由に仕事量を調整できるという良い面が簡単に反転してしまうとうところは、フリーランスをしていく上で一番大きな悩みどころであると私は感じています。

自身のモチベーション管理が重要

フリーランスは簡単に始めることはできますが、仕事のスケジュール管理を自身で行いながら生計のために着実に仕事をこなしてく必要があります。また辞めることも簡単な仕事であるだけに、自身のモチベーションも管理している人でないとやっていけない仕事です。

このことを分かっていながら私は会社に勤めることはやめて、家事と育児と仕事を両立することを選びました。しかしこのフリーランスとしてやっていく上で重要な点が悩みどころであることは、今後もずっと変わることはないだろうと感じています。

レバテックフリーランスの登録は60秒で完了。

  1. 【高収入の仕事を長期でもらえるのはどっち?】フリーランス求人@Agentとクラウドソーシングのランサーズと比較してみた
  2. 【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専用の「@Agent参画支援サービス」
  3. 1案件の過去最高支払額は113万円/月!「@agent」の高単価フリーランス案件
****************** 【転職を検討されている方へ】実は、年齢ごとに登録するべき転職サイトは違う!?年齢別オススメ転職サイト一覧表 最後に「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない。。。」という方のために、【年齢別】のオススメ転職サイトをご紹介します。 ここに一覧表入ります ******************

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望levtechcareerする方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

DODAITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級。転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」すれば、意外な企業からスカウトを受けとれる。経験豊富な専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

Forkwell

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはなく、指定した企業の閲覧もブロック可能。

関連記事

フリーランスになると「自分ですべてのことをしなくてはならない」

職業:SE 会社員をやっている時はフリーランスという言葉に憧れていましたが、実際にやってみるとそうはいかないことがいっぱいあることが分かりました。

孤独を感じやすいフリーランスは、良い協力者に巡り合えることが一番

職業:WEBデザイナー 私は現在夫婦でフリーランスのWEBデザイナーとして仕事をしています。私達が独立したのはまだバブルの煽りが残る時代です。まだインターネットが一般に普及した直後で、HPを持つと…

フリーランスになりたいのなら、人脈を開拓する力と顧客開拓するた…

この記事の目次大学卒業後にマスコミ業界に採用されたが、業務量と期待感がプレッシャーになり退職フリーランスは資金繰りに追われる。退職前にクレジットカードを作っておいたのが正解フリーランスは仕事をとるのが ...

フリーランスになって「意外性」「独自性」が出たと評価される/30…

デザインプロダクションで7年、IT系の企業で3年勤めたあとフリーランスとなりました。サラリーマンとしてのキャリアの当初は、紙媒体を専門とするグラフィックデザイナーをしていました。インターネットの普及に…

フリーランスは忙しく、責任も増えるが、その分人間的に成長できる

職業:webデザイナー 36歳

  1. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

  2. ワークポート

    IT業界に強い+IT業界以外の求人も豊富

    • 最新の転職市場情報が手に入る
    • 登録後に閲覧可能な非公開求人多数あり
    • 無料乗降できるセミナー多数開催
    • オリジナルのシステム(eコンシェル)を登録者全員に提供

    ワークポートの登録・詳細はこちら

  3. レバテックキャリア

    4000社以上‼業界トップクラスの紹介求人数

    • 4000社以上‼業界トップクラスの紹介求人数
    • IT・Web系エンジニア・クリエイター専門のキャリアコンサルタントが担当
    • プロダクトマネージャーとも頻繁にMTG
    • 現場の雰囲気や特徴まで詳しい情報公開
    • 極秘プロジェクトや専門職求人が多数

    レバテックキャリアの登録・詳細はこちら

最新記事