フリーランスになって「意外性」「独自性」が出たと評価される/30代webデザイナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デザインプロダクションで7年、IT系の企業で3年勤めたあとフリーランスとなりました。サラリーマンとしてのキャリアの当初は、紙媒体を専門とするグラフィックデザイナーをしていました。インターネットの普及に伴い、社内にwebデザインの部署が設立され、後にwebデザイナーとなりました。会社員時代に身につけた技術のおかげでフリーランスのwebデザイナーとしてやれてきていますが、フリーランスになってからはデザインの方向性も少し変わり、遊びが出てきて評価されることも増えて来ています。
★厳選!おすすめ転職サイトランキング★
転職サイト名 HOP経由登録者数 求人を探す
GEEKLY(ギークリー)

詳細

ワークポート

詳細

レバテックキャリア

詳細

会社員時代はやはり時間拘束がネック。毎晩10時過ぎまで残業の嵐・・・

会社員のころは年齢が上がるにつれ、出社時間は自由になりました。しかし、退社に関しては、終始一貫して、午後10時過ぎが普通です。終電になることも多くありました。会社員をやっていてもっともキツいのはやはり通勤。東京では満員電車に巻き込まれるのも当たり前です。フリーの道を選んだのもここから開放されたかったという理由もひとつ大きいと思います。通勤の問題を解決するため、車を購入したこともあるぐらい。

独立してフリーランスのwebデザイナーに。仕事で外出することが激減

フリーランスになって気づいたことは、通勤のために時間だけでなくお金も随分とかかっていたということ。フリーランスを始めたばかりの頃は、打ち合わせなど、出かける機会も多かったのですが、業務が安定してくると、ほとんどがメールのやりとり、トラブルがあったときにも電話連絡。実際にクライアントと会うのは年に数回と、仕事での外出はほんとうに減りました。

会社員時代は交通費は会社持ちだったのであまり気にしたこともなかったのですが、独立してからはこの結構かかる交通費が最初は苦痛でした。交通費がかからないように工夫することも、自腹を切らない会社員は考えないことです。今ではかなり合理化できて交通費はほとんどかからなくなりました。

義務で外出することは、ほとんど無くなりました。スーツも革靴も持ってはいますが、この2年間、着ていません。会社勤めのクセか、あるいは人寂しさがあったのか、ノートPCを購入してカフェで仕事をしたり、わざわざホテルに部屋をとって自分の意思で外出の時間(人とふれあう時間)を多くして仕事をしていた時期はありました。フリーランスになるとついひきこもりがちになりますが、それ自体はあまりよくないと思います。

会社経営の勉強はしていないが、フリーランスになり自然と経営者的な思考に変わってきた

webデザインの仕事をしているので、やはり、大きなモニタと高性能なPCで仕事をしたほうが効率はよいです。効率を上げるために投資をする。フリーランスを続けるうちに、経営者的な思考に変わってきたと思います。だらだらと仕事をしたり、他人とふれあう時間をつくるための無駄な出費が減りました。

今は、たとえ夜中でも自分がやりたい気分のときだけ、部屋で集中して仕事をするようになりました。PCの環境も自分にあったものを揃えたので、大変効率よく仕事ができ、会社員のころとは比べ物にならないスピードで制作できます。だらだらと仕事をしたり、外で仕事をすることにメリットがないことに気づきました。こうした効率化もフリーランスになる前は残業代を稼ぎたいあまり考えたことがありませんでした。

表面的なつきあいが激減

知人、友人、仕事関係にかかわらず表面的なつきあいが格段に減りました。お金も時間も使いません。そして、他人のことをあれこれ悩むことがなくなりました。フリーランスとしての・webデザイナーとしての自分の将来のことを考える時間を継続的に持つことができるようになり、習慣的にもなりました。いまは英語の学習をしています。HTML5やCSS3などの技術も積極的に自分から学んでいますが、この勉強の時間も自己投資と考えられます。また、3Dに関する技術の習得もはじめています。自分の技術を向上させる時間をとれるようになりました。

収入は減ったが経済的には余裕

フリーランスになってからの収入は、会社員の頃より減りました。が、通勤にかかる費用(服飾、外食、寄り道による衝動買い)や、交際費というものがほとんどかからないため、いまのほうが経済的には余裕ができました。また、平日、自分の好きな時間に、好きなところに行けるという事は、大変快適です。

いまは、会いたい人に、会いたいときだけ「会う」ことができるようになりました。自分からすすんで交際を求めているので、充実感や満足度が高いです。一人で仕事をしているときの、さみしさというものを感じなくなりました。

業務は、エンターテイメント系なので、遊び半分、視察も兼ねて、観光地やショッピングモールなどにときどき出かけます。そこに訪れているお客さん(主に女性や子供)の行動や発言が大変参考になります。私は男性ですが、女性に人気のレストランでランチをとったりすることもあります。

クライアントの意見を硬く感じてしまう

会社員時代に比べれば、フリーランスになった今は理想的な生活が実現できているとおもうので、これといった悩みというのはありません。困ることといえば、クライアント側の意見を「硬く」感じてしまうことが増えたことでしょうか。平日の朝からでも遊園地にいったり、気が向いたときに映画を見に行ったり、また、仕事自体がエンターテイメント系ということもあって、「深刻さ」とは、どんどん縁遠くなっています。

クライアントの多くは、エンターテイメント系とはいえ売り上げや業績のような実務的なこと・社内の人間関係などを考えての発言や行動があります。男性ばかりで会議室で決めることも多く。実際のユーザーの要望とはかけ離れていて、「目をつり上げながら」決めてしまったような案件、というものが目に付くようになりました。私の生活環境の変化から、感じるようになったことです。

また、フリーランスを続けるうち、私のデザインそのものが「ゆるい」感じになってきました。服装も「ゆるく」なりました。平日の昼間からお酒を飲むこともできます。そのような生活スタイルの影響だとおもいます。たまにですが、「ゆるすぎる」という指摘を受けるようになりました。けれども、意外性や独自性に対する評価も増えました。

フリーランスになって個性が出てきたと実感

webデザイナーという職業柄、個性を大切にしているつもりでしたが、会社員のころは、やはり「群れ」のなかのひとりであって、発案に関しても、多くの制限を受けていたのだと、いまは実感ができます。現在、クライアント側が用意した会議などに出席したときは、いわゆる「空気の読めないひと」というポジションになりました。退職してしばらくしてから気づきました。

それでもおもしろがってくれる人はいて、そのような方と築く新しい人間関係というものは、大変良好です。仕事の依頼を受けることもありますが、自由に仕事をさせてもらうことができるので、クライアントというようりは、スポンサーのような感じです。

とはいえ信用はフリーランスは本当にひどいもの。家の賃貸契約や、ちょっとしたローンやリース契約などのとき、フリーランスであることで不利に感じることはあります。クレジットカードや車のローンなど、いくつかの審査では落とされたこともあります。まだまだ、企業社会なのだなとおもうときはあります。

@agentのフリーランス紹介では、案件紹介だけでなくカウンセリングも実施中

今の技術でずっとやっていけるのか?将来の蓄えは?仕事を安定的に取っていくにはどうしたら・・・?などなど、フリーランスの様々な悩みにカウンセリングで答えてくれるのも@agentの他にない強みです。

  1. 【高収入の仕事を長期でもらえるのはどっち?】フリーランス求人@Agentとクラウドソーシングのランサーズと比較してみた
  2. 【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専用の「@Agent参画支援サービス」
  3. 1案件の過去最高支払額は113万円/月!「@agent」の高単価フリーランス案件

年齢で選ぶ!年代別オススメ転職サイト一覧表

「どの転職サイトに登録すれば良いのかわからない」という方のために、年齢別におすすめ転職サイトをご紹介します。年齢によって適している転職サイトも違いますし、転職サイトはそれぞれ取り扱っている求人も違います。あなたに合った転職サイトを選ぶことが大切です。

GEEKLY(ギークリー)

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に特化した転職サイトで、特に多いのはWEB業界・ゲーム業界の求人。登録しないと見れない「非公開求人」が2,000件以上あるのでWEB・ゲーム業界の求人をチェックするなら登録必須。ITエンジニア経験が1年以上ある方にオススメ。

ワークポート

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

IT業界に強い転職サイトだが、IT以外の業界についても非常に詳しく求人もまんべんなく掲載されている。「エンジニアとしてのキャリアを検討しつつ、別の業界の話も聞いてみたい」なら登録をしておくこと。

レバテックキャリア

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

1都3県のみ対応だが、元ITエンジニア出身の転職コンサルタントが転職支援をしてくれるので「エンジニア独特の悩み」をわかってくれる。エンジニア未経験の方から、キャリアアップを希望levtechcareerする方まで幅広くサポートしてくれる。大手・中小・ベンチャーなど幅広く求人を扱っており、エンジニアの求人を見たいなら必ず登録を。

DODAITエンジニア転職

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

全年齢がターゲットになっている転職王道サイト。転職成功者の8割が登録しており、求人情報数も日本最大級。転職を考え始めたらまず始めに登録をしておくこと。登録後「レジュメ登録」すれば、意外な企業からスカウトを受けとれる。経験豊富な専門キャリアアドバイザーがカウンセリングから転職まで担当。推薦状を作成し、応募先企業へ送ってくれる点も魅力。

Forkwell

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代~

大手の転職サイトのように一括送信されるスカウトメールではなく、本当に興味を持ってくれた企業からのスカウトメールを配信している点が大きな特徴。プロフィールは匿名で登録可能なので転職活動していることがほかの人に知られることはなく、指定した企業の閲覧もブロック可能。

関連記事

フリーランスになって収入増。それでも会社員時代より常に不安/37…

この記事の目次フリーランスのプログラマとして活動会社や上司が守ってくれないため、責任感が必要技術者でも営業の能力が必要フリーランスは苦手な分野でも積極的に学ぶ必要がある収入は会社員時代よりずっと増えた ...

やりたい仕事があるなら諦めず、働き方を模索すべき。フリーランス…

職業:インテリアコーディネーター・照明プランナー 44歳 転職なども経験しながら、10年間会社員をやっていました。今は在宅で、インテリアコーディネーター・照明プランナーの仕事をしています。

フリーランスになり年収は一桁ダウン。生活苦で会社員に再就職希望…

この記事の目次大学卒業後、フリーランスのWEBライターになり1年会社員時代は上司との軋轢に耐えながら仕事。趣味の執筆活動で食べていけないかと考える会社での仕事がうまくいかず、フリーランスへフリーランス ...

フリーランスになって以来、会社員時代の収入を超えられたことがな…

職業:撮影カメラマン 36歳

【フリーランスの業務案件が豊富!】ITエンジニア、Webデザイナー専…

この記事の目次レバテックフリーランス(旧@Agent)はフリーランスに業務案件を紹介する「個人事業主向けの」サービスサイトレバレジーズの@Agentの無料サポートサービスの流れレバレジーズの@Agen ...

  1. Geekly(ギークリー)

    IT/WEB/ゲーム業界特化型で対応満足度NO.1

    • 業界特化型で対応満足度NO.1
    • IT・WEB・ゲーム業界転職を熟知
    • 業界トップレベルのコンサルタントがサポート
    • 求人票には載っていない詳しい企業情報を提供
    • Geekly独占の非公開求人も多数

    Geekly(ギークリー)の登録・詳細はこちら

  2. ワークポート

    IT業界に強い+IT業界以外の求人も豊富

    • 最新の転職市場情報が手に入る
    • 登録後に閲覧可能な非公開求人多数あり
    • 無料乗降できるセミナー多数開催
    • オリジナルのシステム(eコンシェル)を登録者全員に提供

    ワークポートの登録・詳細はこちら

  3. レバテックキャリア

    4000社以上‼業界トップクラスの紹介求人数

    • 4000社以上‼業界トップクラスの紹介求人数
    • IT・Web系エンジニア・クリエイター専門のキャリアコンサルタントが担当
    • プロダクトマネージャーとも頻繁にMTG
    • 現場の雰囲気や特徴まで詳しい情報公開
    • 極秘プロジェクトや専門職求人が多数

    レバテックキャリアの登録・詳細はこちら

最新記事